凛・華・麗・美・優 ホーム » ballet »K-バレエ [ロミオ&ジュリエット]

K-バレエ [ロミオ&ジュリエット]  

romio
まさかバレエ公演を見て、泣くとは・・。
が、一番の感想(笑)。

ま~舞台を観て泣く、というのは私にとっては別に珍しくもなんともないけれど、ことバレエに限れば記憶にない。
バレエは何年かに1度観るくらいなので、単純に「キレイだわ~」「素敵だわ~」で満足する程度の私♪ 今までに見たのは~15公演くらいかな?
ミーハーなので、Kバレエも(たぶん)5回目?。ふてぶてしくて、ク●生意気で、どうしようもなかった天才肌のクマテツ氏もずいぶん大人になって・・・(笑)。

私はああいう行動タイプの人は基本的に嫌いだけど、こと彼に限れば素人の私にはぐうの音も出ないほど圧倒的な存在感と圧力と華やかさとテクニックを魅せつけてくれるので、素直に認めてしまうのだ。

今回の「ロミオとジュリエット」はKの中ではもちろんダントツに、そのほかの過去見たバレエ公演の中でも抜群だった。
単純にキレイ、素敵で終わらせない「演劇的」バレエのように思えて、くるくる回ったり、飛んだり、つま先移動したり(笑)、バレエだから当然な動きの数々を目の当たりにしてるのに、ふと「あ、そうだった、バレエだよね、これ」と思いださないと、セリフも歌もない芝居、だけどセリフが聴こえてきそう芝居を観てるような錯覚に陥っていた。

私の知っているのは全3幕もの。今回は2幕に。
この方が話はつながりやすいし違和感は全くなし。
それほど場面転換もセットチェンジも全く違和感がなく、ダンサーたちが踊りはもちろんシェイクスピアの世界をしっかり見せてくれていた。

ロミオのクマテツ氏のものすごさったら、客席から思わす声がでてしまうほどだけど、もっともっと素晴らしかったのがジュリエットのロベルタ・マルケスさん。この方現役のロイヤルプリンシパルなんですね。小さくて、ホントに小柄でほっそりしてるけど、女性らしいしなやかさがあって、でも14歳のジュリエットの清純さやかわいらしさ、あどけなさがあって、すっと手を伸ばすだけで、見てる私も一緒に天に手を伸ばしたような気持ちになる(笑)。

1幕最後のバルコニーのシーンはもう、、、ウットリ~、で、ため息のみ。
若々しくもあり、初恋でキュンとしているフレッシュさもあり、しなやかさもあり。私はあんまり観たことないメリハリのあるアクロバティックなリフトなんぞは、恋に目覚めた若者のトキメキそのもの。情熱的でもフレッシュ(笑)、そしてこれにこたえるジュリエットはまるでそのまま空に飛んでしまいそうな軽やかさ。俺様モードは全くなく、ふたりのバランスが素晴らしく、というより、より、ジュリエットが美しく可憐にみえる様子にただただうっとり。あ~今回の私のハイライトだな~。で、泣いたのは最後ジュリエットが死んでるロミオの手にナイフを持たせて死ぬ場面。はい、ジュリエットになってましたよ、私(笑)。 しょうもないオケを補ってあまりある名曲と踊りだった。

このほかに印象に残ったのは乳母の樋口さん。この方もセリフが聞こえてきそうだった。
カーテンコールの拍手というのは正直なもので、どれだけコアなファンがいて贔屓拍手をしたとしても、その日の出来に対するものはすぐにわかる。
一番大きな拍手をもらっていたのは、、クマテツ氏・・・じゃなくて、ロベルタさん。そしてクマテツ氏。乳母の樋口さん、意外なところでベンヴォーリオの伊坂さんって感じ。
がっかりはパリスの宮尾氏。スラ~っと長身で立ってるだけで美しい人なのに、一人だけ新人です~みたいなダメダメ炸裂だった。

Kは高いけど、観に行ってホントによかった。会社をさりげなく10分早退して走ってよかった(笑)
・・だって、18時半開場だと思ってたら18時半開演だったんだもん、、定時あがりじゃ間に合わない!!

神奈川県民ホールという味気ないホールなのがとても残念だったけど、これがデコラティブな劇場でドレスのナイスカップルたちが大勢という雰囲気ならもっと興奮していたこと間違いなし!!(単純♪)
素晴らしかったです。満足♪
関連記事

category: ballet

tag: バレエ 
tb: 0   cm: 4

コメント

うわ~いいな~。
クマテツさんは、私も苦手な俺様タイプと思ってたけど、
あのバレエ○鹿ぶり(←ほめてます笑)で全て許せる感じ。
Kバレエは(DVD高いこともあるけど^^;)クマテツさんの踊りを生で観るまで、ぐっと気持ちを貯めてる私です笑。
なんてね、ほんとは早くみたいんだけど。。「ロミオとジュリエット」が見時だったのかしら・・なんか「ジゼル」もよさそうなのよね。いつやるか分からないけど・・
で宮尾氏は、だめでしたか。私も踊りは観たことないけど、今田耕司の番組のレギュラーとかTVでは何度か観たな・・(自然体というのかちょっと素の感じが面白い)
TVになんか出ないで、もっと練習すればいいのにね笑!でもすごくなればなるほど上手いだけじゃお客さんは納得しないし、やっぱり踊りはその人となりが出ますもんね。もろ王子系なんだから頑張って欲しいですよねー。

みいこ #a1RfaJuE | URL
2009/10/24 00:28 | edit

ほんとバレエはテクニックだけじゃ絶対ダメですよね。もちろんすごいジャンプとか、回転とか、おお~となるけど(笑)。
セリフがない分、いかに体で伝えるかがとっても大事だし、そこがまた面白いところなんですよね。で、それがダメだと見てて「あ~あ」って思っちゃう。

いかに役に入り込んで表現できるか、と同時に、冷静に、テクニックも崩さないって凄いなと思います。

クマテツ氏は大昔、眠りの王子を見て「お前はバジルか?」と思った記憶あり(笑)。しかし、帰国してからはなんか印象が変わりました。いろいろとご苦労もあるんでしょうね、ケガもしてるし。Kはコールドバレエもレベル高いみたいなので、見ごたえあるんでしょうね~。

もっち #8kSX63fM | URL
2009/10/24 09:37 | edit

>みいこさん
へへっ、いいでしょう~♪ そろそろ見時ですよ、高くてもここはね!最近怪我も多くなってきたし、いろいろと負担もかかるだろうから、衰えない今のうちに観といたほうがいいと思うな~。ロミジュリもまだ探せばあると思うけど、次回作は是非!!
宮尾氏はきっと期待の星だと思うんですよ~、だからTVとかCMとかに出て売り出して・・典型的王子ぶりだし見栄えもいいしね~。でも今の状態で彼がファーストというのは、どうなの??下の人に負けてるんじゃないの?な~~んてバレエ素人のお前、なにさま?的戯言ですけど(笑)、思ってしまったわけで・・。だからこそガンバレーなのですねー

nana #- | URL
2009/10/25 00:00 | edit

>もっちさん
もっちさんみたいに自分がやっている人とは見方が全然違うと思うんですけど、単に振り付けをこなしてます!みたいな人はやっぱり浮いちゃいますね~。トップを極めた人との差は大きいなっと。

> クマテツ氏は大昔、眠りの王子を見て「お前はバジルか?」と思った記憶あり(笑)。
あはは。大昔はそうだったのかも~(笑)。なんだかんだいっても彼の名前と存在だけであれだけの高額チケットが売り切れて毎年いくつもの作品をやってるというのは凄いことだな~と思っちゃいます。観られるうちは私も観たいなと思いますよ~。

nana #- | URL
2009/10/25 00:04 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/1623-815a2a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop