凛・華・麗・美・優 ホーム »2017年08月17日
2017年08月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2017 聖地巡礼 プリペイドSIMを使ってみる  

今回の旅でもプリペイドSIMを使ってみました。当初現地に着いてから購入しようと考えていましたが、7月上旬に、「7/1からドイツ国内の電波法改正により非居住者のsim購入が実質不可能になる」との情報が流れのきました。
その後も追加情報を追い求めていると、日が経つごとに対応が統一され、買えない可能性が高くなっているようでした。困った!
では事前に購入しましょう、と、アマゾンでこちらを購入しました。



イギリスの3という会社のもので欧州、アメリカなど各国で使えるという優れもの。30日間1GB使えます。今回はドイツのみですが、値段もそう高くないのでこれで十分そう。

なんと香港から送られてきました(笑)。
そういえば香港でこれを買ってきた友人がいた、、、流石だわ。

色々ググってみると日本で開通したテストをするように、とあったので一応さしてみました。
すると、キャリアがsoftbankに(普段はdocomoです)。これでオッケーですね。
これをやらずに現地に着いてから差し替えるだけでも使えるはずです。
今回はイギリスのSIMですが、最初に使用するのがドイツだったため、先の電波法云々の影響があったら嫌だなぁとドキドキ。
着陸してすぐに電源を入れたらあっという間に溜まっていたメールやらラインやらをわらわら受信。おおお、、良かった!
安心してSバーンに乗ろうとしたら、今度は全く送受信が出来ない、、あら??
で、日本で使っている格安simのプロファイルを削除してみたら開通しました。(これまでも現地SIMを入れ替えたらプロファイルの削除をしてたのでいつもと同じ手順ということです)
機内で使えたのはなんだ?

最終日。
空港に着いたところで使用量をチェック!
いい感じに使いました(笑)。
後は機内で日本のSIMに差し替えてプロファイルをインストール、電源を入れれば元どおり。
便利な世の中です。
※使用量をチェックするには、3UKのサイトにアクセスする必要があります。


<使い方備忘録>
持っているスマホがsimロック解除をしてあるものであること(iphoneなら6s以降)
1、該当するsimカード購入
2、電源をオフにし、入っているsimカードを取り出し、購入したものと入れ替える
3、電源を入れる。これで開通
  うまくいかない場合は、現在日本で契約している格安SIMのプロファイルを削除
  【設定→一般→プロファイル→該当するプロファイル削除】

日本帰国後、
1、日本で契約している格安SIMと入れ替える
2、プロファイルを削除していたら再度インストールする
3、電源を入れる
以上です。

入れ替えのために押しピンやsimカードを保管するためのケースは忘れずに〜。
(2017.8.17現在)

スポンサーサイト

category: Germany

tb: --   cm: --

2017聖地巡礼 ハイライト   

2017年の夏、オタクの聖地にまた行くことができました。前回は練習、今年は本番な感じです。



日本の上空。窓から空ばかり眺めていました。ちょうど積乱雲が発生しこの雲の中でピカピカ。関西あたりです。大丈夫だったのかなー?

久しぶりの成田空港は繁忙期なのにガランとしていてやや心配。
全身スキャナーが導入されていましたが、何と自分で回転する!!

現地深夜0時頃。初のアブダビは沖どめだったので37℃の空気を吸入...暑い...

ちょうど日本の山の日に到着。ならば山の日活動を!
ミュンヘンからローカル線で1時間ほどの町、ガルミッシュ=パルテンキルヘンにあるドイツいち高い山、ツークピッツェ登山です。
登山といってももちろん山頂まで登山電車とロープウェイでスイスイ。町は曇りでしたが乗車中は結構な雨降りで暗澹たる気持ちでテンションダダ下がり。
でも山頂につくと降ってない!それどころか日差しが!!!
しかし霧が濃すぎて視界ほぼゼロのホワイトアウトの世界😅。
なーーんに見えませんでしたが、行った!という自己満足でここは終了。
気温5℃の世界でした。

泊まったのは町にある山小屋風ロッジ。ここから山の美しい景色がみられます(想像)。

翌日はいよいよ聖地入り。
町からローカル線を乗り継いで約4時間の旅。
25ユーロで行けちゃうバイエルンチケットが大活躍。

聖地に着くと青空も!

1年ぶりの聖地は晴れ☀️

3度目の戻りチケットで掴んだ最前列ど真ん中の席にて1本目。

さらに翌日、またもローカル線に揺られニュルンベルクまで。ここでようやく友人と合流してニュルンベルク観光です。今回楽しみにしている演目の1つ、マイスタージンガーの主人公でもあるザックスさんにご挨拶します。


その舞台にニュルンベルク裁判とその場所600号法廷の場が使われている、という情報があり、行ってみることに。
ここにはドイツの負の歴史だけではなくパールハーバーや東京裁判のことにも触れられておりしかと胸に刻みました。

聖地バイロイトの19:30頃には雲ひとつない快晴に!風は涼しく避暑地ならではの気持ち良さ。

翌朝はさらに快晴。
この日はバイロイト観光です。昨年は朝街を散歩しただけなのでゆっくり観光できて嬉しい。

2本目はこんな席から。

ワーグナーのお宅。ここはサロンですが、このお部屋のセットから舞台が始まってビックリ。
見ておいて良かった~

舞台に登場するワーグナーの犬w
滞在中1番の晴天で30℃超えの暑さでしたが、1幕終わって外に出たら寒~い、そして雨の跡。そしてレストランは!!!
周りの木々が折れたり枝が飛び散ったり..テーブルセットは恐ろしいほどの嵐の後😱


3本目。マイスタージンガー。
もう素晴らしかったです

帰国日。
ホテルを6時前に出て、ローカル線、ICE、ローカル線を乗り継ぎミュンヘン空港へ。
そこからアブダビ経由で成田まで。万事順調でゆったりぐっすりの快適旅となりました。
このくらいのペースで旅ができるといいなぁ。
楽しく旅を盛り上げてくれた旅仲間たちに感謝感謝です。
でもね、聖地での体験をもっともっとしたくなってしまうのがね、、音楽と大学の町バイロイト。自主留年しますかね(笑)。

category: Germany

tb: --   cm: --

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。