凛・華・麗・美・優 ホーム »観て聴いて感激
カテゴリー「観て聴いて感激」の記事一覧

東京・春・音楽祭 [Voice n' Violin ~アンドレス・シャーガー&リディア・バイチ]  




歌を聴いてるだけで嬉しくなる。オペレッタが基にあるからこういう芸風なのね、もう楽しい(≧∀≦)
シャーガーさん、もうデレデレやん(//∇//)。鼓膜がビリビリするほど...堪能しました(≧∀≦)
1曲めのタミーノからジークフリートみたいなフルスロットルだったもの。今夜帰国なんですってね。ありがとうこざいました。

バイチさんのサクラ色のドレス、ステキだったな…꒰ღ˘◡˘ற꒱♡。一足早くサクラ咲く🌸

■東京・春・音楽祭 [Voice n' Violin ~アンドレス・シャーガー&リディア・バイチ]
東京文化会館 小ホール
2017.3.19 19:00
テノール:アンドレアス・シャーガー
ヴァイオリン:リディア・バイチ
指揮:マティアス・フレッツベルガー
管弦楽:トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア
◆モーツァルト:
歌劇 《フィガロの結婚》 序曲
なんと美しい絵姿(歌劇 《魔笛》 K.620 より)
ロンド ハ長調 K.373
◆ワーグナー(モットル/フレッツベルガー編):《ヴェーゼンドンク歌曲集》
◆サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ op.28
◆レズニチェク:歌劇 《ドンナ・ディアナ》 序曲
◆J.シュトラウス2世:小さいときに孤児になり (喜歌劇 《ジプシー男爵》 より)
◆リスト(フレッツベルガー編):
《愛の夢》 S541 より 第3番 変イ長調
《ハンガリー狂詩曲》 S244 より 第2番 嬰ハ短調
◆レハール:友よ、人生は生きる価値がある (喜歌劇 《ジュディッタ》 より)
◆クライスラー(フレッツベルガー編):
ウィーン奇想曲
愛の悲しみ
◆バイチ/フレッツベルガー編:J.シュトラウス2世のテーマによる幻想曲
*アンコール
◆ワーグナー: 楽劇「ワルキューレ」より「冬の嵐は過ぎ去り」
◆モンティ: チャールダッシュ
◆レハール: 喜劇「メリー・ウィドウ」より「閉ざされた唇に」
L列 右

category: オペラ

tb: --   cm: --

ザルツブルクイースター音楽祭in Japan [ ラインの黄金]  


これだ!
わたしが観たかった、聴きたかったオペラは。

歌手がドラマをつくりオケもドラマを作る。その中に浸れる幸せよ。
何度も鳥肌が立って、泣きそうになって、最期が近づくにつれて終わって欲しくなくて、もっと音楽とそのドラマの中にいたくて、悲しくなって涙でてきた。

えっ、なんで涙でてくるの?ラインの黄金で、、と自分で驚いた。でも本当に終わってほしくなかった。
歌手とか、演出とか、指揮者とか、作品とか、とかとか、、、、観ている間はまったく意識をしなくて、というより寧ろ忘れていた。
金管がー、弦がーというパートや楽器も意識させない、すべてが同じリング(!)の中にいて、まるで1人が一つの楽器を奏でているようなまろやかさ。もう本当に本当に心地よかった。
冒頭からエルベ川の雄大な流れとそれを照らすやわらかな夕陽、その横にどっしりと構える荘厳なゼンパーオーパーが見えた。
聴きながら勝手に想像しドラマを完成させる余白があった。
予算の関係上やむを得ないとはいえ、好まない音響の席ではあったけど、それでもこれほど心地よく心から感動した。

ホールオペラ恐るべし。
ティーレマン恐るべし。
14人の歌手の皆さん恐るべし。それぞれの役にぴったりだった。素敵だった。
SKD恐るべし。
こんなオペラ体験させてくれた全ての方に心から感謝です。


ドレスデンは、これまで行った町の中で、私が今でも一番好きな場所。
そして初めて海外で見たのはこのゼンパーオーパー。
オペラは当たるとその感動の大きさ、深さが他のジャンルとはちょっと違う。



.....これ、沼るわ、、オペラ沼。


■ザルツブルクイースター音楽祭インジャパン
ホールオペラ 《ワーグナー 楽劇 ラインの黄金》
サントリーホール ホールオペラ
2018.11.20  16:00-18:50
デニー・クリエフ ダイレクション
ヴォークリンデ、クリスティアーネ・コール(S)
ヴェルグンデ、サブリナ・ケーゲル(S)
フロスヒルデ、シモーネ・シュレーダー(Ca)
アルベリヒ、アルベルト・ドーメン(BsBr)
ヴォータン、ミヒャエル・フォッレ(Br)
フリッカ、藤村実穂子(Ms)
フライア、レギーネ・ハングラー(S)
ファーゾルト、ステファン・ミリング(BsBr)
ファフナー、アイン・アンガー(Bs)
フロー、タンセル・アクゼイベク(T)
ドンナー、アレハンドロ・マルコ=ブールメスター(Br)
ローゲ、クルト・シュトライト(T)
ミーメ、ゲアハルト・ジーゲル(T)
エルダ、クリスタ・マイヤー(Ms)
クリスティアン・ティーレマン 指揮 シュターツカペレ・ドレスデン
C席 2F_LA2列

category: オペラ

tb: --   cm: --

11月大歌舞伎 [吉例顔見世大歌舞伎 昼の部]  

今月もマチソワ修行でお勉強です。
、、、が、いきなり遅延とか色々あり遅刻。すみません。
一緒に見る友人も同時刻に登場する仲の良さw。

というわけで2本目より。
今月は、仁左衛門さんに尽きる!
何という殿様ぶり♡ 
3階までクリアに聞こえる声と言葉。
所作の一つ一つの美しさ、動きの一つ一つにただよう色気。
今年5月から毎月マチソワして観てきた国宝級の方々から若手までのどの人より芝居が滑らかかつ凛として自然。
桜吹雪が似合いすぎるわ。
ついで右近ちゃん。

連獅子の石松で登場したときの声も踊りも所作がキレイ。板につく、というはこういうことを言うのね、、と他の人を見ながら思う。
最後に不思議な格好をした仁左衛門さんに呆気にとられていたら、舞台中央の大きなセリから上がってきたのがなんと藤十郎さん@@。
ひ~~、なんと贅沢な無駄遣いww。

加賀鳶。
なんだか退屈だな~と思っていたら、ようやく私の席から姿が見えない花道あたりに鳶衆登場。
誰?いい声誰?あ、みっくん!なんという男っぽいいい声!、右近ちゃん芯がある。。。。。。
ようやく姿がみえたところで、オペラグラスのぞいて、染五郎、松也とわかり、なるほど~。

声といえば、松也。
彼も姿の見えないところで声がいいな〜と思う人でした。ミュージカルにも出演しているらしいからかなり上手いのではないかしら??
そうそう、襲名披露公演でした。
2か月目。
月後半になり、声死亡の方が何人かいたけれど、もとの声が苦手、というのは中々辛い。
息子たちはリズム感はあるけど体幹がまだ弱いのか?ああいう型なのか?見ていてあまり美しくない踊りでした。
三男は必死に頑張ってたけど飛んでいきそうな毛ぶり、、でもまだ中学生なんですね。 
ハハメセン発動w

■歌舞伎座

一、四季三葉草(しきさんばそう)
二、歌舞伎十八番の内 毛抜(けぬき)
粂寺弾正 染五郎
秦秀太郎 松也
腰元巻絹 梅枝
小野春風 萬太郎
八剣数馬 廣太郎
錦の前 児太郎
小原万兵衛 亀鶴
小野左衛門春道 門之助
秦民部 高麗蔵
八剣玄蕃 彌十郎
     
三、祝勢揃壽連獅子(せいぞろいことぶきれんじし)

狂言師後に親獅子の精 橋之助改め芝翫
狂言師後に仔獅子の精 国生改め橋之助
狂言師後に仔獅子の精 宗生改め福之助
狂言師後に仔獅子の精 宜生改め歌之助
長楽坊 萬太郎
萬年坊 尾上右近
昌光上人 梅玉
慶雲阿闍梨 仁左衛門
文殊菩薩 藤十郎
   
四、加賀鳶(かがとび)
本郷木戸前勢揃いより 赤門捕物まで
天神町梅吉/竹垣道玄 幸四郎
女按摩お兼 秀太郎
春木町巳之助 染五郎
魁勇次 松也
虎屋竹五郎 巳之助
磐石石松 尾上右近
お朝 児太郎
数珠玉房吉 国生改め橋之助
御守殿門次 宗生改め福之助
昼ッ子尾之吉 宜生改め歌之助
道玄女房おせつ 芝喜松改め梅花
おつめ婆 歌女之丞
伊勢屋与兵衛  錦吾
金助町兼五郎 男女蔵
妻恋音吉 松江
天狗杉松 亀蔵
御神輿弥太郎 友右衛門
雷五郎次 左團次
日蔭町松蔵 梅玉
        
3等A席 3階2列




     
    
     
     
     
     
     
     

category: 歌舞伎

tb: --   cm: --

ザルツブルクイースター音楽祭 in JAPAN [ラインの黄金 ]   


 ただ一言。
スゴかった.....

予算の関係で安い席を買ったら舞台上に位置するLA席。今回の設定上、この席は大当たりだった。
通常の舞台にオケがギッシリ、パープル6本含んで少しでも動いたら落ちそうなほど。
後方とP席を潰して、ちょうど2階に当たる位置に簡易舞台を作り、センターをメイン、左右に川と地下をイメージさせるセミステージがある。
ファニーな大蛇、カエルも登場、ヴァルハラ城はパイプオルガン.。
LAは川の舞台にほど近く、手を伸ばせばそこに歌手がいる、状態。

字幕はパイプオルガンの両脇に、横書。あまりみなかったけど、シンプルで小難しさやこだわりがなく、ドラマを邪魔しなかったのでストーリーを補完する、という意味において十分だったと個人的には思う。

残響あり過ぎかつ冒頭は空気が温まるまで落ち着かない感じもありつつ、生声がビシビシ飛んでくることにまず感動する。
そして見おろすとオケと指揮者。まるでオケピを覗いているようだった。
狭いながらしっかり役になりきって演じてる歌手とやや高さはあれどオケと歌手をコントロールするティーレマンの様子や表情も見られる面白い席で、下から湧き上がる音のまろやかさとウネリ、ドラマにやられた。
ラインゴールドはこんなに面白いオペラだったのか....

今年バイロイトで初めてティーレマンのオペラを聴いて、その船酔いしそうなほどの畝り(とはいえ、それがいやらしさとかわざとらしさがなく)、ドラマに音圧に圧倒されたことを思い出しながら、それとは違うこれから始まるリングのドラマに胸がときめいた。
緊張感溢れる初回。
オケメンも自分がひかない時はスデーシを見上げ聴き入っていた。
音が消えてタクトを置くまで、たっぷりと時間を取りその静寂のあと大ブラボー。
満足げなティーレマン。歌手、オケメン。
ほんとうに大ブラボー!!!

これ、ヤバイ....


仕事終わりで間に合うはずが、途中で間に合わないんじゃ、、と気づき大慌て。
駅に着きダッシュしたくても体が重くて走れない…=͟͟͞͞( ¯−︎¯ )。
広場に到着すると人気がない、、が係員は綺麗に待機してる。
ゼーゼー到着した私に、「大丈夫ですよ、まだ1ベルなってませんのでごゆっくりどうぞ、、」と神の声、、、。
ほっ。10分推しのおかげで無事間に合いました。

■ザルツブルクイースター音楽祭インジャパン
ホール・オペラ 『ワーグナー 楽劇 ラインの黄金》
2016.11.18   18:30-20:50
デニー・クリエフ ダイレクション
ヴォークリンデ、クリスティアーネ・コール(S)
ヴェルグンデ、サブリナ・ケーゲル(S)
フロスヒルデ、シモーネ・シュレーダー(Ca)
アルベリヒ、アルベルト・ドーメン(BsBr)
ヴォータン、ミヒャエル・フォッレ(Br)
フリッカ、藤村実穂子(Ms)
フライア、レギーネ・ハングラー(S)
ファーゾルト、ステファン・ミリング(BsBr)
ファフナー、アイン・アンガー(Bs)
フロー、タンセル・アクゼイベク(T)
ドンナー、アレハンドロ・マルコ=ブールメスター(Br)
ローゲ、クルト・シュトライト(T)
ミーメ、ゲアハルト・ジーゲル(T)
エルダ、クリスタ・マイヤー(Ms)
クリスティアン・ティーレマン 指揮 シュターツカペレ・ドレスデン
A席 2F_LD5列

category: オペラ

tb: --   cm: --

Opéra Bastille [les contes d'hoffmann]  




これを見るために計画したパリ合宿。
一度は落胆したものの、結果として素晴らしい舞台で行った甲斐がありました。
パリで観るフランスオペラ。 
これこそ現地で見る醍醐味だなぁ。
カーセンの洒落た舞台演出に音楽監督ジョルダンの指揮、信頼して嬉しそうに弾いている皆さん。
厳しい表情で登場して指揮し始めるものの、時折ソロパートの指示後、納得すると殺しの笑顔。それをみた奏者は男女問わず😍
ちょっとー、観てる方もこんな😝になるじゃないのー。

出来色はヴァルガス。
カウフマン降板の代役ですが(メトのオッターヴィオキャンセルして登場、、あちこちご迷惑かけまくりですわよ、キャンセルさん…=͟͟͞͞( ¯−︎¯ )).これが素晴らしかった。
高音はスコンとぬける、というよりやや慎重に、丁寧な歌い方になるけれど充分魅力的、なによりキャラがよく合ってて洒落た舞台に冴えないくたびれたホフマンが見事!
わりと波があるようで作品によりさえない時もあるけれど、今日は良かった、代役ヴァルガスか〜〜なんて言ってごめんなさいね〜💦

客席がなんとなく盛り上がらないだろう、がっかり気分で来ているところを十二分に楽しませてくれました。
女性陣はキャラはともかく一人ずつはなんだか怪しい音程だったりするけれど、作品見終わった後は大したことではないような気になるから不思議。
プロダクション、オケ、歌手の総合芸術ってこういうものなんだな〜と思い出させてくれました。

この日最前列で観ていた私。
演出で劇場劇になっている部分は見えない部分があるものの、その分ピット内をのぞけるという楽しさがありました。
舞台真下にあたる部分に合唱のみなさんが配置され、冒頭そこで歌い始めます。舞台上には何もなく、ホフマンひとり
それを支えるような印象になっていた。
そして最後は、同じように舞台セットは何もなく、そこにホフマンとミューズのみ。その時も同じ位置に登場した主要キャストが配置され歌っていました。すべての人に見守られているような温かな気持ちになれてがっかり終わらない。
きっとこれからいいことがあるでのは?と予感させて終わる終わり方が秀逸。

このプロダクション、パリオペの音。華やかできらびやかなオペラ座とは違うけれど、軽やかで素敵。
パリ合宿最後にいいもの見させてもらいました。

■Opéra Bastille les contes d'hoffmann
2016.11.6 14:30
Conductor Philippe Jordan
Director Robert Carsen
Olympia Nadine Koutcher
Giulietta Kate Aldrich
Antonia Ermonela Jaho
La muse, Nicklausse Stéphanie d'Oustrac
Hoffmann Ramón Vargas
Lindorf, Coppélius, Dapertutto, Miracle Roberto Tagliavini

1F1列

category: オペラ

tb: --   cm: --

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop