凛・華・麗・美・優 ホーム » vienna_2010 »0503 Live Opera on Herbert von Karajan Platz [Carmen]

0503 Live Opera on Herbert von Karajan Platz [Carmen]  

オペラに全く興味のない人でも、「カルメン」の曲は聴いたことが絶対ある!ほど有名な作品。さらにこの日のキャストの元々は、オペラ観てみようかな?くらいの気持ちがある人なら名前くらいは聞いたことがあるだろう超有名人たち。

指揮:マリス・ヤンソンス(降板) ⇒ アンドリス・ネルソンス(ヤンソンスの弟子)
カルメン:エリーナ・ガランチャ(降板) ⇒ ナディア・クラステヴァ
ミカエラ:アンナ・ネトレプコ ⇒ 無事登板
ドン・ホセ:ローランド・ヴィリャソン(降板) ⇒ マッシーモ・ジョルダーノ(近頃ヴィリャソンの代役多し)

指揮者のさよなら公演、今をときめく2大ディーヴァ共演、ヴィリャソンのホセの4枚看板はプログラム発表当初から世界中の話題だったそうですが、4月に入ってバタバタと降板が発表され(みなさん公式には体調不良、入院などが理由です)、気がつけば、当初のメンバーはネトレプコのみ。彼女だって直前の公演を全キャンセルしてるので、当日ドタキャンなんじゃ、、の噂もありました。

3日はこの新演出の初日。当然チケットはソールドアウトでちまたでは3千ドルとかなんとか言われてましたよ。結局こうなってしまい、その価値があったかどうかは・・・(代役の良し悪しの問題ではなく、このキャストに期待して払うわけですから・・)。私はそれはそれでチケットあれば観たかったな、なんですけど、広場でのライブ映像も違った意味で楽しく見ることができたので、ま~いいか。ってとこです。

曇り空で始まったカルメンもインターミッションを挟んで後半には雨が降り出し最後はまた上がる、そんな状態での鑑賞となりました。
ちゃんと椅子も用意されてますが、数がそう多くなく、昼ごろにはすでに席に座っている人がいたような。もちろん無料で、椅子のないところでも自由にどこでも座ってもた立ってもみることができます。
見に来ている人は観光客というより、地元のオペラ好きの方が多い印象。チケットが入手できなかったんでしょうね。
私は、夕食後のんびり行ったので、当然椅子はなく、それでも柵によりかかれる場所をキープし立ったり座ったりしながら観ていました。ここにもジベタリアンがいたし。

映像はクリアで、アップが多いので、美しい人は目に優しいですが、指揮者をじーーと見つめて怖い目で歌う人アップだったりすると、急に冷めたり(笑)。わざとらしいーよーーとか、アップというのは功罪ありですね~。
それでも画面の後ろの建物内と同時にみられるし、席が遠かったら表情なんてまったく見えないこともあるから楽しみ方としてはありですね。

字幕はドイツ語です。ちなみにインターミッションの間はCMが流れてます。

インターミッションの間、みんな暇だから(?)一人で観ていた私の世話を焼いてくれました(笑)。
オペラ好きのみなさんに
住んでるの?オペラ好きなの?誰が好き?今日の出来どう思う?なんて・・アタタタタ。うーんと、えーーっと。
(だからー、単語で答えられない質問は・・・--)
そのうち、キャストの降板に話が及びおじさまもおばさまもウワサ話、世間話に巻きこんでくれます♪

*ヤンソンスはネトレプコとの共演を近頃はことごとく避けているので、今回も事前の作品をキャンセルしてこれに出ると決定した時点でヤンソンスの方が降りた
*自分の愛弟子(ネルソンス)を初日に抜擢するにはちょうどいい
*ネトレプコはキャンセル魔だけど、それはどうやら妊娠したかららしい。ミカエラは出番が少ないし動きが少ないから出ることにしたそうだ
(日本に来る予定があるんだけど、、というと、たぶん行かないわよっっと(笑))
*ガランチャは、ヤンソンスが降板した時点で自分の旦那(指揮者)に指揮をやらせるよう交渉したが、あえなくネルソンスに決定したために、腹いせで降板した
*マッシーモは近頃よく出てくるけど、ホセのキャラじゃない、浅い!いつも同じ顔しかしない!(どうもこちらのみなさんに評判がよろしくない・・^^;)
*ナディアは若手でよく頑張ってるけど、ガランチャには及ぶわけない・・・・(というか、私には友近にしかみえないです・・^^;)

とまあ、こんな具合です。
どこまで事実で、どこまでが噂話か知りませんが、みなさん事情通(笑)。そうなのよね~、そうそう、私も聞いたわよ~、読んだわ~。あなた知ってる?なノリであれこれ教えてくれました。
勉強になるな~(笑)、楽しいな~(笑)。

そんなよもやまを聞いているうちにあっという間に後半です。
よくしゃべるおじさまは、始まってもしゃべりつつけ、そのうちこれは有名だ!といって一緒に歌い始める始末^^;。えーと思ったら、おばさまに「静かになさい!」と叱られた (笑)。

私には、「ホント迷惑よね~あなたに行ったんじゃないのよ~ごめんね、ほほほっ。」って。。ほほほっ。

以下、せっかくなのでデジカメ動画を少し。
これは今一番お客様を呼べる!と大人気のソプラノ歌手「アンナ・ネトレプコ」のミカエラが、カルメンに現を抜かすホセに「お母さんが死にそうだから一緒に帰ろうよ~」と歌う場面。この映像からはとてもそんな場面には見えないと思いますが(笑)。なんせミカエラ怒ってるし、大事な人って感じもしないし、母性もない。ホセは目が怖いけどどっちも愛してなさそうだし(単なるストーカーっぽい)、カルメンもまた不機嫌で怖い顔してるしね~。行きたきゃ行けば?フンっ!って感じでしょうか。それはそれでいいのか、もう違う人に気がいってるから。

途中目の前を傘をさした人が通りますが、ライブっぽくて良いでしょ?笑

最後カルメンがホセに殺される場面。
カルメンがエスカミーリョと結婚するのを見て、逆上して自分のものだったのに、愛していたのにーとブスリと殺す場面。だけど、なんだかちっともそんな風には見えないのよね~。マッシーモっていつもこんな顔してない?
METのガランチャとアラーニャの場面が強烈すぎて、正直は~?な感じで観てました^^;。贅沢♪



ネルソンスの指揮は若々しくて良かったな~。METデビューだったセグウィンも若くて(しかも猛烈に早くてびっくりした!)新しいカルメン!でよかったけど。
ネルソンスは秋にウィーンフィル来日公演で小沢さんの代役が決定しています。カルメンはとても評判がよかったそうなので、楽しみですね~、行かないけど 笑。

噂のネトレプコは確かにすごい人気。完全にショーストッパーとなっていました。私はナマで観たことはないですが、この画面から受ける印象としてはなんと自由自在に歌うことか、相手に関係なく「ネトレプコ」として存在してる感じがある意味さすが!っと。売り出したころの映像や写真をみるとものスゴイ美人だったけど、今はぽっちゃり♪ でもキレイですよね~。

これで終了。
カーテンコールの様子はエンディングロールにかぶって少し映っていましたが、もっと大拍手を想像していたので、みんな拍手もせずさっさと帰路についていくのが印象的。

このころには私もすっかり冷えてきていて、ご一緒したみなさんにお別れをいって帰ろうとすると、おじさまに「コーヒーでも飲まない?もう少し一緒に話をしようよ」とお誘いを受けたんですが、丁重にお断り。
もう英語の嵐で頭がいっぱいいっぱいでしたよ。さらにもうすこしジェントルマンな感じだったらね~~。。。ね~、何?(笑)。

さ~、ホテルに戻ったら荷造りせねば!
関連記事

category: vienna_2010

tag: オペラ  ウィーン 
tb: 0   cm: 2

コメント

出た!ネトレプコ妊娠説!
おばさまの「たぶん行かないわよ」に「やっぱり…」と納得してしまいます。
アルゲリッチが東京に来ない位ガチかもしれません(笑)
旅先でこういう会話をするのって楽しいよねー
普段は決まった友人としかできない話を、行きずりの人とできちゃうっていうのがなんかうれしかったりします。
往路のKLM隣席のおじさまがそうでした。
おじさまはグルベローヴァさまのファンなので
「わたし、『ロベルト』行きましたよ!」と言ったら
「おぉ、それはうらやましい」と言われました。
そのおじさまはわたしのギリギリなコンセルトヘボウ入りを「Trust me」と保証してくれたのだけど、こちらはホントに大丈夫でした(笑)

さちえ #1olHiW.o | URL
2010/06/02 22:49 | edit

>さちえさん
笑。雨降りの中3時間ほぼ立ち見でみるくらいオペラが好きなみなさんなので、ま~ホントウに事情通のようで・・笑、単なるウワサか事実かよくわからない内容をぺちゃくちゃと楽しそうにお話されてましたよ。あ~もう少し語学力があれば、私もいろいろ突っ込みいれたいとこだったけどー、ホンのちょっと合いの手をいれられたくらいで残念^^;。
それでも偶然出会った人たちとあれこれおしゃべりできる!ってのは、旅の醍醐味だね~。
楽しいひとときでした♪

Trust me・・もNGワードじゃないことがあるなんて!ってか、それが普通よね 笑。

nana #- | URL
2010/06/04 21:34 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/1712-7d17456d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop