凛・華・麗・美・優 ホーム » スポンサー広告 » vienna_2010 »0504 まもなく帰国、その前に・・。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

0504 まもなく帰国、その前に・・。  

ホテルまでの帰り道、急に買い物をしたくなったらしい母の希望で寄り道。そしてホテルに戻るとチェックアウトであと40分ほど。ほとんど荷造りは終わっているとはいえ、ぶらぶらしながらちょっとずつ買ったいろいろを詰めたり、忘れものがないか見まわしたり、、シャワー浴びて髪洗ったり・・(私です 笑)。
ギリギリで準備完了~!でチェックアウト。ふ~。
同じホテルでの連泊はいちいち片づけなくていいし楽でいいわ~。どこに行くにも本当に便利な場所で、それなのにガサガサっとした中心地ではないので落ち着きます。あとで別エントリーで書く予定ですが、新しさと古さの混ざったとても居心地良い滞在でした。スタッフもみんな変な親子をすぐに覚えてくれてとても親切で至れり尽くせり♪。
元気に最後まで過ごせたのはこのホテルのおかげもきっとあると思います。

・・で、チェックアウト後、実はまだ遊べる時間が3時間ほどあるのですよ うふっ。荷物を預けて遅いお昼から。
行って見たかったホテル近くのレストランに3度振られてしまい、しかたなくすぐ近くにあったレストランに入ることに。地元の人しかこなそうな小さな店で、キビキビした女子一人で大忙し。よく働くな~と感心する私たち 笑。
何食べる~と聞くと、シュニッケルというじゃありませんか!最後に肉?揚げ物?と驚いたものの、どうもとても美味しかったらしく帰国前にぜひもう一度と思ったそうで、それならば!と頼んでみました。
グリークサラダとウィンナーシュニッケル。
IMG_0302_c.jpgIMG_0300_c.jpg
今回食べた食事の中で一番おいしいシュニッケルだったかも~!サックサクで軽くてほどよい味付け。これは大当たりですよ。全員で大満足。だからガイドブックにない小さなレストランは侮れない。たぶん観光客向けというより地元の人が普通に食べに来るんだろうな~。安いし美味しいし。場所はちゃんと覚えてるからね!

そのままセセッション・・は外観のみ(観光バスが3台ほど乗り付けてる最中)。ここにはクリムトの作品があるそうですが、またいつか。
CIMG4309_c.jpg
そしてその近くにあるナッシュマルクトへ。市民の台所と呼ばれるマーケット+食事処が並んでいます。こういうところは見るも楽し、歩くも楽し、といった場所ですが、両親はかな~り喜んでおりました 笑。 おなかがいっぱいなのにつまみ食いがしたくてたまらなかったようで、あちこちを覗いては、ねーねー、あれ1つ買ってみない?食べてみない?の連発 笑。はいはい、私も満腹ですが、ちょっとずつならね、と。
CIMG4312_c.jpg
ここにはシュパーゲルが売っていましたが、まだ小ぶりだったかな~。旅行から1か月たった今、まさに旬らしくあちらのニュースレターやメルマガには美味しそうな写真がたっくさん。食べたかったな~、これはまた次回へ。
CIMG4313_convert_20100505232308.jpg

CIMG4311_c.jpg
あと1時間くらいあるけれど、時間が迫ってくるとなんとなく気忙しくなるらしく、ちょっと早いけどホテルに戻る!というので、それならば!と私は一人で最後のスイーツへ 笑。
これまたホテルから徒歩2分ほどのインペリアルホテルにて「インペリアルトルテとエスプレッソ」を注文します。店内はなんだか空いてたな~。
IMG_0306.jpg
さ~食べた、食べた♪ もう十分すぎるほど食べて満足!帰るよー。
17時にお願いしたタクシーサービスを待ちながら、ホテルのゲストブックにサイン♪
そして時間より少し早く到着したタクシーに乗り、空港に向かいます。最後まで本当に親切なスタッフで助かりました。お世話になりました。また泊まりたい!

夕方の渋滞を予想して早めに出たけれど、拍子ぬけするくらい空いていてあっという間の到着。ホテルからの所要時間はジャスト10分!!ガイドブックには3,40分と書いてありますが、、、、そういえば来る時も15分ほどだったなー。早すぎる~~笑。

ま、慌てる旅よりはゆとりがあるほうが老親のためにも良いので、それはそれでいいとしましょう。
カウンターも開いたばかり。トレーニーの名札輝く青年のところでチェックイン。定刻に飛びますように。無事に荷物が届きますように。
・・というか、私と母のスーツケースは問題なしだったけど、父のは・・・・(たぶん26キロくらいあったはず)。言われたら追加料金を払うつもりで待っていたら、隣のカウンターの先輩となにやらやりとりをしていたけれど、結局何も言われず、そのまま通過。ありがとーー、お兄さん!!

さて、次は免税手続き。
パリで乗継があるので、本来はEUを最後に離れるパリで手続きをするのですが、スーツケースに入れるならウィーンでもできるということなので、カウンターに行ってみます。
が、案の定NG。パリでやりなさい、とつれないお言葉。両親の洋服はスーツケースに預けてもいいけれど、私が持っていたのは陶器。これはさすがに・・・。乗継の時間が短いからとかいろいろ言ってみたもののNO。
仕方ない、諦めます。
・・この時点でもう免税手続きは無理だろうなーと完全にあきらめました。

搭乗までは2時間半以上ありますが、ウィーンは小さな空港で、ショップもレストランも少ない。ちょっと物色してお土産を追加したあとは、時間まで無料Wifi使って暇つぶしと人間ウオッチング。空港もただで使えるなんて太っ腹だな~。

19時をすぎていよいよ搭乗手続きが始まりました。
が!なぜかそこのゲートだけ大混雑。長蛇の列ですよ。パリ、ミラノ、フィレンチェ行きの飛行機がすべて同じゲートなのに、1つしか開いていない。勤勉できちんとしているオーストリアで珍しいんじゃないかしら、この風景。1つだからちっとも進まずフランス人たちイライラ。乗り遅れちゃうよ~、先に行かせてよ~と割り込んでくる輩は多いけれどみんな入れてあげない意地悪さ 笑。このあたりで少しずつ私も焦り始めるのです。
こんなに混んでたらこの便に乗れないことはないけれど、この便が遅れたら・・・乗継が・・厳しい。
もとから75分の乗継時間だったからギリギリなんですね~。わかってはいたけれど、無駄なく遊びたくてこれを取ってしまったので。いざとなれば走ればいいか、と思いながらも両親と行くことになってからは相当緊張してたのです。

ゴタゴタゴタ・・・20時をすぎてようやく3つの税関がオープン。遅いよ~。
定刻は20:15。飛び立ったのは20:35です。さ~間に合うか、乗継!!!

(おまけ)
最後のディナーで食べた魚料理。
お勧めを聞いたら、オーストリアの魚も美味しいよ~というので注文したのがこれ。種類は全く分からず、白身の魚が登場して、みんなで、大きいね~、何の魚だろうね~、オーストリアは海がないから川魚?ドナウ川で捕れるのかななどと言いながら食べてみたら、美味しい~~!!!ぷりぷりして、適度な脂があるけど、さっぱりした味つけですごく美味しい。何となくおなかいっぱいといいながら店に入ったけど、争うように食べつくしました♪
CIMG4245_co.jpg
で、お勧めしてくれたスタッフに、名前を聞いてみると英語では「Pike Fish」というんだよ~というので、メモして帰宅。どんな魚か調べてみたら・・
PikeFish.jpg
デカっ。
先にみなくてよかったかも~笑。

CIMG4242_c.jpg
何回か飲んだスパークリングワイン。そのたびにヘロヘロに・・笑。
関連記事

category: vienna_2010

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/1716-3976e2c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。