凛・華・麗・美・優 ホーム » 音楽 »An die Freude 当日編 2

An die Freude 当日編 2  

小学生以下の時系列日記はまだ続く(笑)。

1楽章が終わりいよいよ袖に向かいます。すぐに舞台だからおしゃべりは絶対に禁止、足音をさせるのも禁止、静かに動いてください!の指示がありました。
扉をあけて中にはいると音楽が静かに流れています。私自身は本番、という緊張は全然ないのだけど、演奏はまさに本番です。上手袖にスタンバイしたあとじっくりと2楽章を聴きます。
ここでもみんな列を崩さずきちんとたっていましたが、私はその場にしゃがみ込みました。だって疲れちゃうもん。

元気はE先生がニコニコしながら近寄ってきて、「まだ緊張しなくていいですよ!」なんて話しかけてくれます。私語禁止ですよ(笑)。

そうこうしているうちに2楽章が終わり私たちの出番です。上手のスタッフさんの「ではお願いします!」の合図で舞台に向かいます。今回は先頭じゃなかったけど、隣が男性という境目なので来てくれた人には見つけやすい場所のはずです。自分の立ち位置を確認して顔をあげるとすぐに両親の姿を発見!いわゆるVIP,関係者のみなさんが良く座る1Fの中央より少し後ろのセンターより。わかったわかった!
そして友人たちはどこだろう?
事前連絡がうまくいかず、私の立ち位置はお知らせしたけれど友人の場所はわからず。
ま~時間はあるので歌いだすまでに探しましょう、と会場全体を一度ぐるっと見まわしました。

準備が整ったところでソリスト、そして再びマエストロの登場です。
今年マエストロは総合練習の時にご自身の使われている総譜を持参されていてゲネの時も使ってましたが、本番はなしです。女性ソリストのドレスをみると、ソプラノさんは昨年同様コバルトブルー、アルトさんは赤いボリューミーなスカートにアントワネット様のようなウィッグ!!
思わず目がまんまるくなりました。変身(笑)。

通常なら一息、眠くなりポイントの3楽章が厳かに始まりました。
歌うようになってからここは本当に美しメロディだな、と思うようになったし、今年4月にここで聴いたメータとN響の第九でも素晴らしい演奏だったことが思い出されます。
うっとりしつつ友人を探します。たぶん3階だろう、、と上手手前から、、、いそうもない、、センターは指定席なので飛ばして下手・・んん?あれかな?一応手前までみて戻るとやっぱりそうみたい。
そこからはガン見して確かめます。5人いるはずだから、、、、ああ、男性が、、あれはみさん?Mさん×2、Fさん
きっとそうに違いない!!
もう思い込みでにっこりほほ笑みました。

知っていれば間違いなく探せるけれど、肉眼で顔を判別するのは3階が限度かな~。それ以上、特に5階は暗くてほとんどわかりませんでした。
それでも天井が高く、5階席まで人がいるというのは壮観です。自分が聴いたことのある席も舞台からはどんなふうに見えるのかな?と見渡したり・・。

それにしても舞台は暑いです。じわ~と汗をかいてきて特に手がじっとり。
うう。

というところで4楽章が始まりました。
マエストロは3から4へ、一呼吸置くだけで始めますので一旦手を下げるということはしません。このつながり方がベストだよな、、と思う私はここでピリッとするわけです。
コントラバス、チェロ、ビオラ、第二、第一ヴァイオリンと弦のつながり、管のつながりが一段と美しく聞こえます。ゲネの時も思ったけれどこの古い昭和の香りの会館が音を美しく響かせるのですね。

そして、バスのソロが・・・ありゃ・・大変なことになってますけど・・(笑)、でも男声コーラスは厚くて素晴らしい、ワクワクします。私の最初は中低音ですが、ここを歌い終わると喉が少し潤ってくるような気がしました。
相変わらず私の周りからはいろいろな音程の声が聞こえてくるのですが、それが逆に面白いしほほえましくもあります。近くはいろいろで間違いなく仲間の声、全体が混ざった遠くに聞こえる声は音は音楽としてきちんと聞こえる摩訶不思議。

私は相変わらず緊張とは無縁で、去年よりはずっとずっと楽しくて、歌っている!と実感がありました。
ふろいで~しぇーねるげってるふんけん~と有名なMに入るともう嬉しい気持ちが大爆発~!
本当は聴きなじんでいるソプラノパートで歌いたいところですが、自分の音程をしっかり歌います。もう口もパクパク開いちゃう(笑)。子音、母音、強弱記号、フレーズと注意されてきたことを思い出しながら、軽く軽くね、頭の上から声をだして~というK先生の動きや言葉も思い出して、ここは思い切り歌いました。


優しくね~のパート、世界を変える音といわれてきたフレーズ、フーガももう一生懸命歌います。
そしてSから最後までは体が動き出したくなる感じで自分がノリノリに^^、手でリズムをとり体でリズムを感じます。なんとなくオケとずれているような気がする部分もあったけど・・。
そして、マエストロがあえてゆっくりにして気持ちを重ねてほしいと思っていると感じた最後になって突然感動が襲ってきて鼻の奥がツンとしてきました。
楽しくて、嬉しい時間ももうあと少しで終わり。そう思ったらなんか泣きそうになりました。
最後の「ちゃらららら~♪ ふろーいで しぇーーねる げってるふんけん げってるふんけんっ!!」では個人的な感動がさらに大爆発(笑)。

そして演奏が終わった途端に「ブラボー」の声。

きゃ~~、もうダメ。嬉しすぎる!!
自分も楽しく歌えたけどこの「ブラボー」っていうのはこんなに嬉しいんだ!!ニッコニッコしてるけど涙も一緒にぼろっとこぼれた。
マエストロ、ソリストのみなさん、オケのみなさんの大拍手、そしてコーラス指導のE先生はソリスト並みに両手を上げて拍手の応える(笑)、そして終わりました。

ふぅ~。暑い・・。

オケのみなさんがはけ、コーラスも前から順番にはけていきますが、最上段のほぼ中央にいる私は舞台に最後までいられます。合唱仲間のみなさんのご家族、ご友人たちがそれぞれに手を振って拍手をしてくれる様子をみながら、両親、友人に目を向けました。
両親も両手を大きく振ってくれています。友人たちも立ち上がって大きく手を振ってくれています。
んんんん、手を振り返したい!!でも「振っちゃダメ」と言われてますからニコニコ、うんうんと頭を小さく振るしかできません。ありがとう、ありがとう、ありがとね~~!!
390134_339506149399725_100000210283186_1576164_1153427827_n.jpg

隣のおじさまに「また来年会いましょう。ご両親によろしくね」と言われて「はい、また是非」とご挨拶。
ようやく袖に入り近くにいたアルト隊のみなさんにも「お疲れ様~」と声を掛け合いました。

楽屋に戻り、一緒に参加したSさんとにっこり。お疲れ~楽しかったね~と満足感にひたりながら大急ぎで着替えて楽屋口から外にでます。
そこには来てくれていた友人たちの姿が!
「お疲れ様~」という声と笑顔をみたら、また嬉しくなってキュンとします。
去年一緒に歌ったFさんは舞台と客席の両方を知っています。いろいろな感想を聴きながらニコニコと今年も終了しました。

やっぱり歌うって楽しいな。
声を出すのが気持ちいいのだ。みんなと一緒に歌うのが楽しいし気持ちがいい。
本番があるから頑張れる。
ブラボーの声、拍手って本当にうれしい。
自分が楽しく歌えたと思った時は一段と嬉しいもの。
私も聴きに行って感動したら、今まで以上に遠慮なく叫ぼう(笑)。
感謝、感動を伝える手段は拍手と声援しかないのだから。

ダメダメな素人軍団を一生懸命諦めずに、少しでも楽しく歌ってもらえるように指導してくださったマエストロ、E先生、K先生。本当にありがとうございました。
もっとうまく歌えるようにがんばる。(特にドイツ語w)
若いお友達のみなさん(笑)、若い若いとかわいがってもらえますので是非一緒に♪ 特に男性募集中です。

今年も一緒に歌ってくれたSさんありがとう!
IMG_1352.jpg

関連記事

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/1890-fbf36019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop