凛・華・麗・美・優 ホーム »Hong Kong
カテゴリー「Hong Kong」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

記念の週末香港遠足〜   

今年も冬の香港にいってきました。
最大6人の旅でしたが、誰一人として往復の飛行機が同じでない、、という大人の旅。
これができる素晴らしき仲間たち。
香港は近いし、普通にたっぷり遊べるので、弾丸というより週末遠足のよう。

金曜日仕事を終えて深夜便にて。
深夜便は眠れるのがいいのだけれど、香港はそうするには近すぎて、、実質2時間ほどの睡眠。
深夜4時頃朝ごはんですよ~と強制的に起こすのは勘弁してほしいわ~(^_^;)

旧正月を来週に控え、空港をはじめ各地は正月モード。とり年ですね~

空港で、プリペイドSIMを購入して入れ替えたり、楊枝甘露ジュースを飲んだりしつつ始発まで時間つぶし。S1バス→東湧駅→地下鉄→上環駅のコースで移動。先発隊のお部屋に凸撃。・・・しようと思ったら、なんと駅までお迎えに来てくれました♡。熱烈歓迎w

最上階のデラックスルームは大きな硝子張りの部屋。決して広くはないけれどキッチンつきで十分な設備とおしゃれなデザイン。次回はここに泊まろうかしら。。

屋上にあがったら、涼しくて快適(^^)。やや曇り空ながらリゾート気分を♪

ここでさらに先発隊がお粥を買ってきてくれて朝ごはん。ありがたや~
その後今日の行動を打ち合わせ、6年ぶりにマカオに行く事を決定。フェリー乗り場近いし、お天気いいし。

9:35のフェリーで行き、16:00のフェリーで戻りました。
入国も出国も混んでいなくて、このくらいなら快適ね。湿度が低いので散歩日和だったけどとにかく日差しが強くて参った・・・


ノドからからで飲んだ、タロイモ入りジュース。タロイモだ~(笑)。

マカオ行こうかなーと急に思ったのは出発日会社帰りに見たこのポークチョップバーガーか美味しそうだっから(単純)
骨つき肉をシンプルに揚げて挟んであるだけ。シンプルだからこそ、うまー( ◠‿◠ )

日焼けと部屋からの夜景を確認したあと記念日ディナーへ。

そうそう、お椀にビールなのよね、、乾杯!
この日仕事を終えて到着した友人が途中から合流して全員集合!

パリパリ美味しい~

その後お気に入りの佳佳甜品にてスイーツ。ミシュランの星とったそうですよ。去年より場所が移動して2階まであった!



翌日はさらによい天気。風もほぼなく気持ちが良い。そうだ、冬の香港ってこうだよね~。

そして全員集合の飲茶朝食はここ。
飲茶こそ大勢で食べると色々なものを試せていい。ワゴン式(10時以降)のアトラクションを楽しみつつあれこれあれこれ。
ここでコアタイム終了。それぞれのスケジュールで帰国の途へ。

何をするということでもなくスターフェリーに乗ったり

プールサイドに行ったり。。とだらりと過ごしたあといよいよ本来の目的、ジークフリートの旅へ。

香港フィルが4年かけて完成させようとする気合いを感じる。来年が最終章。

空港でこの旅食べていなかったエビワンタン麺。軽くオペラ打ち上げもしつつ、札幌、大阪、東京と最終組もバラバラに帰国の途へ。

香港発0:40、羽田朝5時着。
久しぶりに窓側にすわり、窓の外を眺めたら。
定刻に着陸。
始発まで時間があるので、しばしまったり。
そして旅は終了。
みなさんありがとう~。そしてお疲れさまでした。

香港でカモネギ捕まえた。
スポンサーサイト

category: Hong Kong

tb: --   cm: --

2016香港・冬弾丸  

土曜深夜から日曜夕方までの1泊香港の旅。
香港エクスプレスのセール(帰国便10円)で確保した航空券は、17,130円!!
LCCなので、何もないけれど(機内食、飲み物、毛布、枕、預け荷物すべて有料)、深夜は寝るだけだし、2度目利用なので寒さは自己防衛すれば大丈夫。狭いけど。。

購入時は、0:50発の予定だったけど、2か月ほど前に時刻変更で23:55に。デモ当日やっぱり0:55発ね!ということに。
23:55-4:00香港なんて、何もできないし、動いてなくて困るので、ディレイ歓迎w



なんやかんやで6時頃入国し、AELで九龍まで。
そこから無料シャトル(K1)にのってジョーダンへ。降りたバス停からホテルまでのこのこ徒歩。


とにかくお腹すいたので、近くで早茶。キラキラだわ~


早茶なう~、なんて呟いたら、時差1時間の日本から「タロイモの包み揚げ食べて~」とりプが。。
それ、知らない!!漢字プリーズ。

あった!早速オーダー。凄いな、ツイッター\(^o^)/

おおおおおおっ。

ん?やや不思議な味ながら、中の餡(甘辛ふう)が美味しい。こういうのも旅の楽しみ♪

香港の朝(特に週末)は遅いので、スーパーすらあかないし、、街市を散歩。
これなんだろう、、と呟いたら、リンゴみたいな、スターフルーツみたいなさっぱり系なフルーツなんだそう。食べてみればよかった。


ホテルに戻りつつ、友人お勧めのスイーツへ。シャッターが半分だけ上がってるけど開店前、、、(-_-;。ショウガのいい香りがするわ~。どうしよう、、いいかな?ダメかな??と1分くらい悩んだ後半分あいた隙間から店内に入っていき、ネイホウ\(^o^)/、
食べたい食べたい!(日本語)と声かけたら、準備中のおばさん、おじさんが、いいよ、いいよ~おいで~と手招きしてくれた\(^o^)/。やった、出来たてアツアツ。
つるりと美味しいゴマ団子、ショウガがパキーンと効いた刺激的なスープ。
絶対食べたい楊枝甘露の熱冷セットを一気食べ。美味しい、美味しい♡。マンゴーはあまり、、と言っていたツアーメイトもこれはいい!と楊枝甘露を即お持ち帰り♪

移転するらしい。


ワルキューレの打ち上げ。涙流した後は水分補給ねw
リクエストにより夜上海(金鐘店)へ。会場近くは満席だったので。
この写りのいまいちな野菜は、名前忘れたけど、なんか野菜食べたい、といったら、今旬で美味しいわよ~とおすすめだったので。
美味しかった

その後いつものおやじの店へ。23時までで22:35に飛び込む私。すっかり綺麗に掃除してたけど、、アイポンの翻訳で、遅くにごめんねーと言ったら、ドウジョドウジョ^^と。

駅でスイカジュースを。このフレッシュスイカ、日本にもあればいいのにな~。

ジャグジーあがりにスイカジュースと持ち帰った楊枝甘露\(^o^)/

翌朝、インタウンチェックインをすませたから、と余裕でお粥など(空港で)。あつあつ~
とかしてたら、時間なくなり、最後はダッシュ。
滑走路で1時間ほどうろうろ、遅れたな~と思ったけれど、離陸してわりとすぐに、ドスンと落ちて機内騒然、乗客を悲鳴とびかう恐怖に陥れた後ビュンと超速で飛ばし15分遅れで到着。近い香港!

LCCだからないか~と思っていたAELの割引券発見。ああ、行きに気付けば。。

この値段なら気軽に行けて良いね~。
来年は第3夜にいくわ~。大台記念込み^m^

category: Hong Kong

tb: 0   cm: 0

香港のホテル [マデラ香港]  


香港では、香港島にばかり泊まっていますが、今回は文化中心でのオペラ目的の1泊なので、九龍にしてみました。
何しろ早朝6時に到着してしまうので、アーリーチェックインしたい。1泊分払ってそれを確実にするか、チャンスにかけるか、、と悩んでいたら、ブッキングサイトに「アーリーチェックイン優先権」という特典が!!
あー、もうこれに賭けましょう(せこい)。
問い合わせたら、さすがに6時だと難しく、優先といっても9時以降あたりから、という返事でしたが、そのくらいならのんびり飲茶しているうちには入れるでしょう♪

でしたが、結果は前日満室だったらしく、優先権はむなしく、、涙。それでも12時ころホテルに戻ったら、今掃除してるので終わったら連絡するので、カフェで待ってて!とクーポンをくれたので何とかしよう、という気持ちは伝わりました。
まー、確約じゃないから仕方ない。
この小さなフロントは午後になり混雑し、結局連絡はこず、自らフロントに行き13時すぎにようやく部屋へ。



部屋は26階の角部屋。このくらい高いと眼前のぼろい建物は見えなくて都会だな~

すごく広くはないけど、十分な感じ

香港の新しいホテルは、水回りに余裕があるから広く感じます。シャワーとバスタブが別

ダブルシンクは女子ふたりには大変ありがたい!

そして、なんとジャグジーつき♪

時間がなくていけなかったけど、ここのカフェは古き良き香港の街角ギャラリーなどの置物などもあるそう。
あまり広くないけど、ゆっくりいってみたいなー。
ここの扉からでると、隣のレジデンスのロビーに出てしまうので要注意w

香港名物、ロビーにあった滑るよ注意!

場所はここ。
ホテルの前には、友人たちに評判のミシュランレストラン新斗記が、ネイザンロードを超えたところに美味しいスイーツ佳佳甜品。
AELからの無料シャトル、公共のバス亭が近く、地下鉄なら佐敦が便利でした。

category: Hong Kong

tb: 0   cm: 0

香港2015  


初香港エクスプレス。羽田発深夜1:20
LCCは初めてじゃないけれど、これは本物w。座席指定、食事、飲み物、ブランケット、預け荷物などすべて有料です。深夜で1泊なので今回は座席指定以外なにもつけないで行ってみました。座席指定は旅慣れない家族のために、、。
が、選んだ座席11番がリクライニングできないっ(涙)。壊れてたわけではなく、後ろが非常口なので(といっても後ろが広い訳ではなく普通の座席)倒せません、だそう。ただでさえ狭い機内が、、エコ慣れしている私もさすがに、、涙。


香港には朝5:10頃着。ほぼ定刻。入国ゲートに近くてこれは便利!ガラガラだし〜。しかし夏時間なのに日の出前。早すぎて時間がありすぎるので、リムジンバスでもタクシーでもAELでもなくS1バス、地下鉄乗り継ぎのスパルタで(笑)。東湧駅についたらようやく朝陽が!あつい〜



ホテルはそこそこ広さがあってベッドが3つあるメトロパークコーズウェイベイ。到着後すぐに部屋にいれてもらえてラッキー!おかげでカラダを伸ばして少し休めたわ。それにしても、、また埋め立てているわ、、そのうち香港島と九龍は陸続きになってしまうのでは?

3年前はボコボコに工事をしていたセントラルのスターフェリー乗り場に続く場所。観覧車があった!まだ完全にできていなかったけど。

ホテル屋上のプールでイルカと水浴び(笑)。今年のプール開きは早いのです。湿度高いからプールが気もちいいわ〜

初香港の人とはやはりここにいかねば!オクトパス持っていても同じラインに並ぶような案内になっていたけれど、1つ空いていたレーンを何の問題もなく通過。待ち時間ゼロです。

帰国はなかなかスリリング。
昼間のうちに九龍駅でインタウンチェックインをすませ、持ち込み荷物(衣類やおみやげ)は邪魔なので、Left Baggage serviceという手荷物預かり所に預け身軽に。
香港文化中心内コンサートホールでコンサートが終了したのが22:07。そこからタクシーで九龍駅➡荷物受け取り➡22:40発AEL➡23:05空港着➡果てしなく遠いターミナル2のゲート514まで小走り➡23:22ゲート着搭乗

ゲートクローズが23:20だったのでギリギリセーフでした。ふ〜。ゲートに到着した時にはまだ搭乗の列ができていたのでほっ。インタウンチェックイン出来てたので少し安心してたもののきわどかったな〜。

帰りは3時間半のフライト。短すぎて寝る暇なし💦。
羽田着は朝4:40。こちらも日の出寸前。入国審査抜けて外にでたのは5時少し前だったので始発にはまだまだ時間があり、、十分すぎるほど余裕ありました。結局始発のバスで自宅には6時半前に到着。
1泊2日の旅だけど、日の出から日の出までたっぷり二日あるので十分楽しめるわ、この便。その分疲れるけど、、。

というわけで、熊猫クッキーをお土産に出社。
今回これ1つしか買わなかったわ(笑)

category: Hong Kong

tb: 0   cm: 0

香港の2つのホテル  

今回泊まったホテル2つ。
カオルーン・シャングリ・ラとコンラッド香港。
エリアとしては香港島ラブな私はこういうことがなければ九龍サイドには立ち寄ることもなくなったのでいい機会でした。
私の希望で一つはハーバービュールームを選択。

2つとも世界のホテルチェーンで少しいいブランド。
どちらも会員ですらない一見さんとしてホテルサイトから予約です。(ですが、この予約を機に一応会員登録もしてみました。あんまり使わなそうだけど(笑))

カオルーン・シャングリ・ラはデラックスハーバービュールームを3人で、コンラッド香港はエグゼクティブツインピークビュールームを二人ずつ2部屋を予約です。
ネットで予約をすること自体は何ら問題はなく、英語のページしかなくてもホテル予約なら何ら問題はないのですが、今回は面白いことがありました。

まずシャングリラ。
ネット予約は特に問題はなく、3日ほど前に3人のフライトナンバーと到着時間、チェックインは私ではなく一番につくひさんがする旨を連絡しました。するとすぐに返事がきて、すべて了解した!とのこと。いい感じです。
私たちが夜到着した時もすぐに鍵をくれ何の問題もなく過ごしました。

チェックアウト後、コンラッドに到着したとき、むさんがクローゼットにシャツを忘れたことが判明し、すぐにホテルにメールしました。明日取りに行くからと。
すると、ブルーシャツですね、確かにありましたので預かっています、いつでもどうぞという返事。ふむふむ。
翌日受け取りにいくと、きちんとクリーニングされ、ビシッとアイロンがかかりきちんと仕上がった状態でスタッフが手渡してくれたそうです。
こういうところが少しいいホテルの素晴らしいところですね。印象がぐん!と上がりました。

そしてコンラッド。
ちょうど汐留のコンラッドに行く機会があったので、ホテルのパンフレットでもあれば。。と聞いてみたところ、ない、とのこと。予約センターがあるので電話で聞いてくれ、という案内でした。
ホテルのホームページは日本語もあるので、詳細がわかる!と思いきや、ある程度はわかるけどいくつかあるプロモーションの詳細になると途端に英語のみとなります。他にも詳しく情報が知りたいな、となると日本語ページは役に立たない。ならばきちんと日本語で説明を聞いてみましょう、と教えてもらった予約センターに電話をしてみました。

今回TREASURED MOMENTSというプランを利用したのですが、これがどうやらラックレートから20%引き、レストランが20%引きになるというもののようでした。電話でプランの説明を聞くと同じ説明です。うむ。レストランは全てのレストランが対象ですか?という質問には、「ホテルによって違います」という返事。ん?
香港はどうですか?と追加で聞くと「ホテルによって違うので現地で聞いて下さい」ちーん!

ネットで予約出来る人には意味ないですね、このセンター。

それでもHHオーナーにも同時になったせいか、エグゼクティブフロアにしたせいか、予約後のフォローは完璧で、確認のメール、アメニティや送迎についての連絡などこまめに連絡がありました。
事前に4人だけど3人は12時半頃チェックイン、1人はその日夜22時半頃到着予定と連絡をしておいたので、私たちが到着したときはその状況がきちんと伝わっていて、すぐに59Fのエグゼクティブフロアに案内してもらいソファに座ってチェックインができました。
その際、一部屋はすぐに入れますがもうひと部屋は準備中なので45分後に、というので、もうひと部屋はあとで鍵を受け取りますからと返事をしました。
スタッフがくれたキーケースには、きちんと****号室 むさん、ひさん、****号室 Aさん 私と手書きで書かれています。
ふむふむ。

夕方私がひとりでホテルに戻り鍵を受け取ると日本人スタッフがお待たせしました!と2枚のカギをくれました。1枚は後から到着するAさんのためにフロント預けにしようとすると、こちらに立ち寄っていただくようお伝えいただければすべて連絡が通っていますので別のカギをお渡ししますというお返事。
へ~、素晴らしい!

が、事件はこのあと起こりました(笑)。

Aさんから空港に着いたと連絡がきたので、私も部屋に戻ったのですが、Aさんがちっとも来ない、あれ??と思ったところでようやく到着。でも「聞いていた部屋番号を伝えたらあなたの部屋じゃない、と言われて違う部屋のキーをくれたのよ。こう連絡が来てると何度伝えても違うって」といういうではありませんか。
持っていたキーケースにももうひと部屋の番号が・・。
さっきまで完璧だったのに、何故こうなる?
到着時にはきちんとなっていた部屋割がなぜ夜には別に・・?

結局この混乱が最後まで続き、夜のスタッフが間違えたというのではなく、間違ったまま登録され、プールを使ったりチェックアウトをする際にも部屋番号が違う、と言われまくりました。
帰国日朝ちょっとした事件があったのだけど、その際も緊急で部屋に電話したいのに、あなたの部屋じゃないからつなげない!なんて言われて大騒ぎ(いや、小騒ぎ・・)。

困ったチャンです。

部屋やスタッフは素晴らしかったけど、こういう混乱は困りますね。













ともあれ、あまりこういうタイプのホテルに泊まらない私は、せっかくだから、と使える施設は出来る限り使ってみましょう、とケチな私は無料で飲み食いできるラウンジやスパやらプールやらをたっぷり使わせてもらいました^^。
セキュリティはしっかりしているいし、安心感のあるホテルだし、今後もチャンスがあれば是非泊まってみたいなと思っています。

category: Hong Kong

tb: 0   cm: 2

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。