凛・華・麗・美・優 ホーム »NY
このページの記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Broadway [Hamilton]  


いや~凄かった。。
格好良くて、物語があって、ミュージカルの面白さてんこ盛り。
笑って泣いて熱く盛り上がって、2015年今のミュージカルはこれなんだな~。
オフで話題になり、オンにあがりますます話題に。
定価で買える奇跡とリセールのあり得ない値段設定とラッシュ(10ドル)の超人気。
ロックフェラー財団が高校生のために10ドルチケットを設定したり、ニューヨーク市が公式にサポートしたりと、建国の父と言われる偉人のミュージカル。
10ドル札の人、夜景や日の出の美しいハミルトンパークにまつわる人、、そんな認識でWIKIを読んでいった程度の知識で見るにはあまりにあまりで、ただでさえ英語の壁があるのに、韻踏みまくりの洒落た言葉がラップになり、もう何が何だか(^_^;)。
展開が早くて同じ人が何役もやったりで、Who are you ?? 今度は誰??と混乱したり、、だったけれど、それでも大まかな人物像を知っていたおかげで、と音楽と言葉の中でぼやっと状況を把握。
でもでも音楽も言葉も、難しいーとかわからないーというより、グサグサ突き刺さり、気付いたらハミルトンの人生を一緒に生きたような気になるから不思議。
劇中2回も涙が頬をつたい、涙を拭いながら笑い、、もう若き天才Lin-Manuel Mirandaにひれ伏す思い。
脚本、作詞、作曲、主演(ハミルトン役)、、、、。もう天才としかいいようがないわ。
1980年生まれ。
2008年のインザハイツも同じようにラップで作られた作品で、その時も斬新!と言われて作曲賞を取るなどすでに大注目の人だったけれど、その時はいまいち食指が動かなかったんだよな~。感性の鈍い私。
もう一人、登場しただけで、姿がぼんやり見えるだけで笑いを取る、キングジョージのジョナサングロフの存在感。間合いの上手いことよ(笑)
大真面目に進行するハミルトンとこの軽い笑いの対比がお見事。耳に残るタラタラッタ~♪

世界中の王子たちに気を取られていた夏に、ふとサイトを見たら残っていた2列目端の席。
定価で買っておいてよかった、、、。オペラより高いかも、、199ドル(+o+)

翌日、ハミルトンの眠るトリニティ教会に行きお墓参り。

久々にキター\(^o^)/のミュージカルでした。

■Hamilton
2015.12.30 20:00
Richard Rodgers Theater

Alexander Hamilton / Lin-Manuel Miranda
Eliza Hamilton / Phillipa Soo
Aaron Burr / Leslie Odom Jr.
Angelica Schuyler / Renee Elise Goldberry
George Washington / Chrstopher Jackson
King George / Jonathan Groff

ORCH A 右
スポンサーサイト

category: 舞台

tag: NY  ミュージカル 
tb: 0   cm: 0

2014 ABT Fall season - 2014/10/22-11/2 ほか秋のまとめ  



新しいカテゴリー作成、むふふ♡。
何しろ新しいことなので、動向がわからなすぎる、情報がなさすぎる、、オフィシャルサイトが役立たず、、で情報収集苦戦中。なので今後の傾向と対策のために??覚書w。

☆2014 ABT Fall season
David H. Koch Theater
20 Lincoln Center  New York
http://www.davidhkochtheater.com/

October 22, 2014 6:30pm OPENING NIGHT GALA: Pièce d’Occasion, ★Liam Scarlett World Premiere, Thirteen Diversions
October 23, 2014 7:30pm Raymonda Divertissements, Jardin aux Lilas, ★Fancy Free
October 24, 2014 7:30pm Sinfonietta, Liam Scarlett World Premiere, ★Thirteen Diversions
October 25, 2014 2:00pm Raymonda Divertissements, Seven Sonatas, Fancy Free
October 25, 2014 8:00pm Sinfonietta, Jardin aux Lilas, ★Fancy Free
October 26, 2014 1:00pm ★Liam Scarlett World Premiere, Jardin aux Lilas, Thirteen Diversions

October 28, 2014 7:30pm Raymonda Divertissements, Liam Scarlett World Premiere, Sinfonietta
October 29, 2014 7:30pm Raymonda Divertissements, ★Bach Partita, Gaîté Parisienne
October 30, 2014 7:30pm ★Bach Partita, Seven Sonatas, Sinfonietta
November 1, 2014 2:00pm Sinfonietta, ★Liam Scarlett World Premiere, Thirteen Diversions
November 1, 2014 8:00pm Raymonda Divertissements, Seven Sonatas, ★Thirteen Diversions
November 2, 2014 1:00pm Sinfonietta, ★Bach Partita, Gaîté Parisienne
November 2, 2014 6:00pm Seven Sonatas, ★Liam Scarlett World Premiere, Gaîté Parisienne

 2014/10/25追記
深夜にあいぽんがぶるっと震えたので、何気にみたら、Just announced! と。
なに〜〜?もう〜




カナダ、トロントナショナルバレエのマノンにゲスト出演決定のニュース。
ニューヨークから近いけど、こんなに急に決まるものなのか、、。難しいなあ、、、スケジュール😢













category: ballet/marcelo gomes

tag: NY  ,  ballet,  ABT,   
tb: 0   cm: 0

Metropolitan Opera「Parsifal」  



熱狂的に追いかけたくなるほど好き!な歌手がいるわけでも、この作品が好きで好きでたまらない、とても思い入れがある、わけでもないのに、たった1泊でも見に行きたいと思わせたワグナー「パルシファル」。

2月16日土曜朝7時から初日の生放送をラジオで聴いて、初めて全幕聴くし、内容は読んでもよくわからんし長いワグナーだったけど、まさにいまプライム、絶頂期にいる男声3名の歌声にしびれまくって興奮してそのまま弾丸計画を立て始めてしまいました
公演予定をみて、あ、土曜日のマチネがあるじゃな~い!、しかもHDの日、これならキャストのキャンセルもよほどのことがない限りないはず(HDはアメリカをはじめとする世界各国の映画館で生中継をする公演、日本は字幕の関係で3週間ほどあとです)。土曜なら休みも1日くらいでいけるのでは?と検索をはじめ、あれこれあれこれ悩んだり、やっぱりダメか、無理かと一旦は完全に諦めたり、もろもろしつつ最終的に決済したのは、まずチケット22日、そしてエア、ホテル、最後にもう一回チケットで、28日の朝すべての準備が終わりました。

もともと買っていたチケットは1階のかなり後方で、その時あった残り少ないチケットの中では一番ましだったのですが、せっかく、わざわざこのために行くのに、こんな席でみるなんてとんでもない!と負けず嫌いな性格に火がついて連日チェックし続けた結果、最終的にはほぼ希望の席が見つかりました♪。もちろん運もよかったんですけどね。この間もっといい席もあったんですけど決断できなくてグダグダ、、。そんな自分にがっかりしたり、、でも諦めなきゃチケットは手に入る!

で、もともと持っていたチケットは寄付しようかと思っていたんですが、開場前にチケット求む!の紙をもった人が何人もいたため一番高値を言ってくれた人にお譲りしました(それでも定価以下です!みんなわがままで、席番みていらないわ~なんて言う人もいましたよ 笑)。
でもただ寄付するよりは私の懐にも戻る分助かりました。このチケット代で今回の旅の現地費用がすべてまかなえたし(笑)。


いや~、いろんな意味で見に行って良かった!
12時から始まって終焉したのが18時近く。約6時間の長丁場、ロングフライトのあとでしたが、ちゃんと最後まで寝ずにみたし(自慢w)、素晴らしい歌唱や初めて聞く歌唱、私の理解を超えたワグナーの世界にどっぷり浸れてものすごい充実感です。
作品についてあれこれ語るだけの知識はなく、あくまでリブレットを数回読んだ程度の理解なので、読み変えの演出に迷子になることも多々あったんですが、これは面白い!

歌手陣の歌の素晴らしさは改めて言うまでもなく、それぞれの役への入り込み方がもう素晴らしい、凄いとしか言えない。その中でも一番良かったのはマッティでした。
美しく響く低音だけど、何とも言えない色気があるんです。痛みや悲しみや苦しみの歌声が効いていて一緒に苦しくなるほど、そんな中時々聴こえてくる大人の色っぽさのある声にドキっとします。とろける~というのとは少し違うのだけど、女性はきっとこういう、いつもいつもセクシーさを強調されるとひいても、あまりそうではない人がみせる何気ない色気にどきっつするような、そんな感覚です。足をひきずり身体を支えるのがやっと(マッティは背が高いので舞台映えします)という状態を全身全霊で演じ一音一音脳に響く見事な歌唱、息遣いやため息や、、、ああ、本当に素晴らしかったです。


そしてガッティンの指揮。ワグナーは、パルシファルはかくあるべき、ということがまったくわからない私なので、単に私の好みだったということなんですが、ものすごくスローだったり揺らしたりしながらも彼のなかにある「こう演奏する、こういう作品である」が見えるようで、想いが伝わってきて酔いしれました。
ただでさえ長いのに、弱音をゆっくりされるとそのままどこか違う世界に連れて行かれそうになるのですが、指揮をしながら気持ちが入って唸ったり歌ったり 笑、おかげでそこではっと我に返る、そんな感じもありました。
ダライマンの温かく柔らかい、母性を感じる歌もとても素晴らしかった、性的にどうの、、というと創造力を駆使する必要がありましたが。。。、。苦笑

初日のラジオのほうがずっとよかったな~という印象ではありますが、パーぺの深く落ち着いた様子も素晴らしかったです。オケに負けることがありちょっと、ええ?、とは思ったものの、深くてしぶくて静の中に熱みたいな。

そしてそして、タイトルロール パルシファルのカウフマン。やっと聴けました。イケメンテノールとして世界中の人気者、正直私のタイプでは全くないし(それどころか写真によっては気持ち悪いとさえ思ってします、、スミマセン!)、一番重要な声も明るい抜けるようなテノール声ではなく詰まったようなくぐもったような暗いバリトンボイスなので歌声にも全然魅力も感じません。
でも、顔の好みはともかく、世界中のオペラハウスでこれだけひっぱりだこで大人気なのは、何か理由があるはずです。実際に聴いてみないことにはなんとも、、と思っていたところ、このパルシファルはこれまでのカウフマンの中でも一番いい!という評判もあり楽しみにしていました。
3秒でとろけた人もいますし・・(笑)。

実際に聴いてみるとラジオやテレビで聴いていた印象よりずっと柔らかくて優しげな響きで、思ってた以上に声のサイズが小さいんですが、会場を包み込むような独特の響きがありました。人がよさそうできっと真面目なんだろうと思うけど、そんな性格もみえるようで、このパルシファルは1幕ではほげ~、おらしらね~、わかんね~と知的レベルが低いんですが、ずっと頭良さそうに見えてました。が、動きがとても美しく、手を伸ばす、開く、顔をむけるそんな仕草の1つ1つが美しく色気があるんですね。計算してモデルのようにみせようというような美しさではなく、役を表現する中で醸し出す美しさ。ああ、こういうところが人気あるのね、と何かその理由がわかった気がしました。2度ほど上半身裸になる場面がありましたが、これは世界中のヨナスファンへのサービスでしょう(笑)。とはいっても私はその様子にとろけもせず、ファンにもなりませんでしたが(^^ゞ。

演出はまったく色のない荒廃した場所で、バックに映像を映すことで様々な表現をしていたようですが、私の席からは映像が少し見切れたため、このあたりはよくわからず。シンプルで派手な動きは少ないので、じっくり歌を堪能するには向いているのかな?でも「花の乙女たち」と言われる魔法の園で、日本人女性風の、まるで貞子のような集団が長髪を血の海にたらしたまま髪をふりみだしてパルシファルを誘う様子などは見ていて気持ち悪い。ああ、なるほどね、と深く読み取れるベテランさんにはいいかもしれないですが、初鑑賞の私には敷居が高いです、こういう読み替えは。

ま、いずれにしても聖杯がどうの、神がどうの、という話は深すぎてこのあたりをきちんと理解しないと本当に作品を楽しむことは出来ないなぁ。
今回は、初パルシファルだから、その世界観の入り口からチラ見した、みたいな感じだけど、その先がとてつもなく面白そう、だったことが最大の収穫かもしれません








■2013.3.2 Metropolitan Opera Parsifal
12:00~17:45

Conductor: Daniele Gatti 
Production: Francois Girard
Kundry: Katarina Dalayman 
Parsifal: Jonas Kaufmann
Amfortas: Peter Mattei 
Klingsor: Evgeny Nikitin 
Gurnemanz: René Pape 
Titurel: Rúni Brattaberg 
A voice: Maria Zifchak 

Grand Tier Side box front

category: オペラ

tag: MET  ニューヨーク  NY 
tb: 0   cm: 0

日帰り遠足~Amtrackで行くフィラデルフィア  

CIMG5301_.jpg
CIMG5300_.jpg
8泊もできるのだから、1泊くらい、いや日帰りでも少し遠足したいな、、と計画したのがフィラデルフィア。別記事でも書いた通り、もう何年も行くことを計画しては断念していた町です。
今回は、ちょうど遠足を考えつつエンタメチェックをしてみたら!見たい、観たい(^O^)という大盛り上がり(自分だけ)したので、相当念入りに計画を立てた見ました。
当初は、1)到着日に空港からそのままアムトラックで移動して1泊する、2)到着翌日、朝から1泊、3)どこかで日帰り・・・などと考えていて、ホテルを予約したり、エクセル表に書き込んだりと何度も何度も練り直し、結局、他のエンタメがほぼ見えたところで、現実的なのは、30日のマチネ公演を取り入れた日帰り、となったわけです。

Amtrackでフィラデルフィアまでは1時間半ほど、アセラ特急というのがありますが値段は倍以上するのに所要時間は10分程度しか違わない、なら普通のでいいや(笑)。さらに乗る時間は列車によって金額が全然違います。早目に購入すればさらに安いとか。。?
よくわからないところもあるけれど、行くと決め、ミュージカルのチケットも確保したのだからアムトラックも予約しちゃいましょう。
本当に今や便利な時代になりました。アムトラックはiphoneアプリもあるし、もちろんPCでも予約できます。
日帰りなので少し観光もしたい、とけど日の出が遅いNYの冬、真っ暗な時間に出かけるのもね、、、と悩んで朝8時発に、帰りはミュージカルの終了時間に合わせて、、だと何だか高い!!ので余裕をもって夕方5時台にしてみました。

予約後チケットは印刷もできるし、iphone内に格納することもできます

郊外への遠足は初めてではないけれど、アムトラック乗るのは初めてだな~とうことで、前日にペンステーションに下見。MTAやLIRRのさらに上の階にホームがあり、他の列車と同様、出発時刻の20分くらい前になって初めて乗車番線が表示されるシステム。画期的なようなそうでないような・・。
表示されたらホームに向かうエスカレータにぞろぞろ・・そこでチケットチェックがあります。
アムトラックは長距離列車なので、みんなそれはそれは大荷物。巨大なスーツケース2つや3つ当たり前です。
ここまでシュミレーションをして当日に備えました(笑)。
念のため、チケット発券機でチケットを再度発券してみたりして・・(笑)。


当日は朝7時すぎにホテルを出発。日曜日なので地下鉄が来ない可能性もあり、焦りたくなかったんです。まあこの日は順調に来てくれたのでペンステには7時半前に到着(^^ゞ。コーヒーは保温マグで持参したけれど、少々空腹、、構内にあるベーグル屋でサンド購入して、ジモティに混ざって掲示板前あたりでもぐもぐ・・^^。


出発20分ほど前になるとようやく掲示が・・。そこで前日の予習通りチケットをみせてホームに降ります。


指定席もあるようですが、私は自由席(Coach Class)なので、適当に乗り込んであいている席に座りました。朝早かったせいかまだまだ十分余裕。シートは新幹線みたいかな?十分なスペースとクッション、車内には無料Wifiや電源もあり、食堂車もあります。
出発するとまもなく車掌が巡回しチケットの確認、行き先ごとに荷物棚のところに紙を挟んで終了です。(この紙は降車駅近くで回収されます)。

2,30分の遅延は当たり前と思っていたアメリカの長距離線、運が良かったのか往復ともに定刻運行。快適な旅となりました。

前日に降った雪で雪化粧をした郊外。マンハッタンはすっかり溶けてましたけど、少し離れるとまだまだ・・

フィラデルフィアに着いて写真を撮ろうと最後尾までテクテク歩いてたら、車掌さんに「雑誌の記者なの?うまく撮ってくれよ~」なんて言われてしまった・・(笑)。なので後ろ姿を(って気じゃじゃないし、、ぺこりw)

ああ、ワシントンやボストンにも行くのよね・・。

日曜日だったので、街は閑散、寒い時期で観光に来ている人もかなり少ない印象でしたが、ここにはそれなりに。時間指定されますが、無料で見られます!窓口で時間指定のチケットをもらうこと。
CIMG5310_.jpg


CIMG5307_.jpg
CIMG5312_.jpg


もっと多くの人が降りるかと思ったら全然で、駅も駅前も閑散としてました。大手町みたい。

CIMG5319_.jpg
CIMG5320_.jpg
CIMG5304_.jpg

市庁舎を見物しつつふと眼をやると、Macy'sの文字が!立派な建物かつ整然としてます。この日天気はすこぶる良かったのだけど、何しろ強風でさむ~~い。避難するように中に入ったら!
こんな子供向け?のショウが。一緒に床に座ってみてしまいました(笑)
その後しばしショッピング!(何しろ洋服と靴は無税なので!)。人は少ないしキレイだしNYとは大違いだわ・・と思いつつ散々ブーツを履いたり脱いだりしたけれど、急に冷静になってとりやめ・・(^^ゞ

熱心に準備したわりにはガイドブックも買わず地図もなし(-.-)。いや、なめてたわけじゃなくガイドブックの情報が少なすぎて参考になりそうな地図もなかったので、こりゃインフォメーションだな、と判断したのです。
駅についてインフォメーションに真っ先に行き、市内地図ちょうだい!といってもらったのがこれ。
大変わかりやすい!!
fc2blog_2013010719403273e.jpg

地下鉄の駅入り口にホームレスが寝ていて、ちょっとビビっときたのだけどめげずにGO!来た電車はほぼ満席に近かったけど、ホームは閑散としててちょい寂しい雰囲気。とてもカメラなんて向けられません・・。

わざわざ行ったForeest Theaterの天井はこんな感じ。
CIMG5325_.jpg
Kimmel Centerというさまざまなパフォーミングアーツの上演劇場の集まる通りにはこんな名前が。クラシック、ミュージカル、プレイ、バレエなどなど通り沿いに多くの劇場がありましたよ。
CIMG5327_.jpg

今回は中心部のほんの一部しか歩かなかったけれど、とてもキレイに整備されていてわかりやすい街。あまりに強風で萎えたけれど地図みながら止まってると、名所にいる警備員がすぐに「どこにいくの~?」と声をかけてくれて教えてくれました。万歩計はつけてなかったけど、だいたい4マイルくらいは歩いたかな~?
観劇のあとは1本早い電車でも十分に時間があったので、歩いて駅まで。そして差額を払って1本前の電車に変更してNYに戻りました。

帰りの電車は混んでたけど外の寒さがうそのようなポカポカ状態。こっくりこっくりしながらNYに到着。
もう少し暖かい時期にゆっくり街歩きしたいかな。

category: 2012

tag: NY 
tb: 0   cm: 0

tktsのアプリがあった!  



tdf-Theatre Development Fund

調べ物をしてたら偶然見つけたtktsのアプリ。早速ダウンロードしてみましたよ。
その日販売している作品、割引率、作品詳細などなどがブースごとに表示されてなかなか見やすい♪
今日何か見たいなぁと思ったらまずこれで調べてみるのもあり、だな。もし見たものがなければ、予定変更出来るしね。
現地で試してみましょう(^^)。

※サウスシーポートのtktsはまだクローズしてるようです。ううっ。
タイムズスクエアのブースの利用方法には日本語もありました。嬉しいわっ。

category: 2012

tag: NY 
tb: 0   cm: 0

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。