凛・華・麗・美・優 ホーム » 音楽 »マンボっ!のあとは倍速ね♪

マンボっ!のあとは倍速ね♪  

090715
・・なんだそうですよ(笑)
でも、ちゃんと「マンボっ」って合いの手入れられなかったなー残念!

とっても久し振りのブルーノート東京。
小曽根さんのジャズ初体験です。って小曽根さんってジャズの人なのに、クラシックから入った裏口入学者の私(^_^;)。ようやく本職(?)のビックバンド体験なのです。

私のイメージするジャズは、一生懸命ノーブルな表情でステージを見つめる、、ものではなく、お酒を飲んだり、揚げ物つまみながらニコニコとリズムをとりながら、そしてヒュー~、とかフ~っとかそんな声をかけながら軽やかに聴く、そんなものなんだけど、それは正しくないでしょうか・・。

真面目に聞かないと演者に失礼、、テキ雰囲気があると何だかどんよりしちゃう(笑)(何様だ、私は・・(^_^;))

突然の梅雨明けで、突然夏真っ盛り。ジャズにはまったく明るくない私でもこういう季節にはバイオリンやピアノより、ホーン隊、リズム隊のきらめく音がよく似合う♪な~んて思っちゃう。

軽く鉄板料理で小腹を満たしたあと会場へ。
SA3D0037.jpg

21時半スタートのセカンドステージのはずが、遅れて21時45分ころ・・・
まずは小曽根さんがステージに、メンバーはぞろぞろと客席の間のすべての通路をチューニングしながら登場~
ステージに向かって右サイドの私たちは、小曽根さんとアイコンタクト・・ができる?かもの席だけど(笑)、遠い。で、ホーン隊がデン。
当然だけど近くからトランペット、トロンボーン、サックスもろもろが脳天から全身に響き渡って快感♪
ニューアルバムからという、ラテンジャズのごっ機嫌でキラキラするような音とリズムに自然に体がリズムを取り出して会場のみなさんも笑顔、笑顔(^^)
肝心の小曽根さんのピアノは、ソロ以外は12名ほどのホーン隊の迫力に消えていたけど、暑い夏にはまさにこれよ!といいたくなるノリに感激いっぱい。
本当ならもっと声だしたり、踊ったりしながら、しても怒られないと思うけど、そこはシャイな日本人(^_^;)。
そしてこういう音楽はひろーい高原の木陰あたりで聞くのもいいかも~。
SA3D0038.jpg

ちょっと驚いたのは、小曽根さんの表情。
もっとニコニコとず~~とニコやかに楽しそうに演奏しているかと思いきや、案外表情豊か。スローな曲は1曲しかなかったのに、ノリはいいのに頭の中にいろんなものが浮かんでいるのか、想像しているのか・・・音にノっているのはとってもよくわかるけど、思わぬ表情に不思議ーな感じがした。もっちろんニッコニコしながらメンバーと会話しながら弾いてることも多かったけど。
知らない世界だ・・。

気持ちよーくなったところで最後の曲です!と紹介しながら、途中で「ンウッツ♪」と「マンボ♪」をお願いしますね~と言われたんだけど、ウッしかいえなかったー(悔)。
それでもサンバのリズムに乗って揺れたり、よろめいたりしながらの1時間半!
楽しかったー♪

しかし旅先の夜とは違って、週の真ん中水曜日の深夜、のんびり余韻にひたっているわけには行きません!終電逃さないように時計をみながら帰路を急ぐってのがね~。
それでも電車の中でもつい、マンボっ!とひとり口の中で復習しつつ帰宅(笑)。
たぶん夢の中でもリズムに揺れてたと思うな。
ひと足先に夏真っ盛り~~な一日。
CD買わなくちゃ、Jungle♪




関連記事

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/1596-ed36a8e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop