Broadway [Betrayal]

ハロルド・ピンターの戯曲の舞台化。
日本でも体力と脳力を疲労する演劇はあまり見ないのですが、英語となればもっと見ない、、のが普通のこと。しかしミーハー心と好奇心が後押しをして今回はこれともう1本みるという暴挙に(笑)。
結果、どちらも大変面白かったです!

舞台は、結末からスタートし遡っていく手法で、一場が10〜15分程度と短いので、休憩なしでも集中してみられる作りで安心。さらにセリフや話そのものは単純なので、役者の表現や自分の感性の組み合わせを頭の中で広げていく楽しみがあって、客席の思わぬ反応に驚いたり、、笑。

この戯曲って、ピンターの結婚生活の事実を元にしたらしいですね、、ふーむ。
私は見ながら何を思ったかというと、予習のために読んだときにイメージしたそれぞれの人物像と役者のイメージが少し違うな〜ということと、妻から親友との不倫を告白されたとき、実は親友同士(つまり男同士)にももっと隠された関係があって、それは二人が結婚する前から続いていて、最後まで隠されたままだったんじゃないかな〜ということ。
何となく、、、ね^^;;


これは前日の夜。ミュージカルが終わって外に出たらNYPDまで出動する大騒ぎにちょっと便乗して、、笑

私が見た日は冬には珍しい大雨。マチネ後大雨の中待つもの好きはそう多くなかったけど、柵が出来てたのでちょっと待ってみると、、、ダニエルクレイグだけが出てきてサインはしてくれましたよ。このなんとなく見える「D」の文字。。
プレイビルもずぶぬれでぐにゃぐにゃに、、さらに今は乾燥してぱりぱりしてます

**
傘さしても雨漏りしてずぶ濡れナーウ(・_・;。ダニエルクレイグがサラサラで?美しかったわー(≧∇≦)

微かに見えるDの文字、、(^∇^)

で、いくらミーハー道をひた走るとはいえストレートプレイは敷居が高いので、居眠り防止で最前列取りましたわ、ははは。10分程度の短い場の芝居なので、眠らず集中して終了ー!

■BETRAYAL 2013.12.29 14:00~15:40
ETHEL BARRYMORE Theatre

Robert ........ Daniel Craig
Emma ......... Rachel Weisz
Jerry ............ Rafe Spall
Waiter ......... Stephen DeRosa

ORCH A 左
関連記事

Comments 0

Leave a reply