凛・華・麗・美・優 ホーム » 音楽 »An die Freude 練習記録~14

An die Freude 練習記録~14  

14回目。そして集中練習1回目。

12月に入りました。
で、なんかナマ暖かい一日。やっぱり変な気候だな~。
汗だくになって今日からの練習場「リハーサル室」に入ります。前にも使ったことはありますが、やっぱり人数が増えてきて「集中練習」と言われると、空気が違う気も。

今回から、マエストロによる直接指導です。ミク先生はマエストロ助手のような感じで、作品を創る部分以外の細かなところの指導担当のようです。
さらに、各パートに研究生やプロの方が参加。私たちアルトにはこれまで時々指導してくださった美声の女性のK先生が参加です♪ きゃ、ぜひぜひこちらへ・・と念じていたら最前中央に席を作り・・そうこの場所はFさんの横、私の横横 笑。ステキー。今日は左側肩こりにならずにすみそう♪
やっぱり最前列というのは何においても最強なのです!

そして今までピアノを弾いていた男子はバスへ。そっかー、どうりで歌えるわけだ。時々ミク先生のかわりに声だしてたけどそういうことだったのね~。
ソプラノはあとから、テノールは次からと言っていたのでこれから各パートはプロが補強されて、素人の私たちを引っ張り上げてくれるわけですね。納得。
プロが入るということは、たったひとりでも、間違いなく正しい音で、そして美しい声で歌ってくれるわけなので、自然とそこに意識が集中して声も集中する気がします。

マエストロが登場する前にミク先生がひとこと。

とにかく「集中して!」。
音楽は集中しないとできなきないからね。

マエストロは穏やかな表情と優しい声をしてますが、指導は厳しいです。
何度も何度もある程度の形が出来るまでは妥協しません。「もう1回」「もう一度」。。
でもいい感じに笑わせてくれるので、突然和んだりします。厳しいけど。
その分ミク先生は和やかなムードを作ろうとしてくれる・・(感涙)。K先生はここでは模範生のような扱われ方で、マエストロに「ちょっと歌って見て」「テノール手伝って」「ソプラノ歌って」とひっぱりだこ 笑。そのたびに「はいっ!」と。どんな不意打ちでもビシっと正しい音が出せるんだ~。

マエストロは、本番はどうなるかわかんないんだから、個人がきちんとしたリズムとテンポを持ってないとむちゃくちゃになるんだよ~といいながら、いろんなテンポで歌わせます。伸ばす音や入り方もわざと遅くしたり早くしたり。ちゃんと指揮見てーーと。は、はい~。

音源を聴いてみると、先週とは別団体のよう(汗)。
全体のバランスも凶器のような声もなし 笑。時々、本当にきれいに聴こえる瞬間(瞬間、、じゃ困るんだけど)がある。

*気持ちをこめて、歌詞の意味を伝えるような気持ちで
*大人の声で、もっと響かせて、もっと深い声で、もっとしっかり歌って
*リズムを感じて、拍を感じて
*言葉の区切りを意識して音に乗せる。
 たとえば、ふろーいで、しぇーねる は頭にアクセントがあるんだから、ふろーいで、しぇーねる とは反対に歌わない
*合唱だから、ここ!と指示された場所以外は自分の都合で、好きな場所でブレスしてよし。
*本番まではしっかり楽譜をみて、どの音にどんな記号があるか確認し覚えること。
*もう覚えたから、歌えるからと勝手気ままに歌わない。
*合唱だから、まわりの声をよく聴いて、みんなで気持ちを合わせて、ひとつになって!!!

言われる内容がバージョンアップしたっ。
これから「第九 第4楽章合唱」を創る練習なんだな~と痺れた。

そして家についたら腹筋と腰が・・い、痛いです。。ぐ-。
でもがんばるよ。

あと5回。
0901.jpg
関連記事

category: 音楽

tb: 0   cm: 2

コメント

いよいよカウントダウンですね♪
街の雰囲気もクリスマスになってきましたし、そろそろ年末の声も
聞こえてきそうな勢い。楽しみにしてます~ぅ♪

ともりん #- | URL
2010/12/03 22:36 | edit

>ともりんさん
> いよいよカウントダウンですね♪
と聞くと、急に焦りが・・笑。 さすがに街じゅうがクリスマスになってきたので、近づいてきた感じがします~。歌うんだ~♪と話したときは、汗が噴き出す猛暑日だったのに・・。
がんばります~

nana #- | URL
2010/12/04 19:12 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/1770-519067d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop