凛・華・麗・美・優 ホーム » 映画 »※ネタばれあり。映画「レ・ミゼラブル」

※ネタばれあり。映画「レ・ミゼラブル」  

ようやく公開。
楽しみにし過ぎて疲れちゃったよ・・(^^ゞ。

公開前にイベントに参加し、完成披露試写会に参加し、アメリカやロンドンのワールドプレミアの様子をライブでみたり写真を楽しんだり、切り出しで公開されるクリップみて興奮して・・。

結論。
やっぱり「レ・ミゼラブル」は素晴らしい!!

20121221.jpg

演出がどうであれ、歌手の好き嫌いがあったとしても、表現の違いが気に入らなくても、声が嫌いでも(^^ゞ、どんなにヘンは歌いっぷりでも(^^ゞ(^^ゞ、テナルディエインで寝ちゃっても(^^ゞ、あちこち突っ込みどころ満載でも、あのイントロが じゃじゃーんじゃーんじゃじゃーん♪と聴こえた瞬間に背筋がピリッとして、One day moreでぷるっとして、Peoples Songで号泣・・・してもしなくてもやっぱり最後はいい作品だな~としみじみ思っちゃう。本当に音楽が素晴らしい!

今回の映画もすみからすみまで、最高!素晴らしい!なんて言葉だけでは言い表せられないけど、エンドロールみながら、はぁ、、、、というため息というか言葉にならない言葉しかでない状態で、いろんな場面で泣いて泣いて・・泣き過ぎだろう、、となるほど泣いた。で、また見なくちゃと思える。

ミュージカル映画ではあるけど、舞台より原作に寄り添っている感が途中からとても心地よく、ああ、これは原作が素晴らしいんだわと再認識。映像だからこそできるところもあって、舞台からではわかりにく心情や動機が読み取れる。演出が変わるたびにカットされたり歌詞がかわったりするところも、映像だからこそ、原作に寄り添っているからこそ理解できるようになっていた。


大注目されて、予告だけで涙腺攻撃力が炸裂したアン・ハサウェイのファンティーヌは映画の中ではせいぜい10分かそこらしか登場しなくて、最初だけであっという間に死んでしまうけどものすごいインパクトがあったし、日本で人気の学生のリーダーアンジョルラスは昔見たリーアムニーソンのドラマにでてくるアンジョみたいに描かれ方薄いけど私は長髪じゃないアーロンは好きだし(^^)、エポニーヌはひとり舞台仕様だったけど何気にかわいいし(笑)、歌に気を取られっぱなしで優しげなジャベール、ラッセルクロウは全然私のイメージじゃないけど村井ジャベールLOVEな私は嫌いじゃない、けど何でかわからないけど身投げするみたいな感じだったし・・・。
コゼットやマリウスは後半の天使だった。

舞台版オリジナルバルジャンのコルムは、雰囲気が司教様そのもの^^。最後の最後に登場させたのはまさにこうしてほしいな、私の昔からの想いの通り。

そうなると、最初から最後まででずっぱりのジャンバルジャンのヒュージャックマンがどうか。

試写会終了後、明かりがついて最初に友人に言った言葉は「ヒューがなぁ、、、、」でした(-.-)。

ま、単に私の好みの問題で、キャスト発表時に一番えーーっ絶対違うでしょ、と違和感あったのがヒュー。理由は前にも書いた通り~_~;。最初はいいのだけど、だんだん違和感が強くなる、、ゴメンね、ヒュー。
あなたにはキラキラと金粉舞い上がるようなレビューで、太陽のような明るさとオーラで会場全体の空気を温かく包むエンタメショーが似合うと思うの。。。

とはいえ、どの人も大画面にアップで映されてなおたったひとりでも訴えかける力があって、群集劇だけど人物そのものの心情を伝えるには今回のキャスト以外にはいなかったのかもしれないな、、とも思えたりもしました。
要するに最終的には感動したんです、、(笑)。

この映画で私の一番好きな場面は、ジャベールが小生意気なガブローシュの死体に自分のつけてた勲章あげるところで、どどどどかーーんと大号泣。映画ならではのシーン。

ミュージカルを見過ぎている私には最初なかなか入り込めず細かな突っ込みどころにむずむずするような感覚もあったのだけけど、でもやっぱりあらゆるところでうるうると泣き、感激して、ああ映画として残ってくれて嬉しいな~と最後は満足。期待がものすごく大きくて楽しみにし過ぎていたからこそ、いろんな想いがぐるぐるしたんだけど、愛すべき作品。
作ってくれてありがとうございますですm(__)m。

次はニューヨークIMAXシアターで観る予定^^
関連記事

category: 映画

tb: 0   cm: 2

コメント

みましたー

いろいろ訳あって、ほかのところでは書けないですが、何もかも放り出して初日観てきましたー。
夕方観たのに、未だに目の腫れがすごい。泣きすぎ(笑)

そう、なんだか気になるところはいっぱいあったけれど、やっぱりレ・ミゼラブルって素晴らしい作品だ~と!
ラッセル・クロウのジャベール、好きでしたよ。うまくまだ言葉にできませんけど、怖いけどどこか怖くなくて。彼のジャベールじゃなきゃ、ガブローシュに勲章のシーンに違和感があったかも。

歌詞の対訳観ながらみていて、ああ、こういう意味があったんだ、みたいな発見もあったり、学生たちの人間関係ってきちんと見なおしたいなと思ったり、すでに早くもう1回みたくてうずうずしてます(^^)

とんすけ #- | URL
2012/12/22 04:45 | edit

とんすけさん

お返事遅くなってごめんなさいm(__)m。
とんすけさんもやっぱり初日組ですね!
なんでしょうね、、あのわかってるのに泣きすぎちゃうのは。。(笑)。いろいろ言いたいこともあるのに泣けちゃう、いい作品だな~と思える、これが25年も上演し続けられてる作品の力なのかなぁ。
歌詞をみながら、舞台で感じていたのとは違う世界が少しあって、私も確認しにいかなくては!と思ってます。それと海外のファンはどんな反応するのかなー?という興味と^^。

nanamayu #- | URL
2012/12/25 14:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/1969-7c13c6bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop