凛・華・麗・美・優 ホーム » 観て聴いて感激 »映画「レ・ミゼラブル」公開記念イベント

映画「レ・ミゼラブル」公開記念イベント  

東京国際フォーラムにて。




東宝さんの来年の舞台宣伝がメインね、せっかく映画キャストが来日するのに試写会でもなく舞台キャストが40人って、、、なんて文句言ってるから当たらない(~_~;)。
でも幸運の女神は近くにいました。ありがとう~。

始まる前に山口ビリーさんによる民衆の歌の練習。来日キャストへのプレゼントですから大きな声で歌ってくださいね~と一生懸命な先生に、なんでプレゼントなのに日本語なのよー、とまたブツクサ(~_~;)、ダメな客ですね、反省。でも歌ってたら楽しくなってきた!フォーラムで歌うなんて、二年前の第九以来、ここにきたのもあの日以来だった、、ああ、歌っていいね、単純(笑)。

と、ざわざわしているうちに時間になり始まりました。

第一部
来年4月から公演の始まる舞台版のキャストが4曲披露します~ということで、「一日の終わり」のイントロとともに幕があきます。
「スターズ(ジャベール)」「オウマイオウン(エポニーヌ)」「ワンデイモア(バルジャン、マリウス、コゼット、エポニーヌ、テナ夫妻)、カンパニー」と一気に歌って幕がおりて終了。

ええー、もう終わり?(^^ゞ。インタビューもなにもなくえええーー、はやっ(笑)。それにしても 久しく舞台見てない私は顔みても誰だかわからず、チラシは暗くて見えなし、、山口祐一郎さんしかわからなかった、、。しかも、あ、あれ?今歌ってるの、山口さんだよね、、と確認したくなる感じ(^^ゞ。
みんな若いわ~。

で、休憩もなくいよいよ二部、来日キャストの登場です。舞台いっぱいの大きさのビッグスクリーンで予告編とメイキング。何度となく映画館みた予告なのにこの大きなスクリーンでみたら・・・ま、まずい。これ、ここだけで泣けてしまう。このくらい大きなスクリーンでみたいよー。




それが終わるとセリから上がってきましたよ、きゃー。と、とーい(~_~;)。
まずは前方に陣取るマスコミの皆さんのための時間で、ばちばちバンバン写真を撮る。とるとる。キャストのみなさんは和やか(^^)。
パンピーな私たちは何もしてはいけないし、遠くて良く見えないので置いてきぼり、、(笑)。ほげ~^^。

こんなに大勢のレミぜ大好き人間が集まったのだからその素人さんの力も利用したらいいのに、、(宣伝に)。撮影も実況もOK!どんどん宣伝して~!!といえば何倍もの力で拡散できるのにな~。いろんな大人の事情があるにせよ、もったいないな、としみじみ。
で、ここで理解。
このイベントは、マスコミ向けの共同インタビューに参加させてもらうというものだったんですね。なるほど!

でもここからは良かった。

イベントのための特別映像をキャストと一緒にみながら、そのシーンについての想いを語ってくれたのだけど、その質問に答える様子や内容は興味深くて、じっくり聴かせてももらえてラッキーでした。その時見せてくれたシーンがこれ。

Valjean's Soliloquy、End of the Day、A Heart Full of Love、One Day More。

大スクリーンで観るこれらの場面の素晴らしいこと、一緒にみているキャストの表情が素敵なこと、ようやく聴けた他のキャストの歌声にときめくこと♪ ああ、早く全部観たい、みせて~と叫びたくなります。
ちょっとしたシーンで涙腺が刺激される、レミバカぶり・・(笑)。

マリウス役のエディ・レットメインの甘い声、マリウスにぴったりじゃないの^^、ジャベール役のラッセル・クロウは原作に近いイメージで親爺なのがいい!(ええ、もちろんほめ言葉)。日本キャストの中で村井国夫さんのジャベールが大好きだった私には好感触。若々しくキレイに歌いあげられるよりずっといいです。アンジョルラス役のアーロン・ドヴェイトは軽めの声なのでアンジョと言うよりマリウスっぽいかな?と思ったけど若い学生だからいいか(笑)、まる。エポニーヌ役のサマンサ・バークスは25周年コンサートキャストだから文句なし。

もちろん今回来日していたコゼット役のアマンダ・サイフリッドもキレイな声、なんか違うかも、、と思ってたけど可憐な感じがいい。ファンティーヌのアン・ハサウェイはさんざん予告で観た通り、入りきってる姿と歌い方で涙腺攻撃されます。
で、バルジャンのヒュージャックマン。
彼は華があって明るくて手足は長いし頭は小さく見栄え抜群。声はいいし伸びやかだし歌えて踊れるまさにエンターテナー。
だけど演技派だとか、心に染みいる歌を歌う人とは思ったことはないので、だから最初に配役を聞いた時にえっ???と思ったのだけど、いいです。良かったです。
ちょっと明るすぎる気もするけど、見たシーンが前半に寄ってたからそれもOKかな。
全編みるのが本当に楽しみになりました。

後方に座っていた私は、あ、目の前にヒューがいる~!きゃ~★みたいな感動は全然なくて(苦笑)、録画した映像を見てるような感覚だったし、最後に客席を歩いて握手してくれたりしたのだけど、それもほぼ見えない状態だったので残念ながら蚊帳の外な気分だったんですけど、それでもいち早くほんのさわりだけでも見せてもらえて、ラッキー!映画への期待は一段と高まりました。


ほぼ全編で歌も実際に歌いながら撮影したという臨場感溢れる感じもこれまでのミュージカル映画とは一味違うところ。あと3週間。
ワクワクです。

そうそう、台本通りの質問のあと、マスコミさんからの自由質問があったんですが、そこで質問した方々が「ダンスマガジン」「海外ドラマナビ」というちょっと異色だったのもなかなかおもしろかった。質問は素晴らしかったからきっと個人的にファンなんでしょうね(笑)。

★イベントレポートや写真はあちこちにあがっていますでので詳細は、こことかこことかこことかこことかこんなとこでみてくださいませ。あ、公式サイトはここです。

★12月26日に映画版サウンドトラック(CD)の発売が決定しました。アマゾンでは現在予約受付中。

日本版は2548円


UK輸入版は1996円!こっちだ(笑)。

映画は12月21日~

★上映時間:2時間38分
関連記事

category: 観て聴いて感激

tb: 0   cm: 1

コメント

鍵さん

興味深いコメントありがとうございますっ!!
いろいろ感謝です(意味深 笑)

nanamayu #- | URL
2012/12/02 20:33 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/1965-df1c5e08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop