凛・華・麗・美・優 ホーム » 映画 »忙しくても映画も観よう。

忙しくても映画も観よう。  

4月に観た映画。
忙しくなるとふと静かに気持ちを切り替えられる映画館に籠りたくなる。家でDVDや録画した番組をみるのもいいけど、週末レイトショーであの大画面を目の前に人の少ない映画館のシートに埋もれてみるのはとてもいい気分転換になるんだよな~。

(機内にて)
ヒューゴ
・・・3D苦手なので映画館に行く予定はなかったけど、機内でみられるなら(しかも2D(笑))とヒマつぶしに観る。
子供向けなのね、、あれ、今のジュード・ロウ?みたいな感想で(笑)。

We bought a ZOO(邦題:幸せへのキセキ 6月公開予定) ★★★★
・・・映画館の予告をみて、観たいな~と思っていたのでラッキー。タイトルのWe bought・・ってまんまじゃん(笑)。邦題だとなんだかドラマティック&ロマンス満載なイメージだけどもう少し暖かくて日常な感じ。
息子の心が痛くて・・涙。

(映画館にて)
The Aritist ★★★★★ おまけ
・・・いや~面白かった。情報過多なこの頃、最小限の字幕と音で画面をみながら想像力を働かせて楽しむってのがこんなに面白いとは!歯並びの悪いフランス人主役俳優さんなんていいよね~自然で(笑)。そして何時も動物には涙涙なのです。

ヘルプ ★★★★☆
・・・もっとシリアスドラマになってるかと思ったら意外に軽かった。いや、重くずっしりなるべくテーマをあれだけ笑いや軽さの中でしっかり伝えられるって凄いかも。チョコパイ問題がちょっとしつこかったので1つは☆で笑。


(番外編)
エマニエル夫人・続エマニエル夫人・さよならエマニエル夫人
・・・テレビつけたらやってたので、ついシリーズ全部観てしまいました(^^ゞ。
「エマニエル夫人」といえば、映画鑑賞の有無を問わずエロスの象徴のようなイメージがあり、もちろんこれまで観たことなかったし調べたこともなかったけれど、観てみたらまさに(笑)。当時としたら確かに大胆すぎるわね~。ストーリーはあるんだかないんだか、というかあるけど何それ?みたいな感じなので、とにかく性の解放を大胆に美しく観る、という感じか・・。しかしエロいという感じはあまりなし。あんまり露骨に見せられると何も感じなくなるのよね、ちらみせ程度が一番そそる。という女子的視点の感想で(笑)。
関連記事

category: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/1912-950e17b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop