凛・華・麗・美・優 ホーム »歌舞伎
カテゴリー「歌舞伎」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

歌舞伎座 [四月大歌舞伎 昼/夜]  


今年初の夏日25度超え。
絶好の観劇日和のため、マチソワですw


4月歌舞伎座、夜の部の大歌舞伎ぷりったら(≧∀≦)。
吉右衛門さんの又平が、可愛らしく、いじらしく、一生懸命で真っ直ぐ、そして暖かくて、、ただ座ってる姿に涙したり、狂言、人情ものの楽しさ満載でした。
菊之助さんはつい先日の爺さん思い出したりw。いい感じの世話女房だけどややお父さんの世話人的、綺麗だけど斜め45度の角度でみる、あご、クビ胸元のラインやセリフの肝に女性じゃなくて男性的な感覚を受けたのでした。

続く帯屋の藤十郎さん。
先月の執念しか感じない妖艶ぶりから一転、芸歴80年以上の役者ぶりには言葉わかんないけどオペラ見て感動する、に通じる感激w、人間国宝、芸の到達点、ゴールはこのような段階になってまだ見えていないのかな~。だからこそ君臨するという姿に圧倒される。あまり表情はないのに妻にも愛人にも愛や哀しみを感じるし、目にいっぱい涙をためて花道を去る姿は神々しささえ(涙)。
表情がひとつしかない、ミーキーマウスがあれだけ感情豊かに伝わるのはこれか??(絶対違う、、(笑))。
時々よろけるのが芝居なのかリアルなのか?ドキドキと。

最後に猿之助さん大充実期の圧巻の舞踊、もうあざやかでお見事!としか言いようがない。
大御所でも花形でもない、力みも背伸びも委縮もなく等身大で素晴らしい、見ていて幸せな気持ちになるんだなぁ。
盛大なドヤ顔拝んで大満足(≧∀≦)。

実の親子共演やお祖父さんと孫で恋人同士とか、、歌舞伎ならでは。
錦之助さんが登場した時、隼人くんにそっくりと息をのんだり、隼人くんが出てきたら錦之助そっくりだったり。
幸四郎さんと染五郎さんのセリフ回しやトーン、発声がそっくりでα波でたり(⌒-⌒; )、猿之助さんが猿翁さんによく似てたり、、
そういう楽しみ、繋がりが歌舞伎の楽しみなのですね。

まさにゆりかごから墓場まで、さらに子孫に受け継ぐ....

昼の感想はね、花見気分でうたた寝..zzz
遠くからみてると映像見たいに綺麗だしー。

幕間のおやつ、何時もの。

差し入れの隈取りメロンパンとこんぴらさん土産、灸まん。ご馳走様で♡

腹ごしらえはナイルレストラン、ムルギカレー。

■四月大歌舞伎
2017.4.16 11:00|昼の部

一、醍醐の花見(だいごのはなみ)
二、伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)
三、一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)
熊谷陣屋
熊谷次郎直実 幸四郎
源義経  染五郎
熊谷妻相模  猿之助

3F 2列
   
夜の部
近松門左衛門 作
一、傾城反魂香(けいせいはんごんこう)
土佐将監閑居の場
浮世又平後に土佐又平光起 吉右衛門
女房おとく 菊之助
狩野雅楽之助 又五郎
土佐修理之助 錦之助
土佐将監 歌六
将監北の方 東蔵
      
二、桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)
帯屋 

帯屋長右衛門  藤十郎
信濃屋娘お半/丁稚長吉  壱太郎
義母おとせ  吉弥
隠居繁斎 寿治郎
弟儀兵衛  染五郎
長右衛門女房お絹  扇雀
   
三代猿之助四十八撰の内
三、奴道成寺(やっこどうじょうじ)

白拍子花子実は狂言師左近  猿之助
所化 尾上右近
同  種之助
同  米吉
同  隼人
同  男寅
同  初舞台龍生
   
1F 4列   
   
スポンサーサイト

category: 歌舞伎

tb: --   cm: --

歌舞伎座 [三月大歌舞伎昼の部]  


好天の観劇日より。
今回は久しぶりに母と一緒に観に行ったため、長すぎるよね~と体調を考慮して1つ目はパス、、(後日ちゃんと見ます)。

仁左衛門さんの銀平がなんとも言えない色気と品があって素敵だった。知盛ですら気品のある貴族的な格好良さ。神々しささえ感じる、血だらけでもステキってどんなσ(^_^;)。
最後の身投げはドキドキ、少しお疲れ気味かしら。
市川右近ちゃんは1月の襲名スパルタ公演を乗り越え素晴らしい帝に、感涙
‎可愛いを連発した1月の後すぐまたこんな立派な姿を見られて嬉しいわ。頑張れー٩( ᐛ )و

みっくんのどんつく。
菊五郎さんの存在感が凄すぎたけど、これから見るのがほんとうに楽しみに。
海老蔵さんの落ち着かない、きょろきょろした不審者状態に、ああこうやって後ろでじっとしている修行がきっと足りないのね、いつも主役だもの感が漂い、、。

もう3回忌、、まだ、、という感じかな。というより本当にいなくなっちゃったのかしら、、涙。


一、明君行状記(パス)

二、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
渡海屋
大物浦
渡海屋銀平実は新中納言知盛 仁左衛門
女房お柳実は典侍の局      時蔵
相模五郎               巳之助
銀平娘お安実は安徳帝      市川右近
入江丹蔵               猿弥
武蔵坊弁慶             彌十郎
源義経                梅玉

十世坂東三津五郎三回忌追善狂言
三、神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきょくまり)
どんつく
荷持どんつく 巳之助
親方鶴太夫 松緑
若旦那    海老蔵
太鼓打    亀寿
町娘      新悟
子守      尾上右近
太鼓持    秀調
太鼓持    彌十郎
田舎侍    團蔵
芸者     時蔵
白酒売    魁春
門礼者    彦三郎
大工      菊五郎

1F 6列

category: 歌舞伎

tb: --   cm: --

11月大歌舞伎 [吉例顔見世大歌舞伎 昼の部]  

今月もマチソワ修行でお勉強です。
、、、が、いきなり遅延とか色々あり遅刻。すみません。
一緒に見る友人も同時刻に登場する仲の良さw。

というわけで2本目より。
今月は、仁左衛門さんに尽きる!
何という殿様ぶり♡ 
3階までクリアに聞こえる声と言葉。
所作の一つ一つの美しさ、動きの一つ一つにただよう色気。
今年5月から毎月マチソワして観てきた国宝級の方々から若手までのどの人より芝居が滑らかかつ凛として自然。
桜吹雪が似合いすぎるわ。
ついで右近ちゃん。

連獅子の石松で登場したときの声も踊りも所作がキレイ。板につく、というはこういうことを言うのね、、と他の人を見ながら思う。
最後に不思議な格好をした仁左衛門さんに呆気にとられていたら、舞台中央の大きなセリから上がってきたのがなんと藤十郎さん@@。
ひ~~、なんと贅沢な無駄遣いww。

加賀鳶。
なんだか退屈だな~と思っていたら、ようやく私の席から姿が見えない花道あたりに鳶衆登場。
誰?いい声誰?あ、みっくん!なんという男っぽいいい声!、右近ちゃん芯がある。。。。。。
ようやく姿がみえたところで、オペラグラスのぞいて、染五郎、松也とわかり、なるほど~。

声といえば、松也。
彼も姿の見えないところで声がいいな〜と思う人でした。ミュージカルにも出演しているらしいからかなり上手いのではないかしら??
そうそう、襲名披露公演でした。
2か月目。
月後半になり、声死亡の方が何人かいたけれど、もとの声が苦手、というのは中々辛い。
息子たちはリズム感はあるけど体幹がまだ弱いのか?ああいう型なのか?見ていてあまり美しくない踊りでした。
三男は必死に頑張ってたけど飛んでいきそうな毛ぶり、、でもまだ中学生なんですね。 
ハハメセン発動w

■歌舞伎座

一、四季三葉草(しきさんばそう)
二、歌舞伎十八番の内 毛抜(けぬき)
粂寺弾正 染五郎
秦秀太郎 松也
腰元巻絹 梅枝
小野春風 萬太郎
八剣数馬 廣太郎
錦の前 児太郎
小原万兵衛 亀鶴
小野左衛門春道 門之助
秦民部 高麗蔵
八剣玄蕃 彌十郎
     
三、祝勢揃壽連獅子(せいぞろいことぶきれんじし)

狂言師後に親獅子の精 橋之助改め芝翫
狂言師後に仔獅子の精 国生改め橋之助
狂言師後に仔獅子の精 宗生改め福之助
狂言師後に仔獅子の精 宜生改め歌之助
長楽坊 萬太郎
萬年坊 尾上右近
昌光上人 梅玉
慶雲阿闍梨 仁左衛門
文殊菩薩 藤十郎
   
四、加賀鳶(かがとび)
本郷木戸前勢揃いより 赤門捕物まで
天神町梅吉/竹垣道玄 幸四郎
女按摩お兼 秀太郎
春木町巳之助 染五郎
魁勇次 松也
虎屋竹五郎 巳之助
磐石石松 尾上右近
お朝 児太郎
数珠玉房吉 国生改め橋之助
御守殿門次 宗生改め福之助
昼ッ子尾之吉 宜生改め歌之助
道玄女房おせつ 芝喜松改め梅花
おつめ婆 歌女之丞
伊勢屋与兵衛  錦吾
金助町兼五郎 男女蔵
妻恋音吉 松江
天狗杉松 亀蔵
御神輿弥太郎 友右衛門
雷五郎次 左團次
日蔭町松蔵 梅玉
        
3等A席 3階2列




     
    
     
     
     
     
     
     

category: 歌舞伎

tb: --   cm: --

松竹大歌舞伎巡業公演 [獨道中五十三驛/「写書東驛路」Bプロ]  


もしや初めてじゃ、、、の「はやぶさ」乗って...

巡業公演、千秋楽

初日の緊張と緊迫をやや思い出しつつ、、、。
見届けたら安堵の涙が、、と思ってたけど、同じ必死さでも、観てる方に芝居として楽しませ、イキイキした道哲や弁天小僧はもちろん(ややアクシデントありつつ、まったく動じなかったわ!)、女方がとても素敵。
爽やかな色気すら感じる舞。
やや顔と首まわりがふっくらしたかな??。初めて見た日に、もうどこで襲われてきたのー😱な早替えと所作のドタバタにもかかわらず、きちんとお稽古して経験積んだら女方がいいんじゃないかしら♡と思ったのが形になりつつあった。
芸者雪乃が着物の裾を持つ仕草、、京都まではガニ股でよっこらしょ、な感じだったのに、ちゃんと内股でしなやかだった、、😭
最後のお六が花道で深々とお辞儀するときの一呼吸の落ち着き😭。
ここで、よくやったね、頑張ったね、、と胸が痛くなる涙だったのが、ここまで上手くなるのね、アッパレ\(^o^)/の高揚感。
ああこういうのが見守り隊の醍醐味(感涙)。

猿之助のばあさんも化け猫も楽しそうだし、宙乗りの鮮やかさは見事も見事。
最後にお代官さまーの登場は、ああた、、どうしてそんなに大きい顔でドヤッwwっと。
会館の響きが悪くて声がよく聞こえなかったのは残念だったけど。
この先の楽しみが出来ました。

生暖かい仙台で巡業を終えた皆さんと一緒に江戸へ。

唯一買えた名物の牛タンご飯を食べながら。
皆さんお疲れ様でした。
見守り隊上がりーー\(^o^)/

■松竹大歌舞伎巡業公演 千秋楽
東京エレクトロンホール(仙台)
2016.10.26 18:30

獨道中五十三驛(ひとりたびごじゅうさんつぎ)
京三條大橋より江戸日本橋まで
浄瑠璃 お半長吉「写書東驛路」(うつしがきあずまのうまやじ)

おさん実は猫の怪 市川 猿之助
由留木調之助

丹波与八郎 市川 猿之助

坂東巳之助13役
丁稚長吉
信濃屋娘お半
芸者雪野
長吉許嫁お関
弁天小僧菊之助
土手の道哲
長右衛門女房お絹
鳶頭三吉

船頭浪七
江戸兵衛
女房お六

重の井姫 市川 笑也
半次郎女房お袖 市川 笑三郎
丹波与惚兵衛/赤星十三郎 市川 寿猿
やらずのお萩 市川 春猿
赤堀水右衛門 市川 猿弥
石井半次郎 市川 門之助

1F13列

category: 歌舞伎

tb: --   cm: --

松竹大歌舞伎巡業 [獨道中五十三驛/写書東驛路 Aプロ/Bプロ]1  



まさか歌舞伎の巡業公演にまでいくようになるとは、、(苦笑)
でも猿之助さんと巳之助さんのダブルキャストなんて貴重なものがみられるのだから行かなくては、です。

昼はAプロ。
巳之助さんの化け猫宙乗りと猿之助さんの早変わり。

猿之助さんが自分が元気なうちに後輩に継承したい、という思いで選んだ後輩が巳之助さん。
脂の乗り切った先輩とダブルキャストだなんて巡業とはいえどれほどのプレッシャーが、、。

与八郎で登場した姿には、はっと息をのむ美しさが、、。
普段から良い声の持ち主だけど、男も女も声は素晴らしい。
タテノリの化け猫は面白く、あちこちの仕掛けに挑む必死の形相、
宙乗りというか吊られてたり、、

そして何より13役の早変わりが、、
もうもう必死に頑張った、手が震える程緊張して、それがわかるほど緊張して、誰かに教われたんかい??というほど乱れた早変わりw、元々汗かきだろうけど、もうそ汗で自分が滑るなんてこともがあったり、女形初めてらしくもう色々が必死で、、
観てるこっちまで心臓が痛くなって苦しくなって涙がでてきたよ、、。
もう本当に頑張った。
最後のお六が深々とお辞儀をするところでこちらまで落涙よ。

こんなの魅せられたらこの巡業公演、最後まで見守らねばなるまい。
急遽見守り隊結成。
25日間、最後に完成形がみられますように。

初日らしく、いろいろなハプニングがありました。
猿之助さんの早変わりなのに「坂東巳之助13役〜〜」の看板掲げてあったり、定式幕がどさっと落ちたり💦

■松竹大歌舞伎巡業公演〜入間市民会館
獨道中五十三驛(ひとりたびごじゅうさんつぎ)
京三條大橋より江戸日本橋まで
浄瑠璃 お半長吉「写書東驛路」(うつしがきあずまのうまやじ)
市川猿之助・坂東巳之助 宙乗りならびに十三役早替り相勤め申し候

おさん実は猫の怪 市川 猿之助(Aプロ)坂東 巳之助(Bプロ)
由留木調之助

丹波与八郎 市川 猿之助(Bプロ)坂東 巳之助(Aプロ)
丁稚長吉
信濃屋娘お半
芸者雪野
長吉許嫁お関
弁天小僧菊之助
土手の道哲
長右衛門女房お絹
鳶頭三吉

船頭浪七
江戸兵衛
女房お六

重の井姫 市川 笑也
半次郎女房お袖 市川 笑三郎
丹波与惚兵衛/赤星十三郎 市川 寿猿
やらずのお萩 市川 春猿
赤堀水右衛門 市川 猿弥
石井半次郎 市川 門之助

昼 11:00〜 1F 2列上手
夜 16:30〜 1F 3列上手

category: 歌舞伎

tb: --   cm: 0

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。