凛・華・麗・美・優 ホーム »swiss
カテゴリー「swiss」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2013夏休み-レート検証  

久しぶりにレート検証〜。

☆成田空港両替レート
 だいたい 1CFH=112.2円程度

☆チューリッヒ空港マスターカードキャッシング
8/13 105.9156
☆グリンデルワルト マスターカードキャッシング
8/16 106.3493

☆VISAカード クレジット利用
108円前後

キャッシングはATM利用料が日本円で210円かかるから、小額を何度もキャッシングするともったいないけど、それでも無駄に大金を持ち歩かない方がいいし、足りなくなりそうになったらどこでもいつでも両替できるのはありがたい。やっぱりキャッシングだな〜。
大した買い物をしなかったことを考えると、キャッシングして現金払いすればよかったかも。
最初からキャッシングのつもりで日本で両替はしなかったけど、もししてたら6円の差って結構大きいよね。

スポンサーサイト

category: swiss

tb: 0   cm: 2

2013夏休み-ホテルのこと  

個人旅行なのだから、本当は一か所に泊まって気軽に日帰り旅行をする!というのが理想だけど、今回はなんと4つも渡りあるいてしまいました(^^ゞ。たった5泊の旅なのに・・。
私はともかく同行の母が大変だっただろうな・・と、ちと反省。

1.Hotel Continental Zurich - MGallery Collection スタンダードルーム ~チューリッヒ
チューリッヒ空港到着が19時の予定だったので、いくら電車が遅くまでしかも正確な時刻で動いてる!といっても移動距離や疲労を考えてこの日はチューリッヒ泊。空港からタクシーで15分ほど(60フラン)で到着する中央駅から徒歩5分くらいのホテルです。賑やかな通りの方ではなく、良く言えば閑静な川沿い(笑)。寝るだけですから十分です。到着した時、日本から家族旅行でいらしていた方がチェックイン中。ロビーには地球の歩き方の忘れもの(笑)。欧州のビジネスマン風の人も見かけたので日本人だらけ、、ではないでしょうけどちょっと安心します。
電気ポット、スリッパをはじめ必要なものは全部あり!そういえばこの部屋、3つのベッドがあったな。


2.Hotel Aristella Swissflair スーペリアダブル(マッターホルンビュー)~ツェルマット
駅から徒歩12分程度の、これこそ閑静でこじんまりしたホテル。賑やかな通りを超えて川を超えてすぐのところにある新しいホテルです。ツエルマットは自動車の乗り入れ禁止地区で、馬車か電気自動車しか通れませんが、ホテルまでの送迎サービスがあるので荷物があって歩くのが面倒な場合には利用すれば問題なしです。歩いても何の問題もありませんけど。2010年に出来たばかりのホテルは清潔感溢れる山小屋風。



最上階(4階)の部屋にはバルコニーがあり、そこからマッターホルンがどん!ベッドに横になってもどん!と見える素晴らしさ。この町にはマッターホルンですからそういう意味でも大正解。

ここにも電気ポット、スリッパ、バスタブ、タオルウォーマーなどなど全てが揃っていて快適この上なし。小さいながらスパもあり(水着必須)山登りで疲れた体をほぐすこともできました。ダブルルームですがシングルベッド2台がくっついている状態なので気分的にほっとします^^


3.Hotel Caprice スーペリアダブル(アイガービュールーム)~グリンデルワルド
駅から一番近かったのがここかも。しかし急坂を登り切る必要あり(^^ゞ。この坂がかなり難儀なうえ、ようやく到着したホテルにエレベータなし(がーん!)。そしてこういう時に限って最上階(ここも4階、、というか5階)。ホテル自体は山小屋風の可愛らしさがありスタッフも親切なのだけどスーツケース引きずる人にはちょっと不向き。
CIMG5646.jpg
CIMG5660.jpg

朝食は7:45からと山登りしたい人には遅いし、夕食は19時前にコース料理を予約しないと中で食べられず、それもちょっと・・。バスタブあり、バルコニーからアイガーやユングフラウは目の前にどん!とみられるけど電気ポット、スリッパ、金庫(あったけど壊れてた)なし、WIFI は有料(ホテル内に自由に使えるパソコンが1台ありました)と他に比べ少し設備面で落ちます。(そのくせ一番室料が高い泣)。鍵も昔ながらのもので使いにくかったな。。部屋やスタッフがいいだけに少し残念。ま、選んだのは私だ・・



4.Hote Opera プレミアムダブルルーム ~チューリッヒ
帰国前もチューリッヒ泊。最後は少し優雅に、、とチューリッヒ湖がみえる景色、オペラ座近く(見ないけど)のホテルにしました。中央駅からタクシーで20フランほど。歩くと30分くらいはあるかな~。部屋は可愛らしく機能的。デザイナー系でしょう。部屋からのビューはチューリッヒ湖がほんの少しだけみえる(^^ゞ。
CIMG5814.jpg

ここも設備的にはなんの不満もありません。朝食は美味しいし!夕食は目の前の同名レストランで食べることが出来、ここを利用するとシャンパンサービスがあります!またロビーにはいつでも自由に飲めるようアルコールからコーヒーまでが準備されていて、コーヒー、紅茶類は無料、アルコールは有料でした。レセプションにはフルーツとウェルカムドリンクがいつでもあります!

空港までタクシーで移動して20分くらい(60フラン)。夜酔っ払いながらコーヒーを飲んでいたら、レセプションのおじさまに、チョコレートは好き?と聞かれて、もちろん!と答えたら、文字通りどっさりのチョコレートをくれましたよ♪ 


4か所ともバスタブつきかつハンディシャワーで良かったのだけど、ホテルオペラのシャワーの切り替えがちょっとわかりにくく・・・。私がシャンパンで酔っ払って寝てる間に髪を洗いたかった母、、、苦労の末結局使い方がわからずバスタブの蛇口に頭を近づけ無理やり洗ったんだとか。お、起こしてくれれば・・。

それでも選んだホテルはどこも清潔で快適、スタッフもみなフレンドリーで親切だしいうことなしです!

category: swiss

tb: 0   cm: 0

2013夏休み  

今年の夏休みは、母と「本物のアルプスへ(笑)」。
日焼け止めとリップクリーム、眉少々以外は化粧もせずに過ごした1週間でどうやら日に焼けたっぽい。湿度は低く気温も低いけど、日差しは強烈。汚れのない空気を突き刺す太陽が、、。
演奏会もオペラも美術館もなし。ひたすら避暑地でリフレッシュ。
いい夏休みでした~♪

ウィーン経由オーストリア航空でチューリッヒ着。ホテルチェックイン後最初の写真。20時すぎ。


翌日からは、素晴らしく快適な鉄道の旅。スイス国内、ドイツ、フランス、イタリアなどへの長距離線も走る鉄道は正確でほぼ時刻表通り。団体さんや予約が必要な有名な特急には乗らず、何があっても振替られる普通の特急とローカル線の旅は気楽。実際いきなり予定の電車に乗り遅れたしー笑。


ツェルマットへ向かう途中で下車観光。首都ベルンは大工事中というので飛ばしてトゥーン湖が美しい小さな村トゥーンへ。


無音の中、カランカランとカウベルの音が?音の方をむくと羊と牧羊犬!!
CIMG5535.jpg

ほんの少しだけハイキング(1.5時間ほど)。登ってきた白人カップル、少し先を歩いていた日本人カップル、写真だけ撮って電車にのった中国人カップル、この3組だけにしか会わなかったよ、、。
CIMG5524.jpg

午後から富士山より高い、マッターホルングレシャーパラダイスへ。ケーブルカー乗継で40分ほどで山頂に到着。
激しく晴れ!遠くにモンブランまで見える~。しかし高すぎて酸素が、、頭痛が、日差し強過ぎで顔がいたい、、(笑)


こちらはユングフラウヨッホ駅からエレベータで上がったスフィンクステラスから眼前に迫るアレッチ氷河。足下網目の展望台でぞわ~w。


アイガー!
CIMG5702.jpg

展望台へはこんな電車で。車内放送は5カ国語くらいあって日本語はペーター!!


CIMG5750.jpg

牛!?線路そばまで来たのは馬と牛とヤギ。。笑
CIMG5745.jpg

エーデルワイス!?
CIMG5653.jpg

乗換駅のシュピーツ。海のように広いトゥーン湖。紺碧で透明で美しい~
CIMG5632.jpg

チューリッヒ湖は大変なにぎわい。
CIMG5820.jpg

帰りのオーストリア航空機内から。

category: swiss

tb: 0   cm: 0

2013夏休み-マッターホルン20連発!  

1.ツェルマット到着後、初写真。頂上に雲が~(涙)


2.同日19時頃、頂上から雲が消えた!もうひと息!


3.翌朝サンライズツアー登山鉄道内から。暗闇にぼんやり・・


4.登山鉄道内から、その2。蒼白く、、ワクワク。
CIMG5408.jpg

5.ゴルナーグラート駅サンライズ直前。ワクワク


6.朝焼け来たー!快晴だー!


7.太陽来たー!


8.リッフェルゼー湖にうつる逆さマッターホルン。独占。


9.マッターホルンと羊(と牧羊犬、、ヨーゼフ?(笑))


10.ツェルマットから今日のマッターホルン。ピカピカ


11.ホテルのベッドに横たわってもこの景色(感涙)


12,マッターホルングレッシャーパラダイス展望台(3820m)からのマッターホルン
CIMG5567.jpg

13.グレッシャーパラダイスへのゴンドラ乗換駅、トロッケナーシュテークから。ひゃっっ。
CIMG5549.jpg

14.ホテルバルコニーでコーヒー片手にサンライズショー待ち。


15.朝焼け始まった(≧∇≦)

16.どんどん赤く染まる・・

17.空も輝いてきた!


18.今日も快晴!


19.村から3分ほどで到着するスネガ展望台(2288m)。全身のマッターホルン。雄大だ・・。
CIMG5600.jpg

20.スネガからマッターホルンとパラダイス(という名のレストランw)!
CIMG5609.jpg

(番外)
つれて帰ってきたヨーゼフとマッターホルン(笑)
CIMG5832.jpg

category: swiss

tb: 0   cm: 0

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。