凛・華・麗・美・優 ホーム » 音楽 »An die freude

An die freude  

0901.jpg

シラーの書いた108行に渡る詩をルードヴィッヒさんなりに手を加えて24行にして完成した「An die Freude」。
ドイツ語を読んでもさっぱり意味はわかりませんが、日本語訳されたものを読んでも・・・理解しにくい世界 汗。

同じ言葉の繰り返しが多いおかげでなんとか覚えられた原語の歌詞。
繰り返し繰り返し歌われる部分をよくよく読んでみてわかった、伝えたいこと。

Alle Menschen werden Brueder. ( すべての人々が兄弟になる )
Seid umsclungen Millionen. (諸人よ抱きあえ)
Diese Kuss ganzen Welt.  (この口づけを全世界に)


なんだかきな臭くなってきたこの時代にぴったりだった。
天才とはこういう人のことを言うのだな~とまたまたじんわり感動する。

第九を聞く時に楽しみにしていて、多くの人がよく知っている部分、合唱番号「M」の歌詞はこんな感じ。


歓喜、美しき神々の火花、
天国からの娘、
私たちはその炎に酔いしれて、足を踏み入れる、
崇高なる、あなたの聖殿に!

あなたの魔力は、ふたたび結びつける、
時の流れによって厳しく引き離されたものを。
すべての人たちは兄弟になる、
あなたのやさしい翼が留まるところで。
抱かれなさい、幾百万の人たちよ!
このキスを全世界に!


そしてエンディングに向かってガーーツと盛り上がるところ
合唱と接吻のシーン-b
Diesen Kuss der ganzen Welt/この接吻を全世界に クリムト

抱き合おう、諸人(もろびと)よ!
この口づけを全世界に!
兄弟よ、この星空の上に
父なる神が住んでおられるに違いない

歓喜、美しき神々の火花!
神々の火花!

今年GWにウィーンに行ったのに、中を見損ねた場所セセッション。
この中にはクリムトが描いた「ベートーヴェン・フリーズ」という壁画があります。
上の作品はその最後を飾る作品でまさに「Diesen Kuss der ganzen Welt/この接吻を全世界に」というタイトル。
第九に敬意を表した作品と言われています。
これがあるのを知っていて、見にいく予定もたてて目の前まで言っておきながら見てこなかったなんて、、我ながらなんてこと
CIMG4309.jpg

そんなこともこうしてこの第九参加につながったのかな。。
私自身の歌ってみたかった気持ちと、このルードヴィッヒさんの伝えたかった想いをしっかり感じて
年末超多忙の中聞きに来てくれるみなさま(本当にありがとう!!)に向けて、しっかり歌ってるころ♪
ちなみに文部省唱歌版だと

晴れたる青空 ただよう雲よ
小鳥は歌えり 林に森に
こころはほがらか よろこびみちて
見かわす われらの明るき笑顔

花さく丘べに いこえる友よ
吹く風さわやか みなぎるひざし
こころは楽しく しあわせあふれ
ひびくは われらのよろこびの歌

まるで違う歌だ・・(笑)。
関連記事

category: 音楽

tag: クラシック  第九 
tb: 0   cm: 2

コメント

おつかれさまでした~!!
なんか読んでてこちらまでうるうるしてきました。

で、セセッション!
私も実は外からしか見たことなかったです(汗)。
今年は是非中を鑑賞してまいります~~。
その時、頭の中には今年いろいろ聴き比べた第九が流れるんやろうな。
そう思うと、今まで見そびれてたことも決して悪くないかも?

aya #fdGsTRjY | URL
2010/12/24 08:57 | edit

>ayaさん
ありがとーございます!!
もう、ホントに、、心底満足な一日でした。幸せ~♪

> で、セセッション!
そうだ!代わりに見てきてくださいっ!!ホテルから近いから吹雪でもいけますよ(えーーっ笑)
うそうそ、好天になることをお祈りしています(__)

その時にできなかったり、興味なかったことも、そういえば!という出来事があると、人生って楽しいな、
なんか、つながってるな~って思えます。え、単純ですか?笑。
そーなんですけどね。
もうすぐですね、楽しんできてくださいね♪ (お話聞くの、今から楽しみなんです^^、ワクワク)

nana #- | URL
2010/12/25 10:43 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/1784-193e455e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop