凛・華・麗・美・優 ホーム »2017年10月
2017年10月の記事一覧

スーパー歌舞伎Ⅱ 【ワンピース]④⑤   


台風の近付く悪天候の中、完全台風仕様の服装で本日マチソワです。
まず昼公演
初の3階席。天井が近くて(故に暑い、、)座席が狭いけれど、正面の2列目はスーパー歌舞伎を見るには何気に特等席。
このワンピースに限れば、ルフィの宙乗りをお迎えし、マルコの宙乗り登場をお見送りするのが至近。
花道は前のめりになってようやく七三が見える程度、だけど、二列目は後ろが壁なので、存分に前のめり、浅く座ってみることができるのでまあいいかな。
それよりなにより、猿之助さんがこだわり魅せたかった光の演出を堪能できます。床面をあんなに美しく効果的に使っているとは知りませんでした。ルフィが死にかけてベッドに横たわったり、おれ死ぬのかな~と徘徊するところの照明、赤いマグマの戦いでの弾丸、星が浜の星や雲の奥行きと神秘などなど。これを観てなかったなんて、、すみません(^_^;)。
リピ―ド族や金欠ぎみでもみたいわ~という方は是非3階で(笑)。
終演後は、右近ちゃんみると条件反射的に食べたくなる、カレーで腹ごしらえ。

そして夜の部。
1階4列目。
猿之助さんルフィみた席とほぼ同じです(涙)
かろうじて足もとまでみえるけれど、やはりやや見切れる。見上げる感じで首がやや疲れるけれど、やっぱり前方は表情がよくみえるし呼吸や音楽に消えない声も聞こえる。
そしてビシャビシャっと水浴びタイムも(笑)。
出演者が急な事故での動揺からより一致団結してこなれてきた感じがしました。
かわいくて、けなげで、一生懸命で、、、
この2週間で一番進化を遂げたのは、新悟ちゃんかも、と個人的には思う。
スレンダー美人でかわいらしさ抜群だったけど、緊張感と遠慮しているのか、特にサディちゃんはまだ羞恥心が勝るのかw、と思っていたけれど、すっかり見違えるほど生き生きとはじけていた\(^o^)/
かわいらしい色気が・・\(^o^)/。彼ももっともっと変わっていきそうで楽しみ♪
昼夜みて、右近ちゃんはもう代役じゃなくて立派な主演。頑張ってるね、代役いいよね!を超えて、もう少しこうだといいのにね、と贅沢を普通に言いたくなる存在感がでてきた(あんた誰っ😅)。ハンコック美人なのに歩くと男の子だとかw。1幕はもう少し気持ちを軽くしようよ、重すぎるよ、とか(^_^;)。
代役初日にみたとき、猿之助さんを背負っているようにみえた様子から、もう一歩進化。ルフィの型ですら猿之助さんを踏襲しつつ猿之助さんと伴走しつつ目指している自分の道がしっかり見えているよう。
好意的な声ばかりじゃないこともすべて受け止めて自分の目指すルフィに進んでいるなんて、、才能と若さとそのしたたかさにおばちゃん感激しきり(T_T)。
あと1ヶ月半、どんな進化を遂げるのかしら、、と思うとたまらなく嬉しくて、、、1枚、2枚、3枚・・・(^_^;)。
心配になる声も昼夜2公演であの感じだと声は死にかけてても何とか復活するんじゃないかなぁ。
そうそう、この日サンジイナズママルコパパが近くで観劇。
ファーファーしたり泣いたり拍手したりお手振りしたりと楽しんでたけど、息子には一切拍手せず。親子といえども師匠なんだ、、を垣間見る。
カーテンコールでは役者さんたちに発見され手を振ったり挨拶したり。。

この日からロビーに猿之助さんのメッセージ。
本当にワンピースは猿之助さんそのもの。
やっぱりこの作品を締めるためにシャンクスで是非登場していただきたい!!!!
心から、、、、お帰りお待ちしています。
■スーパー歌舞伎Ⅱ 【ワンピース]④⑤
2017.10.22 11:00-15:15 3F - 2 中央
チョッパー 市川右近
2017.10.22 16:30-20:45 1F-4 中央
チョッパー 猿くん

category: 歌舞伎

tb: --   cm: --

新国立劇場オペラ [神々の黄昏]  


今年2つ目のリング完走です。
春の東京春音楽祭が演奏会形式だったのに対し、こちらは古いプロダクションのレンタル、、とはいえ一応シーズンの目玉、新演出による舞台でした。
4年、3年かけての完走、関わったみなさん、観た私もお疲れ様でした。

この4年の間に、ワグネリアンじゃないのに聖地バイロイトに2回も行けたし、もう一つ香港でのリングも進行中。
気づけば、ワーグナーばかり聴く、追いかけるオペラライフになってきました。
この長尺なオペラを飽きずに寝ずに聴く耐性は充分できましたよ!

今回の黄昏は、グールド、ペトララングと去年と今年とバイロイトのトリスタンとイゾルデのカップル、マイヤーさまのプレゼント付きの豪華キャストに万を期してのオケは読響でした。
端正でかっこよく、鳴らすスタイルにもうすこし色気が欲しいかな、と思いながらもすっかり引き込まれ、動きのないつまんないセットもさほど古臭くは感じなく、1番は歌の邪魔をしないところが好印象でした。

何よりも、私としては、別のプロダクションでみたワルキューレのブリュンヒルデ(ぺトララング)が、炎に包まれて寝たままだったのに、時を経て、今回無事に目覚めてヴァルハラ状を焼き尽くして終演したことに感無量。
ようやく物語が繋がった、これでこそリング!w

ひとつの物語として、同じキャストが締めてくれたことに妙な感慨を覚えました。
メデタシメデタシ。

出来れば1週間出来ればリング完走してみたい、、という野望がフツフツ。

■新国立劇場オペラ  神々の黄昏
2017.10.14  14:00-19:55
指揮:飯守泰次郎 演出:ゲッツ・フリードリヒ
美術・衣裳:ゴットフリート・ピルツ 照明:キンモ・ルスケラ
演出補:アンナ・ケロ 舞台監督:村田健輔

ジークフリート:ステファン・グールド 
ブリュンヒルデ:ペトラ・ラング
アルベルヒ:島村武男 
グンター:アントン・ケレミチェフ
ハーゲン:アルベルト・ペーゼンドルファー 
グートルーネ:安藤赴美子
ヴァルトラウテ:ヴァルトラウト・マイヤー 
ヴォークリンデ:増田のり子
ヴェルグンデ:加納悦子 
フロスヒルデ:田中由貴絵
第一のノルン:竹本節子 
第二のノルン:池田香織 
第三のノルン:橋爪ゆか

合唱指揮:三澤洋史
合唱:新国立劇場合唱団/二期会合唱団
管弦楽:読売日本交響楽団
4F2列

category: オペラ

tb: --   cm: --

スーパー歌舞伎Ⅱ [ワンピース]  


麦わらの挑戦でグッタリ疲れつつ、やっぱり楽しいねーと思いながら、1時間後に通常公演開演です。
こちらは前方席にでビニールつき。ヒャッホーw
あまりに疲れて、アマゾンリリーで一瞬まばたきしたみたいだけど、やっぱり猿之助さんはルフィそのもの。
型と経験で若々しくも人が自然に集まってくるルフィの魅力を兼ね備えていて、観ていて幸せになる。いいわー。

若い子たちも楽しそうに思い切り弾けていて、みっくんはもちろん、右近ちゃんも麦わらのおかけで、マルコもサディちゃんも役が小さく感じるほど板についてて感動。
ふたつともいいお役だ、、、

つか、サディちゃん、あんなにハミチチのスケスケでしたか(//∇//)

前の方は舞台を見上げるのでやや首痛になるのだけど、水はかぶるわ、吹雪になるわ、、楽しいー(≧∀≦)

家について服脱いだらパラパラ、、バッグの中には吹雪の残骸が、、、凄い、家に帰っても余韻に浸れるw

はい、続く(笑)

■スーパー歌舞伎Ⅱ [ワンピース]
2017.10.8 16:30-20:45
新橋演舞場

ルフィ/ハンコック 市川 猿之助
白ひげ  市川 右團次 
ゾロ/ボン・クレー/スクアード 坂東 巳之助
サディちゃん/マルコ  尾上 右近
サンジ/イナズマ 中村 隼人
ナミ/サンダーソニア 坂東 新悟
アバロ・ピサロ 市川 寿猿
チョッパー 市川 猿
はっちゃん/戦桃丸 市川 弘太郎
ベラドンナ 坂東 竹三郎
ニョン婆 市川 笑三郎
ジンベエ/黒ひげ 市川 猿弥
ニコ・ロビン/マリーゴールド 市川 笑也
マゼラン 市川 男女蔵
つる 市川 門之助

エース/シャンクス 平 岳大 
ブルック/赤犬サカズキ 嘉島 典俊
イワンコフ/センゴク 浅野 和之 
 
1F 4列



 
 




 

category: 歌舞伎

tb: --   cm: --

スーパー歌舞伎Ⅱ [ワンピース-麦わらの挑戦]   


お帰り✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*

--.-.-.-
10/9 昼の部のカーテンコールで猿之助さんが怪我をされたという情報が入りました。まさに観たばかり、昨日の感動と楽しさに包まれている最中...胸が締め付けられるような、、とてもショックです。
でも僕は不死身なんです、とおっしゃる言葉を信じて、ワンピース歌舞伎を応援します!
とにかく1日も早くご快癒されますように。全力でお祈りします...

(追記)
10/9  22:40 
松竹から発表がありました。
猿之助さんの休演、そして代役は麦わらキャスト、と。
若手を育てると希望と夢を託して船出したのを見届けてこんなことが起こるなんて..震える。
麦わらの若手、全力でガンバレ!
猿之助さんの1日も早く舞台に戻って来られることを切に願います。
--.-.-.-


といいつつ、初演の演舞場公演観てなかった😅
博多座以来、でも今日は若手奮闘公演、麦わらの挑戦初日です。
博多座公演で素晴らしかったサディちゃん、マルコの尾上右近ちゃん、大抜擢のルフィ、主役ですよ!
もう無駄に緊張して、ソワソワドキドキ、、ただの客なのに、、
本日は晴天なり。祝㊗️初出航 ドキドキワクワク 

やや遠目から。

スーパータンバリン、始まる前に購入するのに優等生ぶり(笑)。
初日だしね、応援する気持ちを込めて、、、何年ぶりかしら、タンバリン😅

右近ルフィ、見事な想像以上に見事な船出でした👏。
若さと勢いとちゃんと歌舞いてた全てに大ブラボー。どんな船旅になるのかもの凄く楽しみ。一緒に旅しますから! 

序幕の七之助さんのナレーションから、ああ始まると緊張と興奮で涙が出てきた。
そして、待て待てー!という声とともに真ん中でスポット浴びて登場した姿に涙。
緊張して硬くて重くて荒さもあるのに、バーンと弾けるようなエネルギーと所作の美しさに祈るような気持ちで魅入ってしまった。これが若さなのかなぁ、、、
仲間たちと一緒に冒険することを見事に体感させてくれて、最後サニー号の最前列にきて、泣きそうな、感無量な表情の中、海賊王に、俺はなるーーー!!の雄叫びで号泣w
初日からこんなに魅せてくれて、母のような、親戚のおばちゃんの気持ちで感慨深くなっちゃった(^_^;)。

その分、麦わらではシャンクスのみで登場する猿之助さんの、誰?あの人なに?の隈取りモリモリド派手シャンクスが、闘志メラメラの表情で一言一言をリアルに力を込めて発する様子に恐ろしくなるほど。恐らくどこかで観ていただろうセンパイも予想以上の出来に驚き、嬉しくて悔しくて、火がついたんだろなぁ。。猿之助さんこの後が怖いww、そのくらい凄かった。ワンピース👗。

はぁ緊張した上に泣きすぎて酸欠で頭痛くなった。
嬉しい疲労。

新悟ちゃんの ナミ は本当に可愛い💞。中性的魅力でスポット当たった時のキラキラした笑顔にクラクラしましたw。巨乳とホットパンツだったw。サディちゃん はもっと弾けて欲しいかな。楽しみだな、これから。

演出は博多座をさらに刷新して、派手になりアクロバティックだけどちゃんと歌舞伎なのは型があってそれをきちんと演じるからなのかも。白ひげやニョン婆、ジンベイとか、支える役者さんたちの素晴らしいこと。
イケメンサンジが先頭で花道から登場する時のイケメン風が凄かった。ああいう華やかさを出せる人貴重。マルコの宙乗りのグルグルも頑張った!
そしてみっくんですよ。もうもう抜群の完成度と存在感だった、ゾロ ボンクレー スクワード どれももう役が小さく感じるほど。特にスクワードが好きだな。

小さい右近ちゃん チョッパー は反則技の可愛さで、ルフィ死なないでー(ToT)、お肉食べて、、(ToT)と泣かされました。

そうそう、最後の海賊王になるー!もそうだけど、物凄い盛り上がりのファーファータイムを宙乗りしながら感動してる姿みて、こら、自分で感動してちゃダメでしょとツッコミながら、ハハ目線でうんうん分かるよ、嬉しいよね、楽しいよねと一緒に感動して楽しいのに滝涙ながしてた混乱気味の私。そして脱水w


ということで空いてた枠に麦わら追加しましたψ(`∇´)ψ。
だから初日好きなんだよね。ここからスタート、どう進化してくか楽しみ満載ψ(`∇´)ψ。

続く(笑)。

■スーパー歌舞伎Ⅱ [ワンピース~麦わらの挑戦]
2017.10.8 11:00 - 15:45
新橋演舞場

ルフィ/ハンコック 尾上 右近
白ひげ  市川 右團次 
ゾロ/ボン・クレー/スクアード 坂東 巳之助
サンジ/イナズマ/マルコ 中村 隼人
ナミ/サンダーソニア/ サディちゃん 坂東 新悟
アバロ・ピサロ 市川 寿猿
チョッパー 市川 右近
はっちゃん/戦桃丸 市川 弘太郎
ベラドンナ 坂東 竹三郎
ニョン婆 市川 笑三郎
ジンベエ/黒ひげ 市川 猿弥
ニコ・ロビン/マリーゴールド 市川 笑也
マゼラン 市川 男女蔵
つる 市川 門之助

エース 平 岳大
シャンクス  市川 猿之助
ブルック/赤犬サカズキ 嘉島 典俊
イワンコフ/センゴク 浅野 和之 
1F 10列センター右

category: 歌舞伎

tb: --   cm: --

NHK音楽祭 [バイエルン国立管弦楽団]  


とにかく凄かった。音楽祭のワルキューレ1幕。こんな脳みそ沸騰させられたのにこれで終わりって、拷問だ。歌手最強、ペトレンコがオケピでこんな風なのかまで垣間見ることができ、歌手と同じくらい呼吸やうなり声が聞こえるど迫力。
ヴェルゼーーーーーーの雄たけびを微動だにせず、歌手の呼吸に合わせ、歌手の方を向きタクトを止める様子に鳥肌。

ああ、手元にあるミュンヘン ペトキョンのリングチケ..あああ、、、(*´-`)

フォークトがノートゥグを抜いた後あんなに輝く笑顔になるとは。天使のような透明感と気品のある声だったフォークト様も少しずつ重くなり、その特長はそのままに迫力がでてきました。この先違った魅力に出会えそうな予感がしてわくわくします。

そして、結局ワーグナーはリングだ!に行き着くのかな。
それにしてもこの興奮で終了とは、、これからホールに戻ったら2幕始まるとか、、ないですか?

ゲルネの角笛
なんと繊細にあまく表現するのかしら。。この大きなホールと音響最悪なところで聴かされるのが何とも何とも悲しい。
訴えかけるような歌曲はお手モノの。ガツンと前に飛び出す声ではないので大音量で大きな劇場でのオペラには向かないけれど、素晴らしい表現力。堪能しました。
ペトレンコはゲルネの声や表現に合わせて繊細にオケや音量をコントロールしていて、歌手への配慮がすばらしい、歌いやすいだろうな、、と思いながら見て聞いていました。


なんとも贅沢で悶絶した音楽祭でした

■NHK音楽祭 [バイエルン国立管弦楽団]
NHKホール
2017.10.1 15:00-19:55

マーラー作曲 こどもの不思議な角笛
マティアス・ゲルネ

ワーグナー ワルキューレより第一幕
ジークムント;クラウス・フロリアン・フォーククト
ジークリンデ;エレーナ・パンクラトヴァ
フンディング;ゲオルグ・ツェッペンフェルト
指揮;キリル・ペトレンコ
3F C4 センター

category: オペラ

tag: クラシック  オペラ 
tb: --   cm: --

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop