凛・華・麗・美・優 ホーム »
最近の記事

東京・春・音楽祭 [Voice n' Violin ~アンドレス・シャーガー&リディア・バイチ]  




歌を聴いてるだけで嬉しくなる。オペレッタが基にあるからこういう芸風なのね、もう楽しい(≧∀≦)
シャーガーさん、もうデレデレやん(//∇//)。鼓膜がビリビリするほど...堪能しました(≧∀≦)
1曲めのタミーノからジークフリートみたいなフルスロットルだったもの。今夜帰国なんですってね。ありがとうこざいました。

バイチさんのサクラ色のドレス、ステキだったな…꒰ღ˘◡˘ற꒱♡。一足早くサクラ咲く🌸

■東京・春・音楽祭 [Voice n' Violin ~アンドレス・シャーガー&リディア・バイチ]
東京文化会館 小ホール
2017.3.19 19:00
テノール:アンドレアス・シャーガー
ヴァイオリン:リディア・バイチ
指揮:マティアス・フレッツベルガー
管弦楽:トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア
◆モーツァルト:
歌劇 《フィガロの結婚》 序曲
なんと美しい絵姿(歌劇 《魔笛》 K.620 より)
ロンド ハ長調 K.373
◆ワーグナー(モットル/フレッツベルガー編):《ヴェーゼンドンク歌曲集》
◆サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ op.28
◆レズニチェク:歌劇 《ドンナ・ディアナ》 序曲
◆J.シュトラウス2世:小さいときに孤児になり (喜歌劇 《ジプシー男爵》 より)
◆リスト(フレッツベルガー編):
《愛の夢》 S541 より 第3番 変イ長調
《ハンガリー狂詩曲》 S244 より 第2番 嬰ハ短調
◆レハール:友よ、人生は生きる価値がある (喜歌劇 《ジュディッタ》 より)
◆クライスラー(フレッツベルガー編):
ウィーン奇想曲
愛の悲しみ
◆バイチ/フレッツベルガー編:J.シュトラウス2世のテーマによる幻想曲
*アンコール
◆ワーグナー: 楽劇「ワルキューレ」より「冬の嵐は過ぎ去り」
◆モンティ: チャールダッシュ
◆レハール: 喜劇「メリー・ウィドウ」より「閉ざされた唇に」
L列 右

category: オペラ

tb: --   cm: --

記念の週末香港遠足〜   

今年も冬の香港にいってきました。
最大6人の旅でしたが、誰一人として往復の飛行機が同じでない、、という大人の旅。
これができる素晴らしき仲間たち。
香港は近いし、普通にたっぷり遊べるので、弾丸というより週末遠足のよう。

金曜日仕事を終えて深夜便にて。
深夜便は眠れるのがいいのだけれど、香港はそうするには近すぎて、、実質2時間ほどの睡眠。
深夜4時頃朝ごはんですよ~と強制的に起こすのは勘弁してほしいわ~(^_^;)

旧正月を来週に控え、空港をはじめ各地は正月モード。とり年ですね~

空港で、プリペイドSIMを購入して入れ替えたり、楊枝甘露ジュースを飲んだりしつつ始発まで時間つぶし。S1バス→東湧駅→地下鉄→上環駅のコースで移動。先発隊のお部屋に凸撃。・・・しようと思ったら、なんと駅までお迎えに来てくれました♡。熱烈歓迎w

最上階のデラックスルームは大きな硝子張りの部屋。決して広くはないけれどキッチンつきで十分な設備とおしゃれなデザイン。次回はここに泊まろうかしら。。

屋上にあがったら、涼しくて快適(^^)。やや曇り空ながらリゾート気分を♪

ここでさらに先発隊がお粥を買ってきてくれて朝ごはん。ありがたや~
その後今日の行動を打ち合わせ、6年ぶりにマカオに行く事を決定。フェリー乗り場近いし、お天気いいし。

9:35のフェリーで行き、16:00のフェリーで戻りました。
入国も出国も混んでいなくて、このくらいなら快適ね。湿度が低いので散歩日和だったけどとにかく日差しが強くて参った・・・


ノドからからで飲んだ、タロイモ入りジュース。タロイモだ~(笑)。

マカオ行こうかなーと急に思ったのは出発日会社帰りに見たこのポークチョップバーガーか美味しそうだっから(単純)
骨つき肉をシンプルに揚げて挟んであるだけ。シンプルだからこそ、うまー( ◠‿◠ )

日焼けと部屋からの夜景を確認したあと記念日ディナーへ。

そうそう、お椀にビールなのよね、、乾杯!
この日仕事を終えて到着した友人が途中から合流して全員集合!

パリパリ美味しい~

その後お気に入りの佳佳甜品にてスイーツ。ミシュランの星とったそうですよ。去年より場所が移動して2階まであった!



翌日はさらによい天気。風もほぼなく気持ちが良い。そうだ、冬の香港ってこうだよね~。

そして全員集合の飲茶朝食はここ。
飲茶こそ大勢で食べると色々なものを試せていい。ワゴン式(10時以降)のアトラクションを楽しみつつあれこれあれこれ。
ここでコアタイム終了。それぞれのスケジュールで帰国の途へ。

何をするということでもなくスターフェリーに乗ったり

プールサイドに行ったり。。とだらりと過ごしたあといよいよ本来の目的、ジークフリートの旅へ。

香港フィルが4年かけて完成させようとする気合いを感じる。来年が最終章。

空港でこの旅食べていなかったエビワンタン麺。軽くオペラ打ち上げもしつつ、札幌、大阪、東京と最終組もバラバラに帰国の途へ。

香港発0:40、羽田朝5時着。
久しぶりに窓側にすわり、窓の外を眺めたら。
定刻に着陸。
始発まで時間があるので、しばしまったり。
そして旅は終了。
みなさんありがとう~。そしてお疲れさまでした。

香港でカモネギ捕まえた。

category: Hong Kong

tb: --   cm: --

香港プリペイドsim 覚書-2017.1時点  


simフリーiPhone6s(iOS10.2)を香港でも使ってみました。
今回の条件はこんな感じで。

1.滞在は2日間。42時間以内
2.早朝5時空港着。空港で買えるのか?
 ☆日本で購入する→間に合わず
 ☆空港のセブンイレブン、1010で購入する
   →早朝着の選択肢はセブンのみ
 ☆自動販売機で買う
   →空港にあったようだけど未確認
 ☆その他
   →事前調査で、今回の滞在にぴったりなのは、「3:の2日間、38ドル。
     香港駅の通路に自販機があるらしい、運が良ければ空港でセブンで買えるかも??

★結果
☆空港到着ロビーのセブンイレブンでチャイナモバイルに4日間、HKD80を購入。
☆5時に開いているのは、セブンとトラベレックス(両替所)のみ。どちらも同じsimを売っていた。セブンの店頭には3種類の(3つの会社)があったけど、それが買えるかは不明。
朝だから?いつも?これしかないわよー!とポンと渡された😓

通話はせずデータのみのsimは他にもあると思うけど、早朝着ですぐに使いたい場合は選択肢がありません。
次回用に深水ぽで購入しておく、という手もあるかなw


★購入後の作業はパリで学んだ通り以下の通り。
1.sim入れ替え
2.マイネオプロファイル削除
3.開通

・・・1分で開通です (^o^)。

香港はまだまだ3Gが主流と読んでいたけれど、感覚としては、ほぼ4G、時々LTEと表示されて快適に使えました。
ちなみに、今回マカオにいったけど、マカオはこれでは使えず、別にマカオのみで使えるものか、香港とマカオと両方使えるものでないとダメです。マカオ専用のものは、フェリーを降りて入国したあとの建物内に自販機があり、そこに1日、2日.5日と細かな日数に分けて売っていました。
1日分はMPC20。香港はドルと等価なのでHKD20ってとこです。

フェリーに乗ってると海上で突然切れたり(行くとき)、開通したり(帰り)しましたw。そこがボーダーだったんだろうなー。
街中飛んでるwifiはニューヨーク同様使えたり使えなかったり..。友人と待ち合わせたり連絡をとる必要があるなら、何らかしらの方法でリアルタイムでつながっておきたいところです。
モバイルwifiとの比較でどっちが安いかなー?

**帰国の機内でsim入れ替え。
空港到着後、マイネオアプリから自分の契約しているプランのプロファイルをインストールする。
で、日本仕様に戻ります

category: Hong Kong

tb: --   cm: --

今年もよろしくお願いします  

2017年が明けてもう11日たちました。
大変遅ればせながら今年もよろしくお願いします。

年々時のたつのが早く感じるけれど、昨年ほど季節感も気持ちの変化もなく、あっというまに過ぎた年はなかったと改めて思います。この歳になって、こういう精神状態で仕事をこなすことになるとは想定外で、苦しい一年でした。
ギリギリのところで持ちこたえた感じです。
同僚や後輩、友人や家族のおかげだな〜とつくづく思います。感謝感謝。

と書きながら、ブログを振り返るとアップしていないものもたくさんあるけれど観劇備忘録または弾丸報告状態で(^_^;)、これで忙しかったとか苦しかったとか、、けっ、冗談でしょ?な雰囲気(^_^;)。
ええ、私のストレスコーピングですから。

ってことで、この年末年始も里帰りのごとくニューヨークに行ってきました。
いつも以上に、気の向くままに好きなこと、やりたいことしかしない がテーマです(^_^;)


仕事おさめた途端寝込み出発できるか?不安だったけれど当日起きたら天気同様スッキリ\(^o^)/。
バスの中から裾野まで富士山が見えるとは、、、これだけで元気になりました

今回は珍しく?というか初めて?日本から日本まで同一旅程の友人が\(^o^)/。ご相伴にあずかりました、ありがたや~

JFK空港からホテルへの移動中。地下鉄に乗ったら「りんご様」の席が^^

雨の一日。何も雨の日に公園散歩しなくてもいいんだけど、、行ったら結婚式前のカップルが。雨降って地固まる、ですね。

1週間の滞在期間があった今回。部屋に花があるといいよね~、とホテル前のスーパーで購入。あ、もう一人の友人を迎えるためでもありました(^_^;)

割と前からあるらしいベーカリー。ホテルの近くにできたので行ってみました。手作りで非常に美味しい♪ バゲットを日本にも持って帰りました。リピ決定

2016年オープンの新しいレストランのうち、NYTimesで一番と評判です。本当はディナー、出来ればランチを食べたかったけれど今回はバタバタと準備が間に合わず予約できなかった(+_+)。せめて朝食だけでも、、と行ってきました。全員で違うものを選びシェア。人数いると楽しいな~

リニューアルした市立図書館。久しぶりに行ってみました。鳥のツリー

今年も大みそかはMETオペラ。またここに来られた幸せ❤

1日の朝。美しい青空\(^o^)/

新年早々ステーキハウスへ。人数いると嬉しいな~

今回唯一のミュージカル。昨年のハミルトン同様チケットが完全ソールドアウト状態で入手できずあきらめていたけれど、前日明け方チェックしてくれた友人が戻り席を2席発見。ありがと~\(^o^)/
でも、たけーよ(-.-)

ツアーメイトを早朝見送る、の図。またご一緒できますように

タイムズスクエアには、各国の言葉で新年のご挨拶が。日本語でもありました。

今年もよろしくお願いします。

category: New York

tb: --   cm: --

ザルツブルクイースター音楽祭in Japan [ ラインの黄金]  


これだ!
わたしが観たかった、聴きたかったオペラは。

歌手がドラマをつくりオケもドラマを作る。その中に浸れる幸せよ。
何度も鳥肌が立って、泣きそうになって、最期が近づくにつれて終わって欲しくなくて、もっと音楽とそのドラマの中にいたくて、悲しくなって涙でてきた。

えっ、なんで涙でてくるの?ラインの黄金で、、と自分で驚いた。でも本当に終わってほしくなかった。
歌手とか、演出とか、指揮者とか、作品とか、とかとか、、、、観ている間はまったく意識をしなくて、というより寧ろ忘れていた。
金管がー、弦がーというパートや楽器も意識させない、すべてが同じリング(!)の中にいて、まるで1人が一つの楽器を奏でているようなまろやかさ。もう本当に本当に心地よかった。
冒頭からエルベ川の雄大な流れとそれを照らすやわらかな夕陽、その横にどっしりと構える荘厳なゼンパーオーパーが見えた。
聴きながら勝手に想像しドラマを完成させる余白があった。
予算の関係上やむを得ないとはいえ、好まない音響の席ではあったけど、それでもこれほど心地よく心から感動した。

ホールオペラ恐るべし。
ティーレマン恐るべし。
14人の歌手の皆さん恐るべし。それぞれの役にぴったりだった。素敵だった。
SKD恐るべし。
こんなオペラ体験させてくれた全ての方に心から感謝です。


ドレスデンは、これまで行った町の中で、私が今でも一番好きな場所。
そして初めて海外で見たのはこのゼンパーオーパー。
オペラは当たるとその感動の大きさ、深さが他のジャンルとはちょっと違う。



.....これ、沼るわ、、オペラ沼。


■ザルツブルクイースター音楽祭インジャパン
ホールオペラ 《ワーグナー 楽劇 ラインの黄金》
サントリーホール ホールオペラ
2018.11.20  16:00-18:50
デニー・クリエフ ダイレクション
ヴォークリンデ、クリスティアーネ・コール(S)
ヴェルグンデ、サブリナ・ケーゲル(S)
フロスヒルデ、シモーネ・シュレーダー(Ca)
アルベリヒ、アルベルト・ドーメン(BsBr)
ヴォータン、ミヒャエル・フォッレ(Br)
フリッカ、藤村実穂子(Ms)
フライア、レギーネ・ハングラー(S)
ファーゾルト、ステファン・ミリング(BsBr)
ファフナー、アイン・アンガー(Bs)
フロー、タンセル・アクゼイベク(T)
ドンナー、アレハンドロ・マルコ=ブールメスター(Br)
ローゲ、クルト・シュトライト(T)
ミーメ、ゲアハルト・ジーゲル(T)
エルダ、クリスタ・マイヤー(Ms)
クリスティアン・ティーレマン 指揮 シュターツカペレ・ドレスデン
C席 2F_LA2列

category: オペラ

tb: --   cm: --

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop