凛・華・麗・美・優 ホーム »音楽
カテゴリー「音楽」の記事一覧

小田和正ツアー2016 [君住む街へ 東京体育館]  


このツアー2回目。
だいぶ平常心で見られるようになりました♪



東京体育館にコンサートで来るのは初めて。広いけど新しくなって綺麗。座席の感覚も広いし下はカーペット。
空調もよく効いていて素晴らしい環境でした。

こんな席から。
本来のステージにいることは数曲あるかないか、で、ほぼあちこち歩いているので、どの席で参加してもあんまり不公平感はないし、よく見えていい!
アリーナ席の後方は、座席の間を練り歩くサービスもあり、、(いいな〜)
掛川で聞いたときより声の調子は良さそうだったけど、時々ひっくりかえったり、ピアノ間違えたりすると、ヒヤッとする、、。
というか、見る度にお歳を召して行くような、、(涙)。と

そういえば、オフコース5人の最後の武道館コンサート10日間「OVER」の最終日が1982年6月30日。
あれから34年。
34年たって当時の曲を当時のように歌い、聞いて、一緒に歌えるなんて感慨深いというか幸せというか、、(涙)
小田さんまだまだ歌ってください。
そしてまた武道館で是非。


ロイヤルボックス近くだったこの日、めざましテレビの出演陣が番組撮影も兼ねて来てたけど、ま〜コンサートの最中に何度も何度も出たり入ったり出たり入ったり、カメラ引き連れて、うざいっつーの💢
お仕事でしょうけど、普通に観てる人の邪魔するなー💢💢

■小田和正ツアー 君住む町へ
東京体育館
2016.7.1 18:30-21:30

1.wonderful life
2.こころ
3.眠れぬ夜
4.秋の気配
5.さよなら
6.僕の贈りもの
7.愛を止めないで
8.時に愛は
9.心はなれて
10.言葉にできない
11.I LOVE YOU
12.Yes-No
13.the flag
14.伝えたいことがあるんだ
15.恋は大騒ぎ
16.キラキラ
17.ラブ・ストーリーは突然に
18.風と君を待つだけ
19.たしかなこと
20.MY HOME TOWN
21.さよならは言わない
22.今日もどこかで
23.風は止んだ
24.君住む街へ

(アンコール)
25.愛になる
26.YES-YES-YES
27.やさしい夜
(アンコール)
28.夏の終り
29.ダイジョウブ
30.また会う日まで
(アンコール)
31.NEXTのテーマ -僕等がいた-

北スタンドBブロック

category: 音楽

tb: --   cm: 0

小田和正ツアー2016 [君住む街へ]   


次のツアーは3年後、、、と思ったら、1年後に再開w
今年69歳になるので、先延ばしにせず出来るうちにやろう、ということのようです、、およよ。
そんなわけで、聞く方も行けるうちに行こう!と、ツアー開始早々に遠足で行ってきました。
新幹線で掛川まで、そこからローカル線、駅から徒歩20分。
この駅、このアリーナしかないんですけどーなローカルな場所で、小田さんによるアンケートでは、地元の方と遠足の方の割は6:4(笑)。だよね~。
オンステージシートの抽選はあっけなくハズレたものの、正面からみられる中々の席。

熊本の震災にショックを受けたということで、初日(前日)には涙で歌えなくなるというニュースもありましたが、この日も何度も涙を流し、声がつまり、、感情移入している様子にこちらまで涙。
幕開き直後は少し疲れているようだったし声がでなくて、大丈夫かしら、、と心配したけれど、ピアノでの弾き語り「言葉にならない」から覚醒し、あとは強靭な喉を披露してくれました。
小田さん、、、なんと美しい声からしら。もうハイトーンがズキン😍
前回ほどではなかったけれど、「たいせつなこと」が始まったら、自分でビックリする程ぶわっと涙が溢れてきてボタボタと泣いてしまいました。泣きつぼつかれた~涙
ベスト盤をだした直後で、オフコースの曲を前半歌い、映像では解散コンサートの「over」という文字。
当時もあの後も色々あったよね。。。
一緒にみていた友人と顔を見合わせると、お互い涙目(笑)。同級生だもの。
また聞けて良かった。次の機会もありますように。
終演後は、駅までダッシュ💦。
ゆっくり歩いても十分間に合ったけれど、一番乗り継ぎのよい新幹線に間に合いそう!
行きは上りだけど帰りは下りなので楽だったけど、ぜーはーww。
それにしても掛川駅は売店がすっかり閉まっていておなかぺこぺこ。一旦ホームにいったものの、お弁当どころか飲み物すらなかったので、改札をだしてもらい、唯一開いていた小さなコンビニでビールだけ購入。

それでも買えて良かった。

行きは幕内歌舞伎弁当食べたのにね。。w
■小田和正「君住む町へ」
2016.5.1 17:00-20:00
静岡エコパアリーナ
wonderful life
こころ
眠れぬ夜
秋の気配
さよなら
僕の贈り物
愛を止めないで
時には愛を
心はなれて
言葉にできない
I LOVE YOU
Yes-No
伝えたいことがあるんだ
そんなことより幸せになろう
恋は大騒ぎ
キラキラ
ラブ・ストーリーは突然に
風と君を待つだけ
たしかなこと
my home town
さよならは言わない
今日もどこかで
風は止んだ
君住む街へ
~アンコール
愛になる
ダイジョウブ
YES-YES-YES
やさしい夜
生まれ来る子供たちのために
また会える日まで

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

マウリツィオ・ポリーニ ピアノ・リサイタル  


博多からトンボ帰りして向かったのはサントリーホール。
飛行機降りてからずっと走りっぱなしで汗だく。なんとか5分前には到着できました、ふ〜。

お年を重ね、体調不良でキャンセルすることが増えてきたこのごろ、今回が最後になるかも、、とその都度思うようになりました(涙)。

今回は直前にプログラムに、ピーターブレーズに捧ぐ曲を追加すると発表になりました。

完璧なまでの演奏をし続けたポリーに先生も年齢とともにミスタッチが増えて、結構目立つのだけど、それを超える堂々としたひきっぷりが素晴らしかったです。
過剰は感情表現や顔芸や大振りなことは全くなく、あくまで淡々とそれでいて美しい響きと煌めく音色を伴うダイナミックな演奏は変わらずでした。そんな演奏スタイルは変わらずで、嬉しくなって途中なんども微笑んでしまいました。
歩く姿はおじいちゃんだし、袖に戻って水を飲む後ろ姿にはもうもう何とも言えず涙がでそうに、、

会場中が息をひそめ、終わった後の👏は、まさに万来の拍手といえるものでした。
シューマンの幻想曲、アンコールのスケルツォ、ノクターンのすばらしことよ、、、。
やっぱり先生だ。。


■マウリツィオ・ポリーニ ピアノ・リサイタル
〜ピーターブーレーズに捧ぐ〜
シェーンベルク: 6つのピアノ小品 op.19
1. Liecht, zart(軽く、やさしく)
2. Langsam(遅く)
3. Sehr langsam viertel(非常に遅く)
4. Rasch, aber leicht(急速に、しかし軽く)
5. Etwas rasch(いくぶん急速に)
6. Sehr langsam(非常に遅く)

シューマン: アレグロ ロ短調 op.8
       幻想曲 ハ長調 op.17
       ***
ショパン: 舟歌 嬰ヘ長調 op.60
      2つのノクターン op.55
      子守歌 op.57
      ポロネーズ第6番 変イ長調 op.53「英雄」

2F−RB1列

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

第17回ショパン国際ピアノ・コンクール [入賞者ガラ・コンサート]  

Chopin_245.jpg

仕事終わりに向かった池袋。
朝から遅延だの運休だのしていた地下鉄が夕方まで続き、比較的便利な有楽町線が使えず、丸ノ内線で行ってみたら!!!!
乗り換えの大変なことよ、池袋についてから遠いことよ(泣)。
エスカレータや階段を駆け上がり、汗だく、明日ガクガクで開演寸前にてっぺんの席に到着~。
39階分登ったよ、と後でiPhoneが教えてくれました(>_<)。 疲れた~~。


歩く姿もお辞儀する姿もどこかぎこちなく、初々しい入賞者と、すでに演奏活動経験があり、登場の瞬間からひとりプロの貫禄をもっていた優勝者の圧倒的差を感じながらも、6人の若い演奏家はそれぞれに個性的。これからが楽しみな人達ばかりです。
その中で私が個人的にとても気に入ったのは、最後に登場したアムラン君。

ネット中継をみていたときよりずいぶん丸くなり、背中サイドから見ていたのもあって、ぷにゅぷにゅ、といじりたくなるくらい、コロンと熊のようになっていたけれど(^_^;)、非常に繊細かつ温かみと詩心のある音と表現で、聴き惚れました。
先に登場したケイト嬢が、スタインウェイで煌めいていたのとは違い、ヤマハのピアノから聞こえてくる音はとてもまろやか。そこに温かさと時折隠し味的に聞こえる煌めき。

もう一人はケイトリウ嬢。唯一の女性です。3階のてっぺんまで響く美音と軽やかさ。
スタインウェイを選んだ彼女の指先が奏でる音がキラキラと華やかで美しく、彼女の飾らない初々しさを音色が着飾ってくれていました。

前半に登場したソロ陣が全然響かず、ぼわっと塊でしか聞こえなかったので、この席、ピアノを聴くには適さないのね、と思ったのですが、後半ふたりの鳴り方を聴いたら、なんと美しことよ....
PAをいじったのか?と疑いたくなるほどの差がありました。
皆さん、全国ツアーでやや疲れ気味の様子でしたが何年か後にまた是非聴いてみたいです。
その時のメモとして^^

■ショパン国際コンクール入賞者ガラコンサート
2016.1.29 19:00-22:25
東京芸術劇場
◆エリック・ルー
24の前奏曲 Op.28より
第4番 ホ短調
第15番 変ニ長調「雨だれ」
第16番 変ロ短調
第17番 変イ長調
第24番 ニ短調
◆ドミトリー・シシキン
スケルツォ 第2番 変ロ短調 Op.31
◆イーケ・(トニー・)ヤン
舟歌 嬰ヘ長調 Op.60
ワルツ 第1番 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」
◆チョ・ソンジン
夜想曲 第13番 ハ短調 Op.48-1
幻想曲 ヘ短調 Op.49
ポロネーズ 第6番 変イ長調 Op.53「英雄」
………………………………………………………………………………
◆ケイト・リウ
ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 Op.1
*アンコール 夜想曲 Op.62-1
◆シャルル・リシャール=アムラン
ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 Op.21
*アンコール  マズルカ第4番 Op.33
3F-H

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

リッカルド・ムーティ指揮 シカゴ交響楽団 来日公演 ②  


なんと誕生日(笑)。
今年はムーティ様率いるCSOの素晴らしい演奏でお祝いしていただきました❤

昨日と全く同じ席で聞く違うプログラム。
私個人的には今日のチャイ4が一番好き。金管が胃にきた!シビれた、お腹すいたー(≧∇≦)。
近頃チャイコに親しんでいるのもあるけど、あれだけ派手に鳴らしてもガツガツ弾かせても一見熱い支持をしてもクールで端正さを保つチャイコなので、踊りやすそう、歌いやすそうだなっとw。
完全に信頼できそうだもの。ただあの金管の眼前にいったら音圧でダンサー倒れるわね、きっとw

■リッカルド・ムーティ指揮シカゴ交響楽団 来日公演
2016.1.19 7:00 p.m. - 7:40 p.m.
プロコフィエフ
交響曲 第1番 ニ長調 Op.25「古典交響曲」
ヒンデミット
弦楽と金管のための協奏音楽 Op.50
<休憩20分>
8:00 p.m. - 8:45 p.m. (9:05)
チャイコフスキー
交響曲 第4番 ヘ短調 Op.36
D席 5F1列センター

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop