凛・華・麗・美・優 ホーム » 音楽 »An die Freude 2011 練習記録~2,3

An die Freude 2011 練習記録~2,3  

2回目。

去年から参加した練習で初めての遅刻('_')。今年は練習回数が少ないから1回がとても貴重なのに・・でも仕事も大事だから仕方ない!こういうときに一緒に参加している友人がいると本当にありがたいです。
おかげでいなかった部分の音源をもらい復習できます、感謝、感謝m(__)m。
(さらに、おやつまで・・ホントにありがとう

ちょうど休憩中に到着したので何気なく確保してもらっていた一番前にすわり後半戦スタート!
が!この日はテノールのすぐ横という試練の席(笑)。
ビシビシ聴こえてくるテノールに自分の声どころか女性の声もほとんど聞こえないうえにピアノも良く聞こえない(*_*)。
さらにE先生の、どちらかというと一つ一つの音やテンポなどより、1つの曲としてフレーズごとにこうやって歌って気持ちを伝えるとか、リズムをこうやって刻んで言葉を伝えるという表現や曲の作り方を重視している練習方法を1時間ほぼ休憩なく、ものすごいパワーとエネルギーであおりまくってくれるのが・・疲れます(笑)。
こちらもものすごく集中しているし、歌い続けてるし、確かに言われるように歌うと気持ちがいいし違って聴こえるしで・・もうヘトヘトになって歌って・・。
歌い終わると、ヘトヘトだけどすっきり♪

*息の使い方、呼吸の仕方
*リズムの感じ方、とらえ方
*言葉の伝え方

歌うって楽しいね♪

3回目

釜山帰りでなんとなく鼻づまり^^;。マスクして汗かきながらギリギリセーフで到着。
今回は女性と男性に分かれてのパート練習ということで、せまーい部屋にぎっしり。暑い~~><。
相変わらずアルトは大所帯ですが声を張るような音域ではないので人数のわりに声量がないし、ソプラノはプロじゃない我々が歌うとすれば相当頑張って必死に青筋立てないとでない音域が多いので、悲鳴状態(笑)。
パート練習はK先生。

*頬をあげて、いつも笑顔を作った状態で声を出しましょう
*音域に関係なく、5階席まで届くように、いつもその気持ちで遠くを意識して
*ふわっと
*ドイツ語の発音に気をつけて(去年までとは発音も少し違います)

最後は全員集まって1年ぶりのマエストロとの練習20分1本勝負!
変わらない優しそうな笑顔のマエストロが、相変わらず言葉は厳しい(笑)。狭い部屋に全員集合なので立って歌いますが、こうなると当然最後列!

*リズムを感じて
*きちんとしゃべって
*sfを意識して

本番のような気持ちになって歌ってみると、さっきまでマスクしてずるずるしていたのがウソのようにそれなりに声がでるから不思議。これから本番に向けて絶対に体調を崩せないからひたすら回復あるのみ!です。

そういえば、前にいたおばさまが、一番後ろに立つとお友達にすぐ見つけてもらえるから好きだったのだけど、だんだん若くて背が高い人が増えてきたから仕方ないわね(私たちのこと^^;)。それに80になると4センチも縮むんだから・・。あら、私も2センチ。わはははは・・・。

いえいえ、あはは、えええっ、、、80歳???

背筋もしゃんとして、はつらつとして縮んだ?かもしれませんが十分背も高く、とても80歳には見えません。
見習います~~!!



関連記事

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/1881-d33f9e19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop