凛・華・麗・美・優 ホーム » オペラ »ミラノスカラ座来日公演「リゴレット」

ミラノスカラ座来日公演「リゴレット」  

明け方の激しい雨で目が覚め、ニュースをつけたら台風接近とのこと。うーん、会場のNHKホールは駅から遠いので、テンション下がりまくりです。
もうこの際長靴でいくかな、、と思うくらい。
しかしここは晴れ女のワタクシ。そろそろ準備を、、と思ったところで空が明るくなり、雨が上がりましたよ。結局このあとは少し天気雨のようなものはあったものの、一度も傘をさすことなく、それどころか終演後には猛烈な西日と湿気に煽られ、公演の盛り上がりとともに脱水寸前(笑)。


先週のファルスタッフとは正反対の悲劇のリゴレット。全編に呪いがテーマになっています。
そして豪華な衣装と伝統的なセット、華やかでオペラらしい、で、短い!(休憩が2回入って3時間10分って正味2時間。ワーグナーなら1幕がやっと終わるとこだよw)。しかしこういうのは歌手の力がはっかりわかってしまうのですね。
記憶に新しい昨シーズンのMETリゴレットはラスベガスを舞台にネオンギラギラ、まっぱなお姉さんたちのポールダンス、ハンドマイクで歌いまくる公爵、キャデラック登場などという意表をつく演出で、視覚的にある意味楽しめてしまうので本来のテーマはどっかに飛んでしまうし歌手が誰でもごまかされてしまうようなものに比べると、一人一人の動きや歌から想像するしかありません。

この日は、リゴレット役の御歳71歳のヌッチの素晴らしさがただただ目立つ。少々衰えがあるのは当然としてもそれを考慮しなかったとしてもヌッチの声と役づくりは抜きん出ていました。それほどヌッチが素晴らしかったということです。
ヌッチの素晴らしさにまわりの男性陣は同じように父の気持ちになるのか、最後はおいおいと泣き始めるのです、笑。私は父ではなく、娘のジルダの気持ちになってやはりほろり。
ああ、素晴らしい。
楽しい楽しい作品も好きだけど、私は心が掴まれてるような涙が思わずこぼれるような悲劇が好きなのだわ、、と思いながら最終日の興奮で大盛り上がりの会場で気持ちよく拍手とブラボーを叫んできました♪

ドゥダメルの指揮は緩急自在に操っていて、若さはもちろんあるけれど、そういう部分を誇張したり音楽をこねくり回したりせず、スコアに忠実に等身大の姿で向き合っているところにとても好感と才能を感じるのです(えらそー^^;)。少し歌手に遠慮気味かな?と思ったり少しあわせ難そうにしているところはあったものの、経験が少ないのだからそれは当然。致命傷になるようなものは何もありません。オケのメンバーからも信頼は厚く、とてもかわいがられているのだそうです。彼らはそれこそ30年、40年と弾いているベテラン、オペラをよく知っている人たちばかりです。オペラの経験がなくても、オペラのことを知らなくても、才能豊かで謙虚でこれまでの伝統や色の上にうまくのり、それを再現させることができることで十分なのでしょう。

演奏を聴きながら、32歳の彼が、これから多くの経験を積んで熟成され、「巨匠」と呼ばれるようになる40年後くらい??どんな指揮をするのかが本当に本当に楽しみになりました。その過程をずっと見ていける楽しみもありますが、巨匠と呼ばれる日まで私は元気でいられるんだろうか、、苦笑。



■ジュゼッペ・ヴェルディ作曲 「リゴレット」全3幕

指揮:グスターボ・ドゥダメル
合唱監督:ブルーノ・カゾーニ
演出:ジルベール・デフロ
再演演出:ロレンツァ・カンティーニ
美術:エツィオ・フリジェリオ
衣裳:フランカ・スクァルチャピーノ
マントヴァ公爵:ジョルジョ・ベッルージ
リゴレット:レオ・ヌッチ
ジルダ:マリア・アレハンドレス
スパラフチーレ:アレクサンドル・ツィムバリュク
マッダレーナ:ケテワン・ケモクリーゼ
ジョヴァンナ:ジョヴァンナ・ランツァ
モンテローネ:エルネスト・パナリエッロ
マルッロ:セルジョ・ヴィターレ
ボルサ:ニコラ・パミーオ
チェプラーノ伯爵:アンドレア・マストローニ
チェプラーノ伯爵夫人:エヴィス・ムーラ
廷吏:ヴァレリー・トゥルマノフ
小姓:ロザンナ・サヴォイア
Orchestra, Coro e Corpo di Ballo del Teatro alla Scala
Cooperation:The Tokyo Ballet School

◆上演時間◆
第一幕 13:00 - 14:05 (舞台転換あり)休憩 30 min
第2幕 14:35 - 15:05 休憩  30 min
第3幕  15:35 - 16:10
2013年9月15日(日)13:00開演/NHKホール
E席 3F-R19
関連記事

category: オペラ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2255-03822982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop