プラハの思い出~ミュシャ展にいく

このステンドグラスの作者はムハ。一般的にはミュシャと呼ばれる人。プラハ城の聖ヴィード大聖堂の中でひときわ輝いていた、他のステンドグラスとは異質のもの。またもっと一般的に有名なのは柔らかな女性のポスター画の数々かもしれない。去年プラハでムハ美術館に行ったとき、もぎりのおじいさんに「日本から来たの?そーかー。あなたにはスペシャルプレゼントがあるよ!来年日本でムハ展があるから楽しみにしてて!」といわれたのもあって、あまり美術に詳しくない私もちょっとばかり興味をもった。 そして今日、東京都美術館のミュシャ展に行ってきた。 予想以上の人だらけ・・・またも人ごみ嫌い・・並ぶの嫌いな私にはこれが難敵。プラハの美術館よりずっと作品数は多いけど小さなものばかりなので、人ごみの中みるのはなかなか辛い(プラハではポスター原寸大みたいなものがどーんと展示してあった)。待って・・みて・・みたいのにせかされて・・みたいな見方は苦手。暑いし、乾燥してるし、ゆっくり見たいのに・・・これだから美術館きらーーい・・となってしまう。でもなんとか頑張ってみる。 美術素人が絵を語るな!といわれそうだけど、この人の絵はポスターのようにやわらかくて優しいものより心の叫びのような油絵の方がよりひきつけられる気がする。自宅には女性的なポスターを・・鑑賞するなら油絵を・・そんな気がして帰ってきた。 展示作品の中に、上記プラハ城のステンドグラスの下絵も数点あった。見た、見た!!と感激。さらには人生の最後に描いた「スラブ叙事詩」を見に行かなくちゃとも思った。 ちょっとプラハを懐かしく思い出した一日。
関連記事

Comments 7

Yuko200021

私も行ってきました。見応えありましたね。nanaさんからいただいた、しおりの「時の流れ:夕べの夢想」があり、大感激でした。ありがとうございました。サラ・ベルナールのポスターもやはり好き。「アメリカでのクリスマス」も素敵。また浸っちゃいました。ミュシャ財団のご挨拶もありましたね。nanaさんがプラハの美術館で話しかけられたことを思い出して、「本当にはるばる来てくださいました。ありがとう・・・」と、とても熱い気持ちになりました。ミュシャがあんなに祖国のことを思っていたなんて、知りませんでした。本当に偉大な画家ですね。「チェコの誇り」ということを改めて感じました。

2005-02-13 (Sun) 20:52 | EDIT | REPLY |   

traveler_nana

★Yukoさん
見ごたえありましたね~。あまりじっくりは見られなかったので、余韻にひたるためにプログラムとカードセットを購入。プラハでもポスター買ったのに(笑)。あの1枚のしおりを大切の思ってもらえて私も嬉しいです。 ミュシャが祖国を誇りに思っていたのと同じくらい、今やチェコの誇り、宝のようでした。お墓参りまでできてよかったです。

2005-02-13 (Sun) 22:34 | EDIT | REPLY |   

yuricoz

このステンドグラス素敵~。同じ方のものなんですね~すごい!!
ムハをハムと読んでしまいお恥ずかしいです。。。

2005-02-14 (Mon) 11:08 | EDIT | REPLY |   

musajin

ハー、コレ見て私もプラハ懐かしく思い出した。
空いててゆっくり見られてプラハのムハ美術館は良かったのに… 
ステンドグラスの下絵は見たい気も。どーでした?下絵ってデッサンでした? それとも何枚かは色つけて描いてましたか? うーむ行こうかなー

2005-02-15 (Tue) 21:40 | EDIT | REPLY |   

traveler_nana

★yuricoさん
そう素敵なんですよ~。もう他のとは全然ちがって・・輝いてました。
ハム・・(爆笑)
★むさじんさん
現地組さん 仲間ですねぇ。
下絵は、ほぼ最終段階の水彩画っぽいものと、初期の構想段階の全体図(デッサン)がありました。感慨深かったです。ゆっくりみるのはまず無理でしょう・・・。

2005-02-15 (Tue) 22:09 | EDIT | REPLY |   

elviajede-sachi

お久しぶりです。私もミュシャ展に行きたいなと思っています。
いいなぁ~~~。プラハが懐かしいです!!

2005-02-27 (Sun) 16:17 | EDIT | REPLY |   

traveler_nana

★sachiさん
こんにちは~。ミュシャ展是非行ってください!たぶん混んでると思うので覚悟して(笑)。ホント、これみてると懐かしいです。

2005-02-28 (Mon) 00:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply