凛・華・麗・美・優 ホーム » Hong Kong »香港の2つのホテル

香港の2つのホテル  

今回泊まったホテル2つ。
カオルーン・シャングリ・ラとコンラッド香港。
エリアとしては香港島ラブな私はこういうことがなければ九龍サイドには立ち寄ることもなくなったのでいい機会でした。
私の希望で一つはハーバービュールームを選択。

2つとも世界のホテルチェーンで少しいいブランド。
どちらも会員ですらない一見さんとしてホテルサイトから予約です。(ですが、この予約を機に一応会員登録もしてみました。あんまり使わなそうだけど(笑))

カオルーン・シャングリ・ラはデラックスハーバービュールームを3人で、コンラッド香港はエグゼクティブツインピークビュールームを二人ずつ2部屋を予約です。
ネットで予約をすること自体は何ら問題はなく、英語のページしかなくてもホテル予約なら何ら問題はないのですが、今回は面白いことがありました。

まずシャングリラ。
ネット予約は特に問題はなく、3日ほど前に3人のフライトナンバーと到着時間、チェックインは私ではなく一番につくひさんがする旨を連絡しました。するとすぐに返事がきて、すべて了解した!とのこと。いい感じです。
私たちが夜到着した時もすぐに鍵をくれ何の問題もなく過ごしました。

チェックアウト後、コンラッドに到着したとき、むさんがクローゼットにシャツを忘れたことが判明し、すぐにホテルにメールしました。明日取りに行くからと。
すると、ブルーシャツですね、確かにありましたので預かっています、いつでもどうぞという返事。ふむふむ。
翌日受け取りにいくと、きちんとクリーニングされ、ビシッとアイロンがかかりきちんと仕上がった状態でスタッフが手渡してくれたそうです。
こういうところが少しいいホテルの素晴らしいところですね。印象がぐん!と上がりました。

そしてコンラッド。
ちょうど汐留のコンラッドに行く機会があったので、ホテルのパンフレットでもあれば。。と聞いてみたところ、ない、とのこと。予約センターがあるので電話で聞いてくれ、という案内でした。
ホテルのホームページは日本語もあるので、詳細がわかる!と思いきや、ある程度はわかるけどいくつかあるプロモーションの詳細になると途端に英語のみとなります。他にも詳しく情報が知りたいな、となると日本語ページは役に立たない。ならばきちんと日本語で説明を聞いてみましょう、と教えてもらった予約センターに電話をしてみました。

今回TREASURED MOMENTSというプランを利用したのですが、これがどうやらラックレートから20%引き、レストランが20%引きになるというもののようでした。電話でプランの説明を聞くと同じ説明です。うむ。レストランは全てのレストランが対象ですか?という質問には、「ホテルによって違います」という返事。ん?
香港はどうですか?と追加で聞くと「ホテルによって違うので現地で聞いて下さい」ちーん!

ネットで予約出来る人には意味ないですね、このセンター。

それでもHHオーナーにも同時になったせいか、エグゼクティブフロアにしたせいか、予約後のフォローは完璧で、確認のメール、アメニティや送迎についての連絡などこまめに連絡がありました。
事前に4人だけど3人は12時半頃チェックイン、1人はその日夜22時半頃到着予定と連絡をしておいたので、私たちが到着したときはその状況がきちんと伝わっていて、すぐに59Fのエグゼクティブフロアに案内してもらいソファに座ってチェックインができました。
その際、一部屋はすぐに入れますがもうひと部屋は準備中なので45分後に、というので、もうひと部屋はあとで鍵を受け取りますからと返事をしました。
スタッフがくれたキーケースには、きちんと****号室 むさん、ひさん、****号室 Aさん 私と手書きで書かれています。
ふむふむ。

夕方私がひとりでホテルに戻り鍵を受け取ると日本人スタッフがお待たせしました!と2枚のカギをくれました。1枚は後から到着するAさんのためにフロント預けにしようとすると、こちらに立ち寄っていただくようお伝えいただければすべて連絡が通っていますので別のカギをお渡ししますというお返事。
へ~、素晴らしい!

が、事件はこのあと起こりました(笑)。

Aさんから空港に着いたと連絡がきたので、私も部屋に戻ったのですが、Aさんがちっとも来ない、あれ??と思ったところでようやく到着。でも「聞いていた部屋番号を伝えたらあなたの部屋じゃない、と言われて違う部屋のキーをくれたのよ。こう連絡が来てると何度伝えても違うって」といういうではありませんか。
持っていたキーケースにももうひと部屋の番号が・・。
さっきまで完璧だったのに、何故こうなる?
到着時にはきちんとなっていた部屋割がなぜ夜には別に・・?

結局この混乱が最後まで続き、夜のスタッフが間違えたというのではなく、間違ったまま登録され、プールを使ったりチェックアウトをする際にも部屋番号が違う、と言われまくりました。
帰国日朝ちょっとした事件があったのだけど、その際も緊急で部屋に電話したいのに、あなたの部屋じゃないからつなげない!なんて言われて大騒ぎ(いや、小騒ぎ・・)。

困ったチャンです。

部屋やスタッフは素晴らしかったけど、こういう混乱は困りますね。













ともあれ、あまりこういうタイプのホテルに泊まらない私は、せっかくだから、と使える施設は出来る限り使ってみましょう、とケチな私は無料で飲み食いできるラウンジやスパやらプールやらをたっぷり使わせてもらいました^^。
セキュリティはしっかりしているいし、安心感のあるホテルだし、今後もチャンスがあれば是非泊まってみたいなと思っています。
関連記事

category: Hong Kong

tb: 0   cm: 2

コメント

とってもお勉強になりましたっ!!

この2つのホテルに、ここのURLを送りたいですっ!!笑

yurico #z8Ev11P6 | URL
2012/11/11 16:32 | edit

yuricoさん!

勉強だなんて・・・恥ずかしい~(^_^;)。

nanamayu #- | URL
2012/11/11 23:58 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/1952-7adcd07f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop