凛・華・麗・美・優 ホーム » vienna »ウィーンの街かど ほか

ウィーンの街かど ほか  

今回は室内活動が多くてあまり写真を撮っていないので少しだけ。
IMG_1986_convert_20120513131518.jpg
相変わらず修復中のシュテファン寺院。ここはいつでも大変な人ごみです。青空が眩しいわ~。
寺院前の広場にはこんな人が!右手の棒以外は完全に浮いてます(*_*)
IMG_1990.jpg
こんな人も。
IMG_2006_convert_20120513125216.jpg
近くで見てもどうやっているのかまったくわからず不思議~を連発してました>私(^^ゞ。

IMG_2014.jpg
スペイン乗馬学校の脇を通ったら、ちょこんと顔を見せていた白馬。まさに白馬!
CIMG5251_convert_20120513131113.jpg
CIMG5258_convert_20120513132640.jpg
美術史博物館内。クリムトイヤーなので、天井画を間近でみられるようこんな足場が組まれていました。
ここは簡易の足場なので、誰でも登れますが人数制限あり。上る時に番号札を渡されます。
そして間近での撮影禁止。むむ。
なので、降りてから撮ってみました。とおい~~~(笑)。

IMG_2012.jpg
ガイドブックによく載っている博物館内のカフェ。3階まで登って撮ってみましたよ。ぜーぜー。
CIMG5239_convert_20120513131034.jpg
金色のキャベツの別名を持つセセッション。ようやく行けました。
CIMG5266_convert_20120513131156.jpg
他の美術館に比べて現代的な作品展示が多いアルベルティーナ。今回ここの企画展は盛りだくさんで、クリムトの素画、印象派、ピカソなどなど。
IMG_2013.jpg
入口への階段がこんな風に。

IMG_2050.jpg
ちゃんとモーツアルトにもごあいさつ。今回は裏側に回って父、姉と一緒に音楽会の図を撮ってみました。
IMG_2061.jpg
これは楽友協会前にあるインペリアルホテルの入口。
通称「カラヤン口」というんだそうです。楽友協会の楽屋口からこの入口まで30歩くらいなので、演奏が終わるとここを通ってお部屋に・・の巨匠たち。
IMG_1984_convert_20120513125329.jpg
あちこちで盛り上げているので、私も記念に食べてみました。クリムト接吻ケーキ(笑)。
半分くらいまではチョコとビスケット(かな?)の感触が絶妙で美味しくいただきましたが、最後の方は気合で食べきりました!(笑)。ウィーンのケーキは概して大きくどっしりしているので、一人でひとつを食べるには気合がいるのです。

CIMG5269_convert_20120513132700.jpg
地下鉄に乗ってちょっとだけ散歩。こういう妙な建物があるのもウィーンなんだなぁ。

CIMG5274_convert_20120513131222.jpg
晴れた土曜日のフリーマーケット。ま、ガラクタ市ですな。
誰が買うの?と思うような本当にガラクタ(壊れた携帯や水道管やらボロボロの衣類やら・・)からそれなりに価値のありそうな絵画や器など盛りだくさん。私は目が利かないのでこういう場所は雰囲気をみるだけです。
若者たちが水道管みたいなものや、さびた工具のようなものを喜んで買っていたのが印象的。
あ、私はここでぶらさがってた鮮やかなスカーフを2本。1本5ユーロでしたがどの色にしようか迷っていたら、2本5ユーロでいいわよ~ということで2本お買い上げ~(笑)。

IMG_2076_convert_20120513124432.jpg
そして爽やかに晴れあがった日曜日の午後、Twitterでやり取りをしていた現地の方のご厚意により車で30分ほど走る郊外カーレンベルグに行ってきました。夜になると雨がふるおかげか空気がとても澄んでいて、展望台からはドナウ川、ウィーン空港、シュテファン教会、シェーンブルン宮殿などが一望できます。
ちょっと緑が恋しくなっていた私には嬉しいひと時。コンサート後ヒールとワンピースとまるで不釣り合いな格好で行ってしまいましたが・・・(^^ゞ

IMG_2080_convert_20120513124500.jpg
のどかな空気が流れるこの場所。近頃は日本人の観光場所からは外れてしまったんだそうです。
確かに外人ばっかり~。

そういえば、ここで化粧室に行こうと階段を降りていたら、突然地元のおばあさまにガシっと腕をつかまれ、ドイツ語で*$%&#$%・・・。一言もわからなかったけど、どうやら目が悪く足もとがよく見えないから連れてって、ということのよう。一言もわからないのに通じるんだよ、これが 笑。
戻るときも一言もわからないながら、おしゃべりしつつレストランに戻ったのだけど、どうやら息子さんがグラーツに住んでいて、歯医者さんだと言っていた。なぜ、わかる・・笑。親切にありがとね、どこから来たの?と聞かれ日本というとここだけ英語でしゃべってくれたのでした~^^。
IMG_2079_convert_20120515222948.jpg
礼拝堂。
164123_191824744167210.jpg

この後、ワインで有名なクロースターノイブルクも案内していただきました。ここは修道院とカール6世(マリアテレジアのお父さん)の居室が隣り合わせになっているとか(だよね??)、修道院自体はハプスブルク家が統治する以前に建設されカール6世の時代にこのような形になった、、と聞いた記憶(曖昧)。
今は修道院とワインセラー、そして博物館になっています。ちょうど雨が降ってきてしまったのでゆっくり見られなかったけど、次回再訪してみたい場所です。夏には中庭でオペラ公演があるそうで、それはそれでとっても雰囲気がいいんだそうです。ただし雨が降ると突然公民館に場所が変わり学芸会状態になるのだとか・・(笑)。
IMG_2110.jpg
ウイーンからミュンヘンまでの空路にて。雲の切れ間からみえた黄色は菜の花?
関連記事

category: vienna

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/1919-8530dc91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop