凛・華・麗・美・優 ホーム »vienna
カテゴリー「vienna」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2012年は音楽とアート三昧で。  

2012年のGWは音楽とアートな時。場所はウィーン。
通常GWに行っても聴けないBPOとVPOのダブルに生誕150年のクリムト記念イヤーにちなんで、好みを越えて全部堪能!いろいろなものを短期間に吸収して、思うことはそれぞれにあるけれど、ほんとーーに満足、贅沢、幸せな休暇となりました。
NYでもこんなに毎晩出かけないのにねぇ 笑。充電完了!
IMG_2120.jpg

5月2日
1600 定刻より10分ほど早く到着。いきなり30度超えの洗礼を受ける。

1930 Berliner Philharmoniker  Gustavo Dudamel
   Musikverein Großer Saal  
    Ludwig van Beethoven (1770-1827) :Symphonie Nr. 5, c-Moll, op. 67
    Richard Strauss (1864-1949) :Also sprach Zarathustra,op. 30
   ガリガリっと元気と若さ溢れる男性的な弦とドゥダメルの予想以上に気まじめで控え目な指揮ぶりを
   2列目かぶりつきで見上げながら堪能する。
   到着日でも寝る心配なしの超有名曲、運命と2001年宇宙の旅の冒頭で有名になったツァラトゥストラ。

   終演後、初めましての現地の方とおしゃべり

5月3日 
 小雨、霧雨が降ったりやんだりの午前中、午後からはすっかりいい天気に。

1000 Secession クリムト作ベートーヴェン・フリース堪能。
   期間限定で足場が組まれているので目の前で観ることができました。
1100 レオポルト美術館 クリムトの素顔ー絵画ー書簡―内面
   有名な作品たちの印象からは遠く離れた素顔に触れた部分と、20年にわたる奥さんとの手紙の
   やりとりをじっくりみる。クリムトだらけの中でここが一番印象深いです。
   その後MQもふらふら。コシイタイ。アシイタイ。

1930 IL BAEBIERE DI SIVIGLIA STAATSOPER  
     ここで、観に来ていたガランチャに遭遇♡
      
5月4日
1000 美術史博物館 
    ここも普段は見上げる天井近くのクリムト画をまじかで見られるように足場が組まれていました。
   2年前とは展示場所が少し変わって見やすくなったような・・。
   1階のエジプト関連から3階のハプスブルグ家のメダル、コインコレクションまで3時間たっぷり観賞。
   腰イタイ、アシイタイ・・。
1300 アルベルティーナ
   ここはクリムト、印象派と盛りだくさん。クリムトはエロい素描画山ほどでした 笑。
   それはともかくその中に唯一といっていいほど清涼感あふれるロミオ(ブルグ劇場用に描いたと
   されるもの)が美しくてしばし見とれました。
1600 カプツィーナ納骨堂 
    ハプスブルグ家の12人の皇帝と16人の皇后を含む144体の遺骨を納めた石棺が安置されている場所。
    20年ぶりに訪ねてみました。
    2011年7月になくなったオットーさんが一番新しい仲間・・・。
1900 CAVALLERIA RUSTICANA/PAGLIACCI (STAATSOPER)

5月5日
お買いもの、ナッシュマルクトとのみの市も冷やかしてみる。
午後Sさんがパリから到着。
1700 DON CARLOS フランス語5幕版 STAATSOPER
    2230までのロング。
    去年MET来日公演で代役できてくれたヨン様アゲイン。いい人だった~笑。

5月6日
1100 Wiener Philharmoniker 指揮 Riccardo Muti
    Singverein der Gesellschaft der Musikfreunde in Wien
   トランペット Hans Peter Schuh
    Antonio Salieri (1750-1825): 
     Lob der Musik - Kantate für Chor und Orchester
     Venite gentes - Cantate Domino - Kantate für Chor und Orchester
    Joseph Haydn (1732-1809)
      Konzert für Trompete und Orchester Es-Dur, Hob. VIIe:1
    Franz Schubert (1797-1828)
      Symphonie C-Dur, D 944 "Große C-Dur Symphonie"
    やはりウィーンだからウィーンフィルを聴かねば!やっと聴けた(感涙)
    BPOとはまるで違う上品な音、ムーティの鋭角な鼻をまたも2列目から見上げる。
    太陽の光が差し込む黄金のホールに響き吸収される美しい音。テレビで見慣れたお顔の皆さん。

1400~ 現地の方に案内してもらい思いがけず郊外まで。天気はいいし!
     と思ったら17時過ぎに夕立のような激しい雨。
    
1930 Musikverein Großer Saal
    ソプラノ Anna Netrebko
    ピアノ Daniel Barenboim
      Lieder von Nikolai Rimgkij-Korsakow
      Lieder von Peter Iljitsch Tschaikowskij
クラシックマチソワ(笑)。
私にとってはおまけの一品です、はい。

5月7日
ミュンヘン経由で帰国の途へ。
5月8日10時 成田着 久しぶりに航空会社ベア仲間入り♪
IMG_2118.jpg

コンサート、オペラの感想はまた後日(たぶん)
スポンサーサイト

category: vienna

tb: 0   cm: 0

ウィーンの街かど ほか  

今回は室内活動が多くてあまり写真を撮っていないので少しだけ。
IMG_1986_convert_20120513131518.jpg
相変わらず修復中のシュテファン寺院。ここはいつでも大変な人ごみです。青空が眩しいわ~。
寺院前の広場にはこんな人が!右手の棒以外は完全に浮いてます(*_*)
IMG_1990.jpg
こんな人も。
IMG_2006_convert_20120513125216.jpg
近くで見てもどうやっているのかまったくわからず不思議~を連発してました>私(^^ゞ。

IMG_2014.jpg
スペイン乗馬学校の脇を通ったら、ちょこんと顔を見せていた白馬。まさに白馬!
CIMG5251_convert_20120513131113.jpg
CIMG5258_convert_20120513132640.jpg
美術史博物館内。クリムトイヤーなので、天井画を間近でみられるようこんな足場が組まれていました。
ここは簡易の足場なので、誰でも登れますが人数制限あり。上る時に番号札を渡されます。
そして間近での撮影禁止。むむ。
なので、降りてから撮ってみました。とおい~~~(笑)。

IMG_2012.jpg
ガイドブックによく載っている博物館内のカフェ。3階まで登って撮ってみましたよ。ぜーぜー。
CIMG5239_convert_20120513131034.jpg
金色のキャベツの別名を持つセセッション。ようやく行けました。
CIMG5266_convert_20120513131156.jpg
他の美術館に比べて現代的な作品展示が多いアルベルティーナ。今回ここの企画展は盛りだくさんで、クリムトの素画、印象派、ピカソなどなど。
IMG_2013.jpg
入口への階段がこんな風に。

IMG_2050.jpg
ちゃんとモーツアルトにもごあいさつ。今回は裏側に回って父、姉と一緒に音楽会の図を撮ってみました。
IMG_2061.jpg
これは楽友協会前にあるインペリアルホテルの入口。
通称「カラヤン口」というんだそうです。楽友協会の楽屋口からこの入口まで30歩くらいなので、演奏が終わるとここを通ってお部屋に・・の巨匠たち。
IMG_1984_convert_20120513125329.jpg
あちこちで盛り上げているので、私も記念に食べてみました。クリムト接吻ケーキ(笑)。
半分くらいまではチョコとビスケット(かな?)の感触が絶妙で美味しくいただきましたが、最後の方は気合で食べきりました!(笑)。ウィーンのケーキは概して大きくどっしりしているので、一人でひとつを食べるには気合がいるのです。

CIMG5269_convert_20120513132700.jpg
地下鉄に乗ってちょっとだけ散歩。こういう妙な建物があるのもウィーンなんだなぁ。

CIMG5274_convert_20120513131222.jpg
晴れた土曜日のフリーマーケット。ま、ガラクタ市ですな。
誰が買うの?と思うような本当にガラクタ(壊れた携帯や水道管やらボロボロの衣類やら・・)からそれなりに価値のありそうな絵画や器など盛りだくさん。私は目が利かないのでこういう場所は雰囲気をみるだけです。
若者たちが水道管みたいなものや、さびた工具のようなものを喜んで買っていたのが印象的。
あ、私はここでぶらさがってた鮮やかなスカーフを2本。1本5ユーロでしたがどの色にしようか迷っていたら、2本5ユーロでいいわよ~ということで2本お買い上げ~(笑)。

IMG_2076_convert_20120513124432.jpg
そして爽やかに晴れあがった日曜日の午後、Twitterでやり取りをしていた現地の方のご厚意により車で30分ほど走る郊外カーレンベルグに行ってきました。夜になると雨がふるおかげか空気がとても澄んでいて、展望台からはドナウ川、ウィーン空港、シュテファン教会、シェーンブルン宮殿などが一望できます。
ちょっと緑が恋しくなっていた私には嬉しいひと時。コンサート後ヒールとワンピースとまるで不釣り合いな格好で行ってしまいましたが・・・(^^ゞ

IMG_2080_convert_20120513124500.jpg
のどかな空気が流れるこの場所。近頃は日本人の観光場所からは外れてしまったんだそうです。
確かに外人ばっかり~。

そういえば、ここで化粧室に行こうと階段を降りていたら、突然地元のおばあさまにガシっと腕をつかまれ、ドイツ語で*$%&#$%・・・。一言もわからなかったけど、どうやら目が悪く足もとがよく見えないから連れてって、ということのよう。一言もわからないのに通じるんだよ、これが 笑。
戻るときも一言もわからないながら、おしゃべりしつつレストランに戻ったのだけど、どうやら息子さんがグラーツに住んでいて、歯医者さんだと言っていた。なぜ、わかる・・笑。親切にありがとね、どこから来たの?と聞かれ日本というとここだけ英語でしゃべってくれたのでした~^^。
IMG_2079_convert_20120515222948.jpg
礼拝堂。
164123_191824744167210.jpg

この後、ワインで有名なクロースターノイブルクも案内していただきました。ここは修道院とカール6世(マリアテレジアのお父さん)の居室が隣り合わせになっているとか(だよね??)、修道院自体はハプスブルク家が統治する以前に建設されカール6世の時代にこのような形になった、、と聞いた記憶(曖昧)。
今は修道院とワインセラー、そして博物館になっています。ちょうど雨が降ってきてしまったのでゆっくり見られなかったけど、次回再訪してみたい場所です。夏には中庭でオペラ公演があるそうで、それはそれでとっても雰囲気がいいんだそうです。ただし雨が降ると突然公民館に場所が変わり学芸会状態になるのだとか・・(笑)。
IMG_2110.jpg
ウイーンからミュンヘンまでの空路にて。雲の切れ間からみえた黄色は菜の花?

category: vienna

tb: 0   cm: 0

5/7 LH : VIE-MUC-NRT  

帰国便はOS直行便ではなく、ルフトハンザでミュンヘン経由です。
欧州に行く場合、乗り継ぎ、というのが特別ではないので、直行便にはさほどこだわりがありません。今回はマイルを使っての特典旅行なんで、直行便がとれなければ乗り継ぎで無問題。
当初6日現地発のミュンヘン経由を押さえていましたが、仕事との兼ね合いでギリギリまで悩んだ末7日発に変更。
この便も直前まで特典で取れたのでそこそこ空席があるだろう、と思っていました。

到着時に予約したエアポートリムジンサービス(タクシー)はきちんと10分前にはホテルに迎えに来ていて、20分程度で空港に到着。すでにモバイルチェックイン済みの私は免税手続きの窓口に向かいましたが・・しかしクローズ(:_;)。 ったく仕事しろー(笑)。
しかたなく手荷物にしてスーツケースを預けます。

それにしても便利な時代になりました。
iPhoneに航空会社のアプリをダウンロードしておけば、PCを持参しなくても、プリンターがなくても、事前にチェックインができ、そのままアプリ内に航空券も格納されます。この航空券はOSもLHもオフラインでも表示ができるすぐれもの。
余裕をもって空港に行き、カウンターに並ぶ、というのもいいですが、余裕を持っているはずでも交通事情やなんらかしらのトラブルに巻き込まれる可能性はあるので、事前にチェックインをしておく、というのは精神安定上非常に良いなと個人的には思います。

しかし、まだまだ航空会社によってシステムにばらつきがあるので、使えるとこ、使えないとこがありそう。当分は併用になると思うけれど、そう遠くない時期にこちらが主になるのかな~。
現在は、システムエラー頻発だったり、オフラインでは使えないこともあるので、100%信頼できない。
なので、今回も念のためスーツケースを預ける際に航空券を印刷してもらいましたが、二重三重の準備ができるのはありがたいことです。

これさえあれば搭乗口でこのモバイル航空券のQRコードをピッとかざせば完了なんですから。


身軽になってちょっとフラフラしたあとヒマなんで、OSのしょぼいラウンジで休憩。何気なくインフォメーションをみてみると、OS直行便にディレイの表示(@_@;)。なんと6時間遅れです。
ひ~~。OSは早朝に到着予定なので、6時間遅れても昼過ぎには着くのですが、心臓に悪いわ・・。
こうなると最初から直行でなく乗り継ぎを選ん自分をほめたくなります・・。(単に空いてなかっただけ(^^ゞ)

VIE-MUCは45分ほどのフライト。それでもちゃんと軽食がでました。なくてもいいレベルですが・・(^^ゞ

IMG_2109_convert_20120513131714.jpg
これ、不思議な味でほとんど何も食べませんでした。左端はヨーグルトムースですが、その上になぜかバター直置き(笑)。不思議~。
IMG_2112_convert_20120513124740.jpg
この色のコントラストが素敵でずっと眺めてましたがあまりにあっという間・・。

ミュンヘンに到着後、免税手続き。大した買い物をしていないので、還付もたった12ユーロなんですが(笑)。それでももらえるものはもらいます。現金でもらって終了。
ウィーンよりは広いけど、わかりやすくこじんまりした空港内を少し散策してまたもラウンジへ。

時間には十分余裕があったはずなのに、搭乗してみるとまたもラス前(^^ゞ。す、すみません。
しかも自分の座席には見知らぬ女性が座っています。
あれ??
すぐに動いてくれたのだけど、聞いてみると、元の席は1つ前の窓側だったらしいのですが、ご夫婦で来ている人に代わってほしいといわれて動いたのだとか。そうでしたか・・。
ということで、ここからこの女性の気さくでフレンドリーさになごみ、すっかり意気投合して搭乗時間の約半分はずっとおしゃべり。何度も飛行機に乗っていますが、こんな風になるのは初めてでした。ローマとモナコに行っていたという彼女。おすすめのレストランを紹介してもらったりモナコの魅力を聴いたり、ウィーンでのオペラ話を語ったりとロングフライトがまったく苦にならない時間になりました。
Facebookをやっている、というので、帰国後お友達申請!
これからもよろしくお願いします。なのです。

それはともかく、こちらの機内食は微妙、、というか微妙以下かも(-.-)。
シートも改良されたらしいのだけど、動きが微妙でなかなかいい位置で止められない・・。うーむ。

IMG_2114_convert_20120513124808.jpg
無難そうなサラダ。これまま~ま~。今回1日おきにサラダを山盛り食べてたなぁ。
IMG_2115_convert_20120513131758.jpg
これが一番微妙。メインです。
クリームパスタと書いてあったんだけど、お焦げソースですかね・・?
IMG_2116_convert_20120513131739.jpg
デザートのフルーツも固くて微妙ならパンナコッタもなにこれ?状態。
お隣さんと一口食べるごとに顔を見合わせて苦笑。

定時運行してくれたからそれでいいんですが、Cクラスを堪能!とは行かなかったかな。
到着後降りる時もまだ下りる準備をしているのに、エコノミーの人がどんどん流れ込んできて通路をふさいでしまう雰囲気も・・・。
それでも体を伸ばして帰ってこれたのだから良しとしますかね。

category: vienna

tb: 0   cm: 0

Derag Livinghotel City Apartments Wien  

今回泊まったのは、楽友協会までまっすぐ1本道でヒールでノロノロ歩いて5分、オペラ劇場までノロノロ歩いて3分、カールスプラッツ駅まで20秒という素晴らしい立地にあるアパートメントホテルです。
ギリギリまで準備をしていても間に合うし、終演後遅い時間でも安心して帰ってくれる場所ですよ。

十分な明るさと広さ、フルキッチン、食器、調理器具、食洗機までそろったお部屋は快適そのもの。アメニティは、石鹸とボディシャンプーがあるだけでタオルはたくさんといった感じ。ま、アパートメントホテルだから十分かな?初めからわかっていたので、シャンプーやら歯ブラシやら必要と思われるものは持っていったので何の問題もありませんでした。
アパートとはいえ、ホテルなので、ちゃんとフロントもあり、セキュリティは大丈夫そうでした。
が、24時間いるはずのフロントは時々不在で(笑)、時々頼りなく、問題がゼロなわけではないけれど、ある程度のホテルでも問題がゼロではないので(ほら、こないだのNY・・・)、この程度は許容範囲かな。

強いて言えば、部屋の出入り口の扉が建付け悪く、毎回締める時に思いきりひっぱらなくてはいけなかったので、その都度爆弾落としたかの如く建物中に爆音を響かせてしまったこと・・。これは私の問題ではないのだけど・・笑。
あとは、、エレベータのある場所が暗くて狭い。3人乗りと書いてあるけど一人とスーツケースでいっぱいでした。これもアパートと思えば普通に風情があるし、当たり前と思えば当たり前の作り。2段くらい段差があったりもしましたが、これも元がアパートだからねぇ。
そういうことを承知で泊まればな~~にも問題ありません。とてもいい場所だし快適だし、そんなに高くないしね。

CIMG5229.jpg
CIMG5233.jpg
CIMG5232.jpg
CIMG5231.jpg
あ、そうそう掃除は週2回だそうです。
私の滞在中は、到着日はキレイになっていて、その翌日、それから帰国日にお掃除が入りました。
途中Sさんが到着する前に掃除が入ればよかったけど・・・頼めばやってもらえたかもしれませんが、、ゴミだけ捨てときました♪

category: vienna

tb: 0   cm: 0

5/2 NRT-VIE   

久しぶりにマイル消化のCクラス♪
到着日の夜にコンサートがあるため、OS直行便しか選択肢はなし。直前まで特典で取れる状態だった通り機内はガラガラ。全7列分のうち前半5列のみを使用し、2-3-2の配列を仲間がいる人以外はすべて隣空席状態にしてくれる華麗な対応(笑)。本当にゆったり快適な往路でした。久しぶりのCクラス堪能♪
IMG_1961_convert_20120513123440.jpg
木目調とは他の航空会社と違って落ち着いていて素敵。
そんなにギリギリだったわけじゃないのに、気づいたら最後の一人に・・(大汗)。機内入口についたらウィンナーワルツでお出迎え♪すみません。。
ウエルカムドリンクはオレンジジュースに。めちゃくちゃ笑顔のみなさんにお出迎えされ汗汗。
そして飲めない癖にボトルが運ばれてきたのをみたら、「シャンパンプリーズ」とつい(笑)。
CIMG5212.jpg
食事はすべてレストランのようにワゴンでサービスでした。Do&Coというウィーンの高級レストランのシェフが調理しサーブしてくれるのですが、なんとも若くてかわいいお兄さんでした。味は・・特別・・・ですが普通に美味しかったです^^
ガラガラだったせいか、和食だの洋食だの、、という細かいことはさておき、ワゴンで運ばれてくるすべての中から好きなもの、食べたい物をどれでもチョイスさせてくれます。
この時点ですでに酔っ払い気味の私(^^ゞ
CIMG5215.jpg
CIMG5216.jpg
CIMG5218.jpg

CIMG5219.jpg
帽子のお兄さんがシェフ。本当に真っ赤な制服のアテンダントさん。女性はタイツも靴も赤です。
CIMG5228.jpg
OSの特徴はコーヒーだけのメニューがあることかな?さすがウィーン。アルコールのはいったもの、クリームたっぷりなもの、ミルクたっぷりなもの、、と全10種類以上。とにかく酔っ払いだったのでたくさん飲みたくて大きなグラスでサーブされるカフェオレよりミルク大目な(名前失念)ものをオーダー。「飲みきれなければ残していいですよ~」なんて心配されましたが完飲(笑)
CIMG5224.jpg
チーズ、フロマージュ、マフィン、タルト、フルーツ~・・・そしてシシィケーキと運ばれてきたデザート。もちろんシシィケーキを。
CIMG5223.jpg
朝食はやや微妙。
CIMG5226.jpg
CIMG5227.jpg
オレンジジュース、シャンパン、500mlボトルの水2本、日本茶2杯、コーヒー、カフェオレ、オレンジジュース・・とたっくさん飲んでたっぷり寝てたらあっという間に到着。
ガラガラだし静かだし大変快適でした。
定刻より10分ほど早い到着でほっ。

category: vienna

tb: 0   cm: 2

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。