凛・華・麗・美・優 ホーム » オペラ »Metropolitan Opera「Les Troyens」 

Metropolitan Opera「Les Troyens」   

華やかで感動いっぱいだった大晦日の公演の翌日、そう新年初日もMET詣でをしてしまいました。旅で味わえる素晴らしき贅沢。
こういうことが出来るのも日ごろ働いているおかげでしょう。

5時間半ほどの上演時間、歌手をそろえるもの、上演するのも大変、とMETですらなかなか上演されたことがないそうで、日本では一度もないのだそうです。
そんな貴重なものが見られるのなら、5時間でも6時間でも行かねば!(笑)。

そう思えるのもオペラ修行のおかげです。
ま~予習するにも4時間、5時間と聴き続ける、見続けなければならないのでなかなか時間が取れず苦労したのですが、重い腰をあげてようやくみたこの作品は「面白そう!素晴らしい!きっと素晴らしいに違いない!」でした。

予習用のDVDは正直、なんじゃこりゃ??で、オペラ初心者には時代やストーリーを大幅に読み変えた演出は、ただでさえよくわからないのに、ますます混乱に拍車をかけます。あらすじやリブレットをみても映像が全然違うので、今何が起こってる?どうしてこうなった?このトサカの頭なんだ?とはてなマークがいっぱいで、次第にイライラしてくるんですが、ドラマティックな音楽と展開が予想外に面白くて、普通の演出で、いい歌手がでていたら絶対に面白い!と直感で思えたのです。
MET初日の様子はいつものようにラジオで聴いていましたが、あまりに長いので、じっくり聴けなかったものの期待が高まりました。スーザン・グラハムが素晴らしいのですよ!!楽しみだ~。

と、思ったのに、なんと!オペラ前に休憩しようとホテルに戻ってネットチェックしたら「スーザングラハムは病気のため降板、代役はエリザベス・ビショップ」というお知らせが(涙)。がーーーん。
新年早々キャンセルですかー(大泣き)。
これだからオペラは恐ろしい・・。
一気にがっかりしたせいか、ひと眠りしたのに、目が覚めたらなんだか何とも言えないどんよりした身体。あれ?なんか変?
のろのろ着替えてMETに到着すると、あれ?なんかますます変?
とここから、どこが、とか何がは良く分からないのだけれど、どんどん不調になっていくのがわかりました。
やばい・・こんな状態で5時間耐えられるのか・・(汗)

aさんと会った時にはなんだか紙のように白くなってるのが自分でもわかるほど(笑)
とりあえずバラバラ席なので、あとでね、と力なく言葉を交わして自分の席に行くとなんだかがら~~んとしてる。そして館内が寒い。ひ~。
見回してみると本当にガラガラ。オーケストラは6割くらい、パルテールは誰もいないボックスが8割、ぽつっと1人、2人が数個、その上も、、、外も寒いが中も寒いわけだ・・
そういえば去年の正月(連隊の娘)もガラガラでボックス席独占したんだっけ。みんなイブパーティで酔っ払ってこないとか?

寝ないために前の席を選んだので、視界的には良かったんですが、何しろ座った途端にどんどん、ますます不調になり、寒くて震えたり、冷や汗でたり、眠くはならなかったけれど、まったく集中できなくて、それどころかいつ外に出ようかしら、と考えるばかり。
サイアク。
それでも1幕終盤でなぜか急に復活。2幕以降はガラガラの館内を彷徨い、aさんが独占していたボックス席にお邪魔して一緒に観劇。その後も体調は乱高下で何だかぁ~(泣)。
そんな夢うつつのような状態で聴いていても、面白そうだな~というぼんやりした印象はあります、そして代役のビショップやイーメルが思いのほかよかったこともぼんやりと・・。

しかし、きちんとした感想をかけるような記憶はほとんどありません。
・・だって・・、木馬もしっぽしか記憶がないんですから・・



■2013.1.1 Metropolitan Opera
「Les Troyens」

Deborah Voigt ( Cassandra, Trojan prophetess)
Bryan Hymel (Aeneas, Trojan hero)
Dwayne Croft (Coroebus Assian prince, engaged to Cassandra)
Julie Boulianne (Ascanius, son of Aenas)

Elizabeth Bishop (Dido, Queen of Carthage)
Karen Cargill (Anna, sister of Dido)
Eric Culter (Iopas, poet at Dido's court)
Kwangchul Youn (Narbal, Dido's minister)

Conductor: Fabiola Luisi
Production: Francesca Zambello
Set Designer: Maria Bjørnson
Costume Designer: Anita Yavich
Lighting Designer: James F. Ingalls
Choreographer: Doug Varone

ORCH Prime side C
Partre side box
関連記事

category: オペラ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/1974-385e9a4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop