凛・華・麗・美・優 ホーム »舞台
カテゴリー「舞台」の記事一覧

2017 Tony Award winners   

今年も発表になりました。
ライブでは見られないので、SNSでおいかけ、昼休みに動画みて、夜WOWOWを録画した生放送をみて確認しました。
今シーズン、唯一みたDear Even Hansenが最多6部門受賞、音楽はララランドでアカデミー賞も受賞したコンビがこちらでも、何と言っも主演男優賞のベンプラット。
若くて才能溢れる人って見ていて嬉しくなる。色々な作品を見られる楽しみ、、、とか感じるのは自分が年とったせいかしら(^_^;)
なんてことを舞台同様の早口のスピーチを聞きながらぼんやり考えたりして。

今影響を与える100人にも選ばれて若者の圧倒的な支持を得ているんだそう。

To all young people watching at home, don’t waste any time trying to be like anybody but yourself because the things that make you strange are the things that make you powerful.
受賞スピーチの直後にSNSではこのスピーチがものすごい数でまわってきたし、NYTimesでもBest Advicesトとして掲載されていました。
New York Times The Best (and Worst) of the 2017 Tony Awards


すっかり安い席は売り切れているものの、まだ普通に買えるチケットがあった。
ならば、今度はもう少し分かった状態で、きちんとみたい!
ベン君出ることを祈って、ぽちっ。





作品賞
 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
 『DEAR EVAN HANSEN』
 『COME FROM AWAY』
 『GROUNDHOG DAY』
リヴァイヴァル作品賞
 『HELLO, DOLLY!』
 『FALSETTOS』
 『MISS SAIGON』
主演女優賞
 Denée Benton 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
 Christine Ebersole 『WAR PAINT』
 Patti LuPone 『WAR PAINT』
 Bette Midler 『HELLO, DOLLY!』
 Eva Noblezada 『MISS SAIGON』
主演男優賞
 Christian Borle 『FALSETTOS』
 Josh Groban 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
 David Hyde Pierce 『HELLO, DOLLY!』
 Andy Karl 『GROUNDHOG DAY』
 Ben Platt 『DEAR EVAN HANSEN』
助演女優
 Kate Baldwin 『HELLO, DOLLY!』
 Rachel Bay Jones 『DEAR EVAN HANSEN』
 Stephanie J. Block 『FALSETTOS』
 Jenn Colella 『COME FROM AWAY』
 Mary Beth Peil 『ANASTASIA』
助演男優賞
 Gavin Creel 『HELLO, DOLLY!』
 Mike Faist 『DEAR EVAN HANSEN』
 Andrew Rannells 『FALSETTOS』
 Lucas Steele 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
 Brandon Uranowitz 『FALSETTOS』
楽曲賞
 David Hein and Irene Sankoff(Music and Lyrics) 『COME FROM AWAY』
 Benj Pasek and Justin Paul(Music and Lyrics) 『DEAR EVAN HANSEN』
 Tim Minchin(Music and Lyrics) 『GROUNDHOG DAY』
 Dave Malloy(Music and Lyrics) 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
脚本賞
 David Hein and Irene Sankoff 『COME FROM AWAY』
 Steven Levenson 『DEAR EVAN HANSEN』
 Danny Rubin 『GROUNDHOG DAY』
 Dave Malloy 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
演出賞
 Christopher Ashley 『COME FROM AWAY』
 Rachel Chavkin 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
 Michael Greif 『DEAR EVAN HANSEN』
 Matthew Warchus 『GROUNDHOG DAY』
 Jerry Zaks 『HELLO, DOLLY!』
振付賞
 Andy Blankenbuehler 『BANDSTAND』
 Peter Darling and Ellen Kane 『GROUNDHOG DAY』
 Kelly Devine 『COME FROM AWAY』
 Denis Jones 『HOLIDAY INN』
 Sam Pinkleton 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
編曲賞
 Bill Elliott and Greg Anthony Rassen 『BANDSTAND』
 Larry Hochman 『HELLO, DOLLY!』
 Alex Lacamoire 『DEAR EVAN HANSEN』
 Dave Malloy 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
装置デザイン賞
 Rob Howell 『GROUNDHOG DAY』
 David Korins 『WAR PAINT』
 Mimi Lien 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
 Santo Loquasto 『HELLO, DOLLY!』
衣装デザイン賞
 Linda Cho 『ANASTASIA』
 Santo Loquasto 『HELLO, DOLLY!』
 Paloma Young 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
 Catherine Zuber 『WAR PAINT』
照明デザイン賞
 Howell Binkley, 『COME FROM AWAY』
 Natasha Katz 『HELLO, DOLLY!』
 Bradley King 『NATASHA, PIERRE & THE GREAT COMET OF 1812』
 Japhy Weideman 『DEAR EVAN HANSEN』

category: 舞台

tb: --   cm: --

マシューボーン [眠れる森の美女 4]  


4回目。
仕事が終わらず土曜出勤中、恒例のキャスト発表を眺めたら、リアムがライラックにキャスティングされてる!!
い、いかねば.....。

まぁ土曜は自主出勤なんで時間はどーにでもなる。長めの昼休みにして行くこと決定。
当日券で前回同様2階席から。
少し陰のある妖精で、私のイメージにピッタリ♡。一番バレエ的踊りが多いので、動きの美しいリアムを堪能できて本当に嬉しい。
長めの昼休みとってよかった。
3人目の姫、コーデリアちゃんは上から見るとおっ○○ユサユサで溢れちゃいそう、、なんてオヤジのような感想ですみません(^◇^;)。
しかしこの作品、始まったら最後まで全員が全力疾走してる感じで息つく間もなく踊りまくり。それぞれが複数の役をやるのによく混乱しないなぁ~と感心する。
見えてない赤ちゃん人形を操作する黒子とその日のレオだったりするそうで、、、そういうところもよく考えで練られで、作られた作品だなところも思います。
何とか全キャストコンプで無事来日公演終了。


次は新作Red Shoes!
きっと魅力的な作品に仕上がるはず。日本では当分ないでしょうからどこかで見られないかしら、、とツアースケジュールを眺めてブツブツ(笑)。

■マシューボーン 眠れる森の美女
2016.9.24 12:30

オーロラ姫:コーデリア・ブレイスウェイト
レオ:ドミニク・ノース
カラボス/カラドック:アダム・マスケル
ライラック伯爵:リアム・ムーア

2F 4列センター

category: 舞台

tb: --   cm: 0

マシューボーン [眠れる森の美女 3]  


3回目。
もともと買っていたこの日は、姫とレオか違うキャストでした。(どうせ見るなら違うキャストが面白い)
キャストにより作品のニュアンスが変わるので違うキャスト歓迎。

姫はこの日本ツアーでデビューの鎌田さん、レオは初日王様だったトレンフィールド。
鎌田さんは心優しい姫で、レオは少し年上のお兄さん風。アシュリーちゃんとドミカップルよりロマンティックだなぁと思いながら見てたけど、何と最後、あれこれあった後2人が再会したところで落涙。
もう2人の表情と、そこに至るまでの展開にとても説得力があって、心からああよかったね、幸せになってねとホロリ。
これには自分が一番驚いた 笑。
おとぎ話バンザイヽ(;▽;)ノ。

だからキャスト違いは面白いのだよ〜。リピしちゃうのよ〜。


■マシューボーン 眠れる森の美女
2016.9.22 12:30 東急シアターオーブ

オーロラ姫:鎌田真梨
レオ:クリス・トレンフィールド
カラボス/カラドック:アダム・マスケル
ライラック伯爵:クリストファー・マーニー

1F 8列センター左

category: 舞台

tb: --   cm: 0

マシューボーン [眠れる森の美女 2]  


2回目。
当日キャスト発表(というカンパニーの要望(でもどこも1週間位前には発表するけど、今回は頑固になし。
朝ツイートみたら、あら、リアムがカラボス/カラドック!!
ということで、仕事を放り出して急遽参戦w。
こういう時に東京で仕事しているのは幸せだと思う。

雨仕様の超普段着でゴメンなさいねー(^◇^;)。
初日にバンバン文句いい、日本の招聘元ではなくマシューボーン本人日本のバシバシ凸したくて熱心なファンのおかげで現地でも使っているキャストボードが登場しました。
なんだ、持ってきてるんじゃん。

当日券では2階席から。
後段やサイドはクローズしててガラガラ、、もったいないなぁ。

でも、この席にしたのは正解でした。
初日に見えなかった部分だけじゃなく全体の動きやひとりひとりの個性が遠くから見て手に取るようにわかる。
そして登場した瞬間に女性っぽくすこしキレ気味のカラボスと、復讐というより本当にオーロラを好きになってしまったカラドックが切なくて、、、最後刺されて運ばれる場面はもう、、、涙。
上から見るとやっぱりリアムは動きがとても綺麗。彼の動きを見てると幸せになるわ〜。
ここまで来ると彼のライラックも観たくなる、、、笑。

■マシューボーン 眠れる森の美女
2016.9.21 18:30 東急シアターオーブ

オーロラ姫:アシュリー・ショー
レオ:ドミニク・ノース
カラボス/カラドック:リアム・ムーア
ライラック伯爵:クリストファー・マーニー

2F 3列センター

category: 舞台

tb: --   cm: 0

マシューボーン [眠れる森の美女 1]  


今年もマシューボーン作品の来日公演。

何年か前にテレビで見て、ああ、上手いなぁ、マシューボーンはチャイコフスキーのバレエ作品をアレンジする天才だわ、白鳥の湖(別格)の次に好きだわーと思った記憶があります。

念願の実演初日。
オーブは見にくいホールなので、やや傾斜のつく11列目の通路側をあえて選んだのに、なんと前列の人の方頭が小山状態(´Д` )。
見事なパーシャービュー(泣)。
というわけで、やや見切れるシーンがあるものの、古典の眠りをしっかりなぞりながらストーリーに色と香りとリアルさをプラス。
バレエを見てると王子が登場しない冒頭40分近くや、アンサンブルが次々出てきて踊って拍手!の繰り返しが私のようなバレエ素人には冗長で退屈してしまうのだけど、それが全て解消されてます!
素晴らしい✧(°∀°)。

お転婆で可愛らしいオーロラ、幼馴染みでほんわかのんりひしたレオ、人外感たっぷりのカラボスとカラドック、空気を変えるライラック、、赤ちゃんの人形に至るまでイキイキと、、素晴らしかったです。

とくにリアムの踊りの美しいこと。
クラシックとコンテンポラリーのミックスでひたすら踊りまくってセリフは全くないけれど、ト書きが書けそうな気がするほど伝わるんだからすごいよなぁ。

そういえば。
この日のキャストを確認したくてキャストボードを探すも見つけられずスタッフに聞くと、こちらです、、と案内してくれたけど、それが冒頭の写真。主要な4人だけ。えっ???

「こ、これだけですの??」
のリアルに突っ込みいれたわー。
カンパニー17人だけで、一人何役もこなす作品で一人一人ただのアンサンブルじゃなくて役名ががあるにもかかわらずなんだこりゃ、、。
今回の招聘元作品にも上演にも愛情なくてストレスフル。
だけど、リピート決定w。

*終演後、作品ファン、ダンサーファンがブーブーマシューさんに直接抗議ツイをしたおかげで、翌日にはロンドンと同じキャストボードが登場しました!ツイッター素晴らしい👏

というか、あるなら最初から使えよなー😒

■マシューボーン 眠れる森の美女
2016.9.14 18:30 東急シアターオーブ

■CREATIVE
Director / Choreographer…Matthew Bourne
Music…Tchaikovsky

■CAST
New adventures
オーロラ姫:アシュリー・ショー
レオ:ドミニク・ノース
カラボス/カラドック:アダム・マスケル
ライラック伯爵:クリストファー・マーニー

1F 11列センター

category: 舞台

tb: --   cm: 0

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop