凛・華・麗・美・優 ホーム » スポンサー広告 » vienna_2010 »Casual Luxury Hotel [The Ring]

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Casual Luxury Hotel [The Ring]  

今回ウィーンでお世話になったホテルは、ここ「The Ring」。
3895.jpg

2007年にカジュアル・ラグジュアリー・ブティックホテルとしてオープンしたばかりで、グランドホテル系列のホテルです。建物自体は古き良き時代の骨格なのでどっしりとしたたたずまいです。
場所は、リンク沿い楽友協会とオペラ座の中間地点(ともに徒歩3分とかからず)、グランドホテルホテルブリストル、ショッピングセンターも道路挟んで正面、トラム、地下鉄カールスプラッツ駅、スーパー至近、それでいて観光客の一番多くにぎやかな通りではないので落ち着きがあります。
map.jpg

ドアマン、レセプション、レストラン、ハウスキーパー、スパ・・と全スタッフがとっても気さくでフレンドリー。
ring.jpg

ロビーにはいつもフレッシュなリンゴが山盛り。帰るたびに1つ、2つといただきます。奥にはPCとプリンターがあり自由に使えます。
私が使った時、プリンターがインク切れだったので、メンテをお願いすると予備がなかったらしく「私にメールして!こっちで印刷するから」とレセプションで対応してくれました。

帰りのカーサービスの時間変更も、慣れない英語で私がやるよりお願いしちゃおう、と頼んでみると快くその場で電話をかけてくれ、雨が降りそうな日にはかわいい傘を「持っていったほうがいいよー」とさっと貸してくれたり。
確かにカジュアルだけど気持ちのいいサービス満点でとっても気に入りました。

部屋はX-ordinaryというタイプ。ホテルサイトで3人と入れるとこのカテゴリーとスイートしか出てこないので、この人数だと選択肢は少ないのですが、同じ部屋タイプでもレイアウトはいろいろあるようです。
私たちの部屋はリンクに面した1階(日本式では2階、バーのすぐ真上です)。エレベータに乗らなくてもいいし、会談上がってすぐなので近くていいけど、到着日の夜、明け方5時近くまでパーティがあったようで、ものすごーーーーく煩かった。ざわめきだけじゃなく、ラッパ拭いたり、音出したりの大騒ぎ。さすがにこれには閉口して翌日には部屋を変えてほしいとお願いしたけれど、パーティはこの日だけとのことでそのままに。確かに以降は静か。

この写真は入り口方面からみたところ(ホテルの写真拝借)。
部屋に入ると、右側に洗面&シャワー、左側にトイレ、水回りの壁から2畳ほどのクローゼットスペース。たくさんのハンガー、靴置き場、引き出し、金庫、アイロンなどなどスーツケースを3つ広げても十分な広さで全部の服をしまっても余裕があります。素敵♪
バスローブ、スリッパ、タオルたくさん、予備の枕、毛布もあり。
アメニティはモルトンブラウンで、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、シャワーキャップ、くし、石鹸3種、コットン、やすりもあり。体重計もありました。もちろんドライヤーもあり。

写真右手前に少し移っている棚の下がミニバー、エスプレッソマシーン、飲み物もたくさん、ワインやらシャンパンやらも無料か有料かわからないけれど、毎日たくさんありました。ポット、グラス、カップなど(この手前がクローゼット)、左側には見えないけれど、大きな壁掛けTVと広いビジネスデスクがあります。ここにコンセントが5こくらい(ほかにもたくさんあり)、さらに手前にソファーがありこれがベッドになります。

写真を撮るのをすっかり忘れたんですが、HPの写真と印象は全く同じです。
空調は自分で調整できるけど、よくわからない(苦笑)、2重窓は空くので、風を入れ替えることができます。
夕方にはターンダウンのサービスがあり、その時には毎日チョコレートを置いてくれます。
美味しかった!

あとは無線LAN。これが無料で使えたこと。今回パソコンは持たず、iphoneだけにしたけれど、これだけで十分情報収集は可能でした。火山噴火の続報が気になるけれど、ドイツ語や英語のニュースじゃ正確なことはわからない、そんな時ネットの日本語ニュースや航空会社の情報は本当に役立ちます。一日の終わりにつぶやけば、すぐに反応してくれる人たちがいて、気分転換にもばっちり!

これだけ便利に使えたのは環境のおかげだけど(NYじゃ、無料~というのはまだまだそうないし)、iphoneがこれだけ使えると、もうPCを持ち歩く必要はないかな~(仕事でもしなければ)。使った金額もほぼ毎日数時間使ってもローミングじゃないのでタダ。荷物も少なくて済むし便利な世の中だ・・とつくづく思った次第です。

このほかにありがたかったのは、チェックイン時間を通常14時から12時に、チェックアウト時間を12時から14時に、ここまでは無料で応じてくれます。早朝に到着し、夕方旅立ちたい私たちにはありがたいサービスでした。
x-ordinary1.jpg

当初、20年前に泊まった思い出の場所「K+Kマリアテレジア」にしようと予約をしていましたが、部屋のカテゴリーをみると3人でゆったり~というのはどうもなさそう。家族だし、もともと田舎もんの集まりなので豪華じゃなくてもいいし、少々難があっても大丈夫なんですが、そうはいっても、慣れない外国での滞在なので、選ぶポイントは

1.便利な場所(抽象的!だけどどこに行くのも便利なところがいいな~と)
2.広さがあること(家族だけど24H顔を突き合わせているのは結構大変。100平米はいりませんが肩が触れ合うほどせまいのもどうかと・・(笑))
3.バスタブがあること(酷寒の時期ではないけど、一日の終わりにはせめてバスタブでくつろぎたい!私が♪)
4.電気ポットがあること
5.無線LAN環境のあること

これ、ちゃんとクリアしたはずだったのに、結果はバスタブがなし(号泣)。
チェックイン後、すぐにバスタブのある部屋にして~!!とお願いしにいったけど、このタイプにバスタブのある部屋はない、という返事。事前に聞いた時はあるって言われたのにな~、聞き方の問題か、言い方の問題か・・。あるけど満室なのか・・謎。でもホントにないのかも。
トイレは別になっていたので、これはこれで使い勝手はよかったけど、シャワーブースには中途半端なガラスの仕切りがあるだけなので、どうしても水浸しに・・。一人ならよくてもこういう設備に慣れない老親は大変に苦労をしていました。。かわいそう。。ごめんね。
初日には気を付けていただろうに、満潮を迎えた浜辺のように洗面スペースまで激しく浸水(笑)。
翌日には、うまく浴びれないからやめとく・・(シクシク)な雰囲気。あ~あ~ホントにごめんね(泣)。
いいの、いいの。世界中の人みんながこういうシャワーをうまく浴びれるわけじゃないんだから、水漏れしなきゃいいよ!水浸しは私が拭くからさっ!!
となだめたりして・・。

後半はホテル内にあるスチームサウナに行き、ようやくゆっくり。
ま、こういう使い方もありなのかな。
ホテル選びはいつも悩むけど、やっぱり私は客室数が多くバスで団体さんが乗り付けるような大型ホテルではなく、こじんまりしていて設備がよく、スタッフもあったかいところがいいな~。

そんなわけでバスタブ以外は完璧♪ ★4.8です♪
また是非泊まりたいホテルです。


The Ring
Kaerntner Ring 8
A-1010 Vienna
Phone: +43 1 22 1 22
Fax: + 43 1 22 1 22-900
関連記事

category: vienna_2010

tag: ホテル 
tb: 0   cm: 2

コメント

バスタブありました

X-ordinary 部屋番号202に宿泊しましたが、バスタブありました。かなり広いバスタブで、大満足(シャワーもレインシャワーでしたし)。

写真にソファー(案内にはBreakfast tableと書いてあった)が写ってないですが、ない部屋でした? であれば、何らかの手違いでX-OrdinaryではなくSpecialRoomだったのかも?。でも、それだと3人のトランクが十分に広げられるスペースはないか。。

または、3人ということで、エクストラベッドを入れられる部屋に限定され、エクストラベッドが入れられる部屋は、バスタブがない部屋しかないのかもしれませんね。

TheRing帰り #- | URL
2010/09/16 18:56 | edit

Re: バスタブありました

>TheRing帰り さま
いらっしゃいませ。返信が遅くなってすみません。
Ring Hotel情報(検証?)ありがとうございました!やっぱりバスタブありましたかー。むむむ 笑。
部屋タイプは X-ordinaryで間違いないと思いますが、このタイプは部屋によって調度品やレイアウトが違うと言うのでバスタブのあるなしもそういうことなのかもしれないですね。3人という指定も関係したかもしれません。そういえば、帰国後同じような時期に泊まった方のレポにはスイートでもバスタブがなかった!と書いてありました(驚)。
このエントリーの写真はホテルサイトから拝借したものですが、全くこの部屋と同じレイアウトだったのです。なので写ってないですがソファーもありましたし、ビジネステーブル以外のテーブルもありました。
バスタブ以外は完璧だったんですけどね~。

でもバスタブつきの部屋がある!と伺ってなんだか安心しました。ありがとうございました!

nana #- | URL
2010/09/18 22:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/1703-4a76866f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。