凛・華・麗・美・優 ホーム » 音楽 »NHK音楽祭ーワーグナーガラ

NHK音楽祭ーワーグナーガラ  

朝からの激しい雨に、転ばないように気をつけないとな〜と思った矢先、最寄り駅の階段で、転んだ〜(号泣)。
気をつけないとな〜と思っていたので、手すりそばをゆっくり歩いていたおかげで転がり落ちることはなかったけれど、ヒールが滑り止めの溝にずぼっとはまり、咄嗟に手すりをぎゅっと掴んだおかけで、両脛を強打(涙)。も〜これだから近頃のバリアフリーだかなんだかわからない対策は迷惑なのよー、ヒールがあちこちにはまってしまうじゃないの、、、と誰ともなくぶつくさいいつつ、出勤。ストッキングが破れることもなく、大出血をすることもなかったけれど、左脛には切り傷が、、、右脛は青あざが、、。あちゃ〜

というわけで、打撲だけど結構な痛みを抱えてNHKホールへ。こういう状態の時にNHKホールは駅から遠いし、3F席は階段が、、の試練。雨だしさ

ワーグナー初心者の私ですが、このコンサートの最大の収穫は、リングを全部しっかり観よう!これは面白そうだ!と思えたこと。これに尽きます。前半なんぞは、そこにいた多くのワグネリアン、クラオタさんの声なき不満が充満するホール(笑)でしたが、神々の黄昏で終演を迎えた時には、大ブラボー大会。ま、ソリストは前半より後半のほうが断然よかったですが、期待とは少し違ったかな(えらそ、、汗)。さらに、私はN響の演奏するワーグナーとどうも相性が良くないようでピンとはこなかったのですが(だから、えらそー、、、大汗)、それでも「全部みたい」と思わせたのは、ぼんやり知っている程度の世界が演奏から垣間みれた気がしたんです。
自分がこの世界にはまり、しっかり消化できた時にはどれほど感動するんだろうか、、なんてことを考えながらみていて、そのまだ観ぬときを想像して身震いしていた、、という(笑)。
音楽とドラマに興奮しかけた、、コンサートでした。

■ワーグナー・ガラ・コンサート
ワーグナー/舞台神聖祭典劇「パルシファル」から 前奏曲、「役立つのはただ1つの武器」
ワーグナー/楽劇「トリスタンとイゾルデ」から「前奏曲と愛の死」
ワーグナー/楽劇「神々のたそがれ」から「夜明け」 「あなたの新しい働きを」 「ジークフリートのラインの旅」 「ブリュンヒルデよ、神聖な花嫁よ」 「ジークフリートの葬送行進曲」 「ブリュンヒルデの自己犠牲」

指揮:フィリップ・オーギャン
ソプラノ:エヴァ・ヨハンソン
テノール:サイモン・オニール
NHK交響楽団

10月2日水曜日、19:00ー21:10
NHKホール
C席 3F 1列センター
関連記事

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2257-41fe2645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop