凛・華・麗・美・優 ホーム »2017年03月
2017年03月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

東京・春・音楽祭 [Voice n' Violin ~アンドレス・シャーガー&リディア・バイチ]  




歌を聴いてるだけで嬉しくなる。オペレッタが基にあるからこういう芸風なのね、もう楽しい(≧∀≦)
シャーガーさん、もうデレデレやん(//∇//)。鼓膜がビリビリするほど...堪能しました(≧∀≦)
1曲めのタミーノからジークフリートみたいなフルスロットルだったもの。今夜帰国なんですってね。ありがとうこざいました。

バイチさんのサクラ色のドレス、ステキだったな…꒰ღ˘◡˘ற꒱♡。一足早くサクラ咲く🌸

■東京・春・音楽祭 [Voice n' Violin ~アンドレス・シャーガー&リディア・バイチ]
東京文化会館 小ホール
2017.3.19 19:00
テノール:アンドレアス・シャーガー
ヴァイオリン:リディア・バイチ
指揮:マティアス・フレッツベルガー
管弦楽:トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア
◆モーツァルト:
歌劇 《フィガロの結婚》 序曲
なんと美しい絵姿(歌劇 《魔笛》 K.620 より)
ロンド ハ長調 K.373
◆ワーグナー(モットル/フレッツベルガー編):《ヴェーゼンドンク歌曲集》
◆サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ op.28
◆レズニチェク:歌劇 《ドンナ・ディアナ》 序曲
◆J.シュトラウス2世:小さいときに孤児になり (喜歌劇 《ジプシー男爵》 より)
◆リスト(フレッツベルガー編):
《愛の夢》 S541 より 第3番 変イ長調
《ハンガリー狂詩曲》 S244 より 第2番 嬰ハ短調
◆レハール:友よ、人生は生きる価値がある (喜歌劇 《ジュディッタ》 より)
◆クライスラー(フレッツベルガー編):
ウィーン奇想曲
愛の悲しみ
◆バイチ/フレッツベルガー編:J.シュトラウス2世のテーマによる幻想曲
*アンコール
◆ワーグナー: 楽劇「ワルキューレ」より「冬の嵐は過ぎ去り」
◆モンティ: チャールダッシュ
◆レハール: 喜劇「メリー・ウィドウ」より「閉ざされた唇に」
L列 右
スポンサーサイト

category: オペラ

tb: --   cm: --

歌舞伎座 [三月大歌舞伎昼の部]  


好天の観劇日より。
今回は久しぶりに母と一緒に観に行ったため、長すぎるよね~と体調を考慮して1つ目はパス、、(後日ちゃんと見ます)。

仁左衛門さんの銀平がなんとも言えない色気と品があって素敵だった。知盛ですら気品のある貴族的な格好良さ。神々しささえ感じる、血だらけでもステキってどんなσ(^_^;)。
最後の身投げはドキドキ、少しお疲れ気味かしら。
市川右近ちゃんは1月の襲名スパルタ公演を乗り越え素晴らしい帝に、感涙
‎可愛いを連発した1月の後すぐまたこんな立派な姿を見られて嬉しいわ。頑張れー٩( ᐛ )و

みっくんのどんつく。
菊五郎さんの存在感が凄すぎたけど、これから見るのがほんとうに楽しみに。
海老蔵さんの落ち着かない、きょろきょろした不審者状態に、ああこうやって後ろでじっとしている修行がきっと足りないのね、いつも主役だもの感が漂い、、。

もう3回忌、、まだ、、という感じかな。というより本当にいなくなっちゃったのかしら、、涙。


一、明君行状記(パス)

二、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
渡海屋
大物浦
渡海屋銀平実は新中納言知盛 仁左衛門
女房お柳実は典侍の局      時蔵
相模五郎               巳之助
銀平娘お安実は安徳帝      市川右近
入江丹蔵               猿弥
武蔵坊弁慶             彌十郎
源義経                梅玉

十世坂東三津五郎三回忌追善狂言
三、神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきょくまり)
どんつく
荷持どんつく 巳之助
親方鶴太夫 松緑
若旦那    海老蔵
太鼓打    亀寿
町娘      新悟
子守      尾上右近
太鼓持    秀調
太鼓持    彌十郎
田舎侍    團蔵
芸者     時蔵
白酒売    魁春
門礼者    彦三郎
大工      菊五郎

1F 6列

category: 歌舞伎

tb: --   cm: --

パリ・オペラ座バレエ[ラ・シルフィード]  


去年はガルニエにバスティーユにも行ったわ。
前回の来日公演はオレリーとエルヴェのつばき姫をみたんだった。今思えばかなり貴重。
パリオペを何回か見るうちに、自分的にもはや神の領域的と思うダンサーがマチアス。
彼の全幕が見られるならば、このタイミングで観ておかねば、、と1点買い。もちろん来日確認してからf^_^;

シルフィードってあっちの子かわいいね、こっちの子もかわいいね、置いてかないでー、えーええー死んじゃったのーわー、、パタリ
みたいな、ふらふら何やってんの?なダメ男だと思ってたけど、今回のマチアスミリアム組はそういうテイストはまるでなく、妖精のエフィちゃんについて行った時点で2人とも死んで天上で戯れたかのよう、そのくらい2人が神々しくて無重力状態のなかでフワフワしていた。

なのに、なんだか日本で見たそれとは全く違って(事実全く違う版なので違うらしい)踊りまくるふたり。とんでもなく難しそうな振りを軽やかに、マチアスがミリアムをふわっとリフトするときのエレガントさ、下ろすときには言葉が見つからないほど美しくさらにエレガント、見ているだけなのに無意識に一緒に呼吸を合わせてしまうような感覚になるくらいに空間を席巻していた。

途中でミリアムは滑った?ように見えるとこがあって、ハッとするような場面もあったのだけど、何というか、言葉にするととても陳腐になってしまうけれど、この世のものとは思えない、本当に舞台を見ているのかしら、このふたり、本当にいるのかしら?というような異空間だった。

はぁ、、美しいものを見るのはこころの栄養だわ♡
マチアスの踊る全幕もっと観たいっ!
いつかガルニエでみたいなぁ。

......にしても。
チケ代高杉だ(-"-)

パリ・オペラ座バレエ[ラ・シルフィート]
東京文化会館
2017.3.4 18:30

ラ・シルフィード:ミリアム・ウルド=ブラーム
ジェイムズ:マチアス・エイマン
エフィー:レオノール・ボラック
パ・ド・ドゥ:エレオノール・ゲリノー / フランソワ・アリュー

1F L11

category: ballet

tb: --   cm: --

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。