凛・華・麗・美・優 ホーム »観て聴いて感激
カテゴリー「観て聴いて感激」の記事一覧

新国立劇場バレエ [ジゼル]  


いつも凛としてみてるこっちを背中が痛くなるくらい緊張させてくれる井澤くんですが、今日はまったくそんなことはなく、いい意味で貫禄ついたな~とワタクシ目を細めました😅。チェロの音色が似合う悲劇の似合う王子でした。
リフトも冷や汗かかずに見ていられたし、マイムは上手だし。
言い換えればちょっと初々しさがなくなって登場したときの存在感がやや希薄になったような。
もっともっと踊らせて~

唯ちゃんの温かみがあってお姉さんが見守るわよー風の2幕は井澤くんがおっかなくて男前のミルタにどんどん追い込まれていく様を守るには大いにありで私はいいコンビだわ~と微笑ましく見てました😊。
が、唯ちゃんですら、何となく残る段取り感。もっともっと踊らせてあげて~。

ウィリ達にコールドの美しさは圧巻でした。
ハンスは影が薄かったけど、カーテコールみてたら唯ちゃんとのコンビは中家くんのほうがもしや似合う??と思ったり。

そしていつもいつも思うこと。
圧倒的に公演数が少なくてもったいない。1演目を1ヶ月くらいぶっ通しでやるとか、1シーズン7,8カ月は何らかしらやり続けるとかすればもっともっとペアの相性やいろんなペアや若手の抜擢もできるだろうなと思うのです。
せっかくお稽古して、1公演か2公演なんてうまくなりませんよ。段取り感抜けませんよ。
ダンサー生命はオペラや演劇などのように長くない。才能あふれる人たちがいるのに本当にもったいない、、と思うのです。
来シーズンもまた観に行きますね。

■新国立劇場バレエ ジゼル
ジゼル : 米沢 唯
アルベルト:井澤 駿
ミルタ:本島美和
ハンス : 中家正博
村人のパ・ド・ドゥ:奥田花純、八幡顕光
東京フィルハーモニー交響楽団
指揮 アレクセイ・バクラン
1F6列左

category: ballet

tb: --   cm: --

パレルモ・マッシモ劇場来日公演  [トスカ]  

念願だったゲオルギューのトスカを無事に聴くことができました。
キャスティングされても、遠征しても聴ける可能性が怪しいトップクラスの方なので、もう全幕で聴くことはないのかな~と思っていたところに、来日情報。
メジャーオペラハウスではないけれど、歴史はあるし、値段も良心的なので来日情報を確認したところでチケットをぽち。

キャリアの割にレパートリーが少ないので、その分ひとつの役を多くのプロダクションで歌っているという(この場合は利点ですね)につながり、オーソドックスな、基本に忠実なトスカ像が身体にしみ込んでいる感じでした。
遠くから見るには、アップで見るような大仰さは気にならないし(^_^;)、むしろ広い劇場では、そのくらいしないと伝わらないのでちょういい塩梅。
1幕はじめこそやや不安定な感じがあったけれど、そもそもトスカってそんな人なので、まあいいか、という感じ。
何と言ってもドレスの似合うこと。
ああ、トスカだな~、トスカだよ、、と。とにかく聴けてよかった、満足。

オケも色彩豊かで、久しぶりにイタリアオペラを堪能しました。
カーテンコールでは本当にご機嫌のアンジェラさんほか、オケメンたちもにこやかで嬉しい層。
イケメン奏者もいたし(笑)。



アンジェラさんのインスタグラムより。これは初日の様子ですけど、この日もこんな感じで、何度も何度も登場していました。



同じくインスタグラムより。もうこんな感じで、おっぱいこぼれちゃいそうで(笑)

カヴァラドッシがマルッチェロなのはもう心の耳で聴くしかない。
割と絶賛されてましたけど、、ね。

それにしても、写真でみる姐さんよりずっと年齢相応でした(^_^;)。
腕とか体型とかね、、オペラ歌手の中では年を重ねても原形保っているほうだと思うし美人ですけどね。
二の腕とか、、、何だか親近感わいちゃった♡

■パレルモ・マッシモ劇場来日公演 [トスカ]
2016.6.22 18:30-21:30
オーチャードホール

トスカ:アンジェラ・ゲオルギュー
カヴァラドッシ:マルチェッロ・ジョルダーニ
スカルピア:セバスティアン・カターナ
指揮 ジャンルカ・マルティネンギ
管弦楽・合唱 パレルモ・マッシモ劇場管弦楽団・合唱団

3F2列右

category: オペラ

tb: --   cm: --

新国立劇場オペラ [ニーベルングの指環」第2日 ジークフリート]  


ジークフリート、かわいいなw
グールドが素晴らしかったですー。この大作を歌い終えてなお、トリスタンを歌えちゃうんじゃないだろうか?と思うほどの元気。
本当に素晴らしいです。
でも見るたびに大きくなるので次にお目にかかるまでに10キロほど落としていただくと良いかと。おなか気持ち良さそうなんですが(^_^;)、長くイケメンヴォイス聴きたいのです💞

さすらい人について行きたい....
グリムスレイは8頭身か?見目麗しく端正な美声、聴き惚れましたー。ワルキューレの時この人に泣かされたんだった...
そうか、最後はさすらい人いないんだった、、寂しいなぁ。

演出というか舞台セットが簡素なのに歌手の声を堪能させない作りで、イライラさせられました。
上手に寄りすぎていたり、大きな屋根のある小屋の中で歌わせるせいで、この中に入った途端、声が消音になって聞こえてきません。聞かせどころだったのに、とてもとても残念。というか怒り。
衣装も暑苦しいだけ、木に張りつかせていた小鳥たち、全然ピッチのあっていない歌になってしまうのなら、きちんと地に足をつけて歌わせてあげたかったです。そこだけ突然演歌になってしまっていた。

新国立ダンサーさん、あんな衣装着せられたのに2幕は足しか見えず、、、3幕瞬きしたら出番終わってた...お疲れ様でした

言われるほど前2作との違いを感じなかったオケ。ややお疲れで間延びした印象。というか、勝手にもっと若々しくガツっとした演奏する印象だったのであれ?意外にモッタリね、と思ったのでした。もっと若い指揮者の方が特長が活きるのかしら?とクラオタじゃないただの人のツブヤキです(^_^;)

さて、新国立リングも残り1作。


2017年6月17日(土) 2:00-7:50pm
「ニーベルングの指環」第2日 ジークフリート
作曲/リヒャルト・ワーグナー
演出/ゲッツ・フリードリッヒ
美術・衣裳/ゴットフリート・ピルツ
照明/キンモ・ルスケラ
演出監修/アンナ・ケロ
演出補/キム・アンベルラ
舞台監督/村田健輔
ミーメ、アンドレアス・コンラッド (T)
ジークフリート、ステファン・グールド (T)
さすらい人、グリア・グリムスレイ (BsBr)
アルベリヒ、トーマス・ガゼリ (Br)
ファフナー、クリスティアン・ヒューブナー (Bs)
森の小鳥、
(黄) 鵜木絵里 (S)
(白) 吉原圭子 (S)
(赤) 安井陽子 (S)
(緑) 九嶋香奈枝 (S)
(青) 五月女遥 (ダンサー)
エルダ、クリスタ・マイヤー (A)
ブリュンヒルデ、リカルダ・メルベート (S)

指揮/飯守泰次郎
管弦楽/東京交響楽団
C席 4F2列 右

category: オペラ

tb: --   cm: --

2017 Tony Award winners   

今年も発表になりました。
ライブでは見られないので、SNSでおいかけ、昼休みに動画みて、夜WOWOWを録画した生放送をみて確認しました。
今シーズン、唯一みたDear Even Hansenが最多6部門受賞、音楽はララランドでアカデミー賞も受賞したコンビがこちらでも、何と言っも主演男優賞のベンプラット。
若くて才能溢れる人って見ていて嬉しくなる。色々な作品を見られる楽しみ、、、とか感じるのは自分が年とったせいかしら(^_^;)
なんてことを舞台同様の早口のスピーチを聞きながらぼんやり考えたりして。

今影響を与える100人にも選ばれて若者の圧倒的な支持を得ているんだそう。

To all young people watching at home, don’t waste any time trying to be like anybody but yourself because the things that make you strange are the things that make you powerful.
受賞スピーチの直後にSNSではこのスピーチがものすごい数でまわってきたし、NYTimesでもBest Advicesトとして掲載されていました。
New York Times The Best (and Worst) of the 2017 Tony Awards


すっかり安い席は売り切れているものの、まだ普通に買えるチケットがあった。
ならば、今度はもう少し分かった状態で、きちんとみたい!
ベン君出ることを祈って、ぽちっ。





作品賞
 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
 『DEAR EVAN HANSEN』
 『COME FROM AWAY』
 『GROUNDHOG DAY』
リヴァイヴァル作品賞
 『HELLO, DOLLY!』
 『FALSETTOS』
 『MISS SAIGON』
主演女優賞
 Denée Benton 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
 Christine Ebersole 『WAR PAINT』
 Patti LuPone 『WAR PAINT』
 Bette Midler 『HELLO, DOLLY!』
 Eva Noblezada 『MISS SAIGON』
主演男優賞
 Christian Borle 『FALSETTOS』
 Josh Groban 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
 David Hyde Pierce 『HELLO, DOLLY!』
 Andy Karl 『GROUNDHOG DAY』
 Ben Platt 『DEAR EVAN HANSEN』
助演女優
 Kate Baldwin 『HELLO, DOLLY!』
 Rachel Bay Jones 『DEAR EVAN HANSEN』
 Stephanie J. Block 『FALSETTOS』
 Jenn Colella 『COME FROM AWAY』
 Mary Beth Peil 『ANASTASIA』
助演男優賞
 Gavin Creel 『HELLO, DOLLY!』
 Mike Faist 『DEAR EVAN HANSEN』
 Andrew Rannells 『FALSETTOS』
 Lucas Steele 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
 Brandon Uranowitz 『FALSETTOS』
楽曲賞
 David Hein and Irene Sankoff(Music and Lyrics) 『COME FROM AWAY』
 Benj Pasek and Justin Paul(Music and Lyrics) 『DEAR EVAN HANSEN』
 Tim Minchin(Music and Lyrics) 『GROUNDHOG DAY』
 Dave Malloy(Music and Lyrics) 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
脚本賞
 David Hein and Irene Sankoff 『COME FROM AWAY』
 Steven Levenson 『DEAR EVAN HANSEN』
 Danny Rubin 『GROUNDHOG DAY』
 Dave Malloy 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
演出賞
 Christopher Ashley 『COME FROM AWAY』
 Rachel Chavkin 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
 Michael Greif 『DEAR EVAN HANSEN』
 Matthew Warchus 『GROUNDHOG DAY』
 Jerry Zaks 『HELLO, DOLLY!』
振付賞
 Andy Blankenbuehler 『BANDSTAND』
 Peter Darling and Ellen Kane 『GROUNDHOG DAY』
 Kelly Devine 『COME FROM AWAY』
 Denis Jones 『HOLIDAY INN』
 Sam Pinkleton 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
編曲賞
 Bill Elliott and Greg Anthony Rassen 『BANDSTAND』
 Larry Hochman 『HELLO, DOLLY!』
 Alex Lacamoire 『DEAR EVAN HANSEN』
 Dave Malloy 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
装置デザイン賞
 Rob Howell 『GROUNDHOG DAY』
 David Korins 『WAR PAINT』
 Mimi Lien 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
 Santo Loquasto 『HELLO, DOLLY!』
衣装デザイン賞
 Linda Cho 『ANASTASIA』
 Santo Loquasto 『HELLO, DOLLY!』
 Paloma Young 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
 Catherine Zuber 『WAR PAINT』
照明デザイン賞
 Howell Binkley, 『COME FROM AWAY』
 Natasha Katz 『HELLO, DOLLY!』
 Bradley King 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
 Japhy Weideman 『DEAR EVAN HANSEN』

category: 舞台

tb: --   cm: --

大阪松竹座 [五月花形歌舞伎 昼/夜]  


今日の富士山。
スッキリと晴れわたったら空から見事な富士山と周りの山々、さらに向こう見える盆地の靄まで..こういう景色に癒されながら萌えるw
国内旅行の、朝便は窓側と決めてるのはこんな景色に会えるから。
到着したのは、5月の爽やかさをやや残しつつ、真夏日30度超えの大阪。
開演前にはすでに日差しが夏模様..
室内活動でヨカッたね。


昼の部

夜の部は、水浴び席✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*

猿之助さん、立ち役の登場シーンで、ハッとする輝きと華やかさ、今まさに旬な感じの勢いと、いい感じの貫禄がついたように思いました。
みるたびにそう思う。その瞬間のトキメキが嬉しいです。
女役は見た目の美しさより、芝居で見せる可愛らしさ。見てると可愛い、綺麗だな、、と思えてきちゃうマジック(笑)

松竹座マチソワマラソン、どちらも楽しかった。そして思いの外たっぷり濃厚でお腹いっぱい感もあり。
昼は濃厚リッチクリームみたいな、あと5分長かったら胸焼けしそうなほどw、絶妙な猿之助祭り、夜は身体能力生かした颯爽とした早変わりとキャラ立ちした勘九郎祭り、七之助さんの飄々とした美しさも素敵。

昼も夜も本当に楽しくて楽しくて...😝。
テレビでしかみたことのなかった乳房榎、勘九郎さんが真っ直ぐ全力投球で鮮やかに早変わりしてるのをチョイチョイとちょっかい出しながらさらに笑いを誘う猿之助さん、このコンビいいなぁ。凄く良かった💯。また観たい~

早変わりの影さんがよく似てる人であんな近くで見てたのにわかんなかった箇所ある。
それでもドドドっと走る音が聞こえるリアルな感じもまたワクワクw。あの大きさがいいのね。
本水の飛ばし方がまた見事で綺麗な弧を描いて虹が見えそうだった🌈。
2階3階を走り回るサービスも🏃。

とはいえ、シメたのは猿之助さん。見事過ぎるドヤっww
ひとつだけ、大詰めのしめのとき、それまでの見事さから一転、ものすごーく暗く神妙な表情で挨拶していた勘九郎さん。
最後まで楽しくて賑々しく、演目そのままでいてほしかったです。

昼は金幣猿島郡、夜は乳房榎に集中しすぎて、あとは休憩タイムになってしまいました・・(^_^;)

ふー今日中の帰宅。東京の人も日帰りできますからねーと猿之助さんにご配慮いただいたおかげww

■大阪松竹座 花形歌舞伎
昼の部
一、戻駕色相肩(モドリカゴイロニアイカタ)
浪花の次郎作 = 中村勘九郎(6代目)
禿たより = 中村児太郎(6代目)
吾妻の与四郎 = 中村歌昇(4代目)

二、金幣猿島郡(キンノザイサルシマダイリ)
清姫・藤原忠文・白拍子花子実は清姫の霊・狂言師升六実は忠文の霊 = 市川猿之助(4代目)
北白川の安珍実は文珠丸頼光 = 中村勘九郎(6代目)
七綾姫 = 中村七之助(2代目)
田原藤太 = 中村歌昇(4代目)
能力白雲 = 市川弘太郎(初代)
およし実は侍女桜木 = 市川笑三郎(3代目)
寂莫法印 = 市川猿弥(2代目)
如月尼 = 市川門之助(8代目)

夜の部
一、新版歌祭文(シンパンウタザイモン) 野崎村(ノザキムラ)
お光 = 中村七之助(2代目)
久松 = 中村歌昇(4代目)
お染 = 中村児太郎(6代目)
後家お常 = 坂東竹三郎(5代目)
百姓久作 = 坂東彌十郎(初代)

二、怪談乳房榎(カイダンチブサノエノキ)
菱川重信・下男正助・うわばみ三次 = 中村勘九郎(6代目)
重信妻お関 = 中村七之助(2代目)
住職雲海 = 市川寿猿(2代目)
松井三郎 = 市川猿弥(2代目)
磯貝浪江 = 市川猿之助(4代目)

category: 歌舞伎

tb: --   cm: --

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop