凛・華・麗・美・優 ホーム » 2011 »2011.9.11

2011.9.11  

294513.jpg

1998年に初めてNYに行くまで、アメリカが大嫌いで、一生のうちたった一度でも自分でお金を払ってアメリカに行くなんてことはありえないと思っていた。
どこまでも自分中心で、自分たちがすべて正しくて、自分たちが何でも一番で・・
私のアメリカ人の印象はこれに尽きた。
そういうところが大嫌いだった。

2002年11月に人生初の一人旅を経験した。その場所はNY。大嫌いだったはずのアメリカ。
20010911、あの時に見た映像の衝撃が大きすぎてNYに行かなくては、と心が反応した。
その時は仕事がきつくて辛くて、過重労働の極限まで働いた末の休暇で飛びたした。JFK空港について扉の外にでた瞬間にボロボロっと涙がこぼれて、ずっと苦しくて苦しくてどこかに感情をすべてしまいこんでいたものが一気に崩壊して座り込んでしまったことを今でも思い出す。

その時NYが私を救ってくれたと本気で思った。
それからずっとNYは私の心の友達であり、あの空気を吸うと心が解放される気がする。

はじめのうちは、何かの目的を持って行っていたけれど、ここ何年か年末に決まってNYに行くのは、1つはミュージカルやオペラのエンタメが目的だったりするし、買い物をしたりも目的になる。けれど、一番は何を、でも、何かを、ではなく、NYに行くこと。
何もしなくてもいい。

911から10年。
私が大嫌いだった頃と今と景色は変わっても人はそう変わっていないのではないか、と思うことがある。
今でも当時と同じようなことを思うこともある。

それでもNYは特別な街。これからもずっとそうあってほしいと思う。

関連記事

category: 2011

tag: NY 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/1860-5db611b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop