凛・華・麗・美・優 ホーム » オペラ »新国立歌劇場「アイーダ」

新国立歌劇場「アイーダ」  





春爛漫な春分の日。
ヴェルディイヤー(生誕200年)、新国立開場15年記念公演の「アイーダ」を見に行きました。
開場した時の記念公演でもあったらしい、豪華絢爛なフランコ・ゼッフィレッリ演出のこのアイーダ。劇場が欧州ほど歴史や絢爛さがないとはいえ、日本で観られるのですから自分の眼でみておかなくてはいけません!
先日METで同じくゼッフィレッリ演出の豪華なトゥーランドットを見て、時代遅れと言われても、オペラはこうでなくちゃ!の想いを新たにしたことあるし。

まさに一見の価値あり。
あまり大きくない舞台全体に、再現されたその様子にはただただ圧倒されるばかり。人の多さ、衣装の豪華さ、リアルさ、土埃舞い上がる埃っぽさ(笑)、馬も疾走(するだけのスペースはないけれど(^^ゞ)、これぞオペラだよな~としみじみ感動します。
ミラノスカラ座のアイーダも彼の演出で、これは映像でしか見たことはありませんが、新国立を踏襲した、でも進化系(話によると少ししょぼい(笑))だそうですが、馬は出てこず、トランペット隊の行進などは無かった記憶。
細部にまでこだわった、という点では世界一の演出でしょう。
オペラが楽しい!と思えるようになった今、この演出を見られて本当に良かった。

・・と、感想をこれで終わりにしたいくらいなんですが(^^ゞ、歌手陣はもう一歩。
全体を通して、ああ、素敵、と思う人もいる半面、なんで、、(泣)となることも。
豪華な演出に負けない人はまだいなかったです。

歌手の中では楽しみにしていたアイーダ(代役ですが、ムーアになったから行くことを決めた!みたいなところもあり)は、まだ30代前半の若いアメリカ人。このところ旬の歌手を聴きたい!という希望が強い私としては、これから楽しみな若手でポテンシャルを大きく評価されている歌手です。
登場した瞬間に、「ちっちゃ!」と思ったのと同時に、アイーダそのものの雰囲気があり、どことなくマトリョーシカ人形見たいで愛らしい(笑)。

もっと硬質な声かと思っていたら、案外ふわっとやわらかく品がある。それでいて空気を突き刺す輝きもあって、いいなぁ^^と思いました。高音も中低音も魅力的。ただ全幕通してのペース配分が上手くないのと、弱音をコントロールするのが苦手なのか、このあたりになると急に首絞められたみたいな声になるのが残念。そういうところが若手なのでしょう。
いずれにしてもこれから大いに楽しみに、名前を覚えておきたい歌手です。

妻屋さんや堀内さんの安定感、特に堀内さんの3幕の素晴らしかったこと。深い!
この作品の中では一番共感したくなるアムネリスは、ちょっとベテランになりすぎたか?歌や表現から共感できるものがなく残念。
残念といえば、ラダメス。なんだろう????
ウェハースのようにすかすかで、後半やや盛り返したものの、、なんて書かなきゃいけないような出来じゃいけませんな。
なんせ1幕から4時間もみているのだから、最後だけ良くて良かったねにはならんのです。
そうそう、そういえばブラボー隊も上手くなかった。
「清きアイーダ」のあと、あの出来でブラボーしなくてもいいのですよ(:_;)、親切にしてあげようと思ったのか?まるでタイミングのまずい、「ぶ、、ぶら、、ぶらぼー~~~(ひょろろ)」みたいな感じにパラパラ拍手。
この日は、新国のオペラだけど、「ぴあ貸し切り公演」にもなっていたので、そのあたりも影響したかもしれません。

一番微妙だったのは、休憩時間の多さ。
学校の授業のように、3回もある、というのは集中力が増すようで実は途切れます。このところ長時間オペラが続いたおかげか?50分でもあっという間なのに、30分って・・・えっ?な感じですよ(笑)。

出演者も、盛り上がってきたところで休憩だから調子が狂ったのかな?

ともあれ、やっぱり生でみるからこそだな、と実感した豪華なアイーダ。
秋にはミラノスカラ座来日公演(演奏会形式なので豪華なセットはなし)が予定されています。


■G・ヴェルディ「アイーダ」
新国立歌劇場
1幕 14:00-14:45(25分休憩)
2幕 15:10-16:00(25分休憩)
3幕 16:25-17:00(20分休憩)
4幕 17:20-17:55


指揮:ミヒャエル・ギュットラー
演出・美術・衣装:フランコ・ゼッフィレッリ

アイーダ:ラトニア・ムーア
ラダメス:カルロ・ヴェントレ
アムネリス:マリアンネ・コルネッティ
アモナズロ:堀内康雄
ランフィス:妻屋秀和
エジプト国王:平野和

A席 2F12列
関連記事

category: オペラ

tag: オペラ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2236-2b4ad1a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop