凛・華・麗・美・優 ホーム » スポンサー広告 » vienna_2010 »0505 帰国しました!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

0505 帰国しました!  

ほぼ満席のパリ行き。3人並びの席だったはずが機材変更とかでばらばらに・・。ま、そう長い時間じゃないのでいいか!と思っていたのに、先に座っていた紳士につい「すみません、父と席が離れてしまったので代わっていただけますか?」と言ってしまった私。出発が遅れている、間に合うかな~?の不安が、バラバラの席を一層不安にさせたのかも。もちろん、この紳士は「もちろんOKですよ~」と快く代わってくれました。ありがとーございます!!

なんだかんだいっても飛行機は飛び立ってしまえばあっという間。機内食がでたり、飲み物が・・なんてワサワサしているうちに着陸態勢に入ります。
時計をみてみると到着予定より10分ほどの遅れで着きそう。これならダッシュしなくても、早歩きくらいで何とか間に合うだろう~という感じ。もう荷物や免税手続きはこの際どーでもいい 笑。
空港に着陸しゲートに向けての移動中、あんまり時間がないから急ぐよーと両親に告げてすぐに降りられるように準備をしていると機内アナウンスが・・。

「プエルトリコ行き**便と東京成田行き**便に乗り継ぐ方はCAに申し出てください」
ん!?成田って言った?言ったよね?ね??と両親に聞いてみてもぽか~ん(笑)。

チェックインは済んでいるから体が間に合えばOKだけど、、何かしらのヘルプがあるのかな?

ベルト着用サインが消えて扉が開くと、焦りながらも順番に出口に向かいます。出口付近にいたCAさんに「東京成田行きに乗るんですが・・」というと、「あ、じゃ、彼のところに行って!!」と出てすぐのところにいたスタッフを指差します。3歩くらいすすんで彼のもとにいくと手には搭乗者名簿のようなものを持っていて名前を聞かれチェック。
東京行きは私たち3人のみ、プエルトリコ行きの2人が間もなく到着すると、カモン!と、いつものようにゲートに向かうのではなく、扉近くの非常口のようなところから階段でおり、まるでVIPのお迎えのごとく待機していた車に乗るよう促されます。
へ~~え、この時点ですごく焦っていた気持はすっかり消え(ちゃんと連絡をしてくれていて、車で案内してくれるなら乗り遅れることは絶対ない、という確信がもてたから♪)、初めての出来事にワクワク 笑。

到着した2Dから出発の2Eまで猛スピードで運転してくれ、またスタッフ専用の入口から中に入ります。もちろんここにもスタッフが待機しています(ヒマなのでiphoneで遊んでましたが 笑)。車止めてくるから中でちょっと待ってて!と言って車を駐車場に。余裕だなー。外は寒い!!
待機していた女性スタッフに、「寒いから中に入って~」なんて気遣いをしてもらい(いい人だ・・(笑))彼を待ちます。
さ~あとは搭乗ゲートまで・・。といいつつ、ここからの距離が結構あります。早足で引率しつつ途中にいるスタッフに成田行きのゲートナンバーを確認しながら直進します。もう笑いながらついていくのみ。

ようやく出国審査場に到着すると、並んでいる人を向こうに「こっちよー」と特別ゲートに案内され2秒で終了。続く手荷物検査も特別のゲートに案内され「マダム、こちらへ」と・・・。でもここではベルトも靴も・・とちゃんと検査されましたが・・あっというまに終了。ここから成田行きの搭乗ゲートはすぐ。目の前には日本人の塊が。。

引率してくれた彼はニコっととびきりの笑顔で「やったね、間に合ったね!よかった~。気をつけて良い旅を!!」と両親には握手を、私にはハグで(?)見送ってくれました♪

プエルトリコ行きはさらに奥のため、二人を引き続き引率です。じゃ~ね~。

ほ~~っ。
ホントに間に合ってよかったね!事前にいろいろ読んだネット情報で【乗り継ぎ時間は最低2時間】みないと乗り継げないとか、到着便が遅れたらチェックインをしていても乗せてくれないとか、相当厳しい情報を読んで覚悟していたのでさすがに焦ったものの、運がよかったのか、本来はこういう対応なのか、実に親切でテキパキと対応してもらいました。
でも考えてみたら、慌ただしいけど、自社サイトでこの時間の乗り継ぎをOKと販売しているのだから、飛んじゃったあとの到着じゃムリだけど、ギリギリこういう努力をしてくれるものある意味当然なのかな?なんてことも思いました。

ま、どういう対応をしてくれたとしても心臓に悪いのは確かなので、特に老親を連れているときはもう少しゆとりのある乗り継ぎにしましょうね>私。
結局、免税手続きなんてのは当然ムリ。諦めて機内に乗り込みました。

CIMG4318_c.jpg
ほぼ満席の機内は当たり前だけど日本人だらけ、ここでもう一気にに日本に戻った感じ。二人と一人(今度は前後)に分かれて今度こそ日本に向けて飛び立ちます。
パリ出発は23時35分。

行きがプレエコだったせいでエコは狭い~。
それでも安心したのと、時間が時間なので、ごはんを食べたらあっという間に爆睡。目が覚めてから映画を2本みたら到着です。
帰国便は約10時間。定刻(18時)より早く体も楽々~。
GW最終日の空港も夕方18時ならピークを超え空き始めます。飛行機を降りて振り返ると見事なサンセット。
CIMG4319_convert_20100505232339.jpg
無事帰ってこれたね~、良かったね~~^^。

入国審査を済ませ、一応預け荷物のターンテーブルに。ま、あの慌ただしさの中人間がやっとなんだから、ロストだらけのAFで荷物が届くわけがない、と覚悟を決めてたので手続きのために残っていたのだけど、テーブルが動き出したらすぐに見覚えのあるスーツケースが!!
あ、あれ???私のじゃない?え、ウソーー!!?? プライオリティの仲間になって3人分のスーツケースが無事到着(感激)。
わずか50分ほどの時間にちゃんと積み替えてくれたんだ、エールフランス凄い!!やるじゃん!!
届くわけがない!と思いこんだ私を許して(笑)。

無事すべての荷物が揃い、ここからはバスで最寄駅へ、そこからタクシーで私の家を経由して実家へ。20時前には自宅に到着です。

終わりよければすべてよし! 出発の日から大きなトラブルもけがも病気もなく、モノがなくなったり荷物が届かないこともなく、ちょっと慌ただしい乗継があったけど、ああいう経験もそうないから貴重といえば貴重だから旅としてはありですね~(親はヒヤヒヤだったと思うし、疲れたと思うけど)。

帰国後もそう時差ボケに悩まされることもなかったようで、どう?と聞くと「また行ってもいいかな~」と言ってることが何よりもうれしいことです。

噴火や体調不良や、、いろんな心配事はあったけど、旅が実現できたこと、元気に帰国できたことに感謝です。

・・・というわけで、1か月以上かかってようやく帰国(ほっ)。
関連記事

category: vienna_2010

tb: 0   cm: 4

コメント

お疲れさまでした!!
AFのCDGトランジット、わたしも前に不安で問い合わせたら「発券してあるということは、乗り継ぎも保証するってことです」と言われました。
そうは言ってもねぇ、ほら、わたしたち山羊Aは心配なわけですよね(笑)
とにかく「終わりよければすべて良し」
またがんばって旅に出ましょう!

さちえ #1olHiW.o | URL
2010/06/14 21:20 | edit

おかえりなさ~い!

で、乗り継ぎの恐怖(笑)。私は同じ旅行中に一度はしっかり目の前で置いていかれ、一度はバスに乗せてもらって間に合いました。なので五分五分。でもご両親にとってはバスでの移動のほうが結果的には楽でラッキーだったかも?どっちにしても心臓に悪いことは間違いないですよね~。ともかく、間に合ってよかったですね!

aya #fdGsTRjY | URL
2010/06/15 11:33 | edit

>さちえさん
やっと帰国できました 笑。
まーもともとは気ままな一人旅予定で、ギリギリまで遊ぶぞー!の意気込みだったので、同じスケジュールで移動させたのは反省せねば、です^^;。今回はVIP対応で間に合ったけど、次はやはりもう少し余裕をもって、ちゃんと免税手続きができるようにしないとね~。
山羊Aのはずが時々忘れて暴走することもあり・・なので 笑。
ようやく次の旅へ心が向きそうです♪

nana #- | URL
2010/06/15 21:56 | edit

>ayaさん
ただいまー!(すでに帰国して40日 笑)。
あちゃー、置いてきぼり体験ありでしたか・・。怖いです~。今回は結果的にひろーいCDGを歩くより車でビュンでラッキーだったけど、心臓に悪いので、次回はもう少し余裕をもつことを肝に銘じます(たぶん)
気ままな一人旅とツアーガイドじゃえらい違いですもんねぇ、しみじみ。

nana #- | URL
2010/06/15 21:59 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/1717-3373cef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。