凛・華・麗・美・優 ホーム » 映画 »ナショナルシアターライブ「フランケンシュタイン」

ナショナルシアターライブ「フランケンシュタイン」  

20140212.jpg
ロンドン ナショナルシアターで上演された舞台上映第一弾。
Aパターン 博士:ベネディクト・カンバーバッチ/クリーチャー:ジョニー・リー・ミラー
Bパターン 博士:ジョニー・ジョニー・リー・ミラー/クリーチャー:ベネディクト・カンバーバッチ
という観劇ラブの人たちをハマらせる役変わり。
当初は各3回ずつの限定映画館での上映と観ること自体が難しそうなスケジュール(しかも大雪で行けない日もあった)だったけれど、直前に同日の昼公演が増え、終盤には再上映が決定する、という様子見な雰囲気も漂わせています。

私はまず大雪明け日曜日にAパターンを、その週の土曜日にBパターンを観たけれど、どちらもそれぞれの魅力があって面白い!
当日呟いた感想を以下に。

●2月16日 TOHOシネマズ川崎
年々MET HDをみなくなって、今年は1本もなし。今日NTライブをみてあのスピーカーから流れる不自然な機械音かつ大きすぎなのが不愉快だからと確信。しかも細かな表情が見える利点を超えて全体が見えないストレスが私には辛い。年齢と共に生音は生で!普通の映画はまた違う感覚なのだけど。

追加された昼の部はどの劇場も席に余裕あり過ぎなのでゼヒ!内容はまだ触れるの避けますが、字幕の大きさが通常の字幕ち比べて小さいのと、バックの色と被って消えること多し、なので、必死に聞き取るか想像力が必要。でも観にきて本当に良かった。役変わりも見ないといけない!
全体像がよくわからなかったけど、あの舞台セットもシンプルだけどいろいろ高さや盆をうまく使ってた印象、火、水も本物で臨場感あり。で、正面から見るとどんなだったんだろう?落ち着いて正面からちゃんと観たかった!

こういうストプレも劇場で言葉の壁を超えてもっと観たいなと思っちゃうんだから怖いw。観ながら想像できる幅の大きい作品が好き。カンバーバッチの博士みながら、きっと怪物のほうが怪演で面白いんじゃなかろうか、、と思ってしまうのもワナにはまってる 笑。事実ミラーの怪物が凄かった訳。まー、言葉や知識をあっという間に身につけて登場するので、あれ、いつの間に?なんてのもあるにはあるのだけど、そういうのも勝手に想像しながら観るのは楽しいし観劇の醍醐味。とても面白かったです。

●2月22日 TOHOシネマズ川崎「プレミアムシアター」

先週に引き続き、バッチクリーチャー版(´゚艸゚)∴
今回はプレミアムシアターでラッキー!
創造の生物としての完璧さ、顔を除いてにピッタリのバッチさん怪物。均整のとれた筋肉のしなやかに動くことよw。俊敏で天才博士の仕上がりに驚愕できる。ウエストのくびれにはもう(違)。
で、冒頭アップになる手の動きの美しさったら、、、息をのみます。惚れ惚れします。
頭脳を持ち心を持ち愛を知ってなお血の通わない創造物感がたまりません。
先週みたミラーさん怪物は、ドンドン人間味溢れてきて哀愁を漂わせる。涙溢れるのはこっちかな。でもどっちも素晴らしい!
もしどちらかを選べと言われれば、原作のイメージならバッチさん怪物、泣きたければミラーさんてことで!
ワナにハマるっと(笑)

見逃した方、再上映が決まったそうですよ!
TOHOシネマズのサイトから直接買えばピンポイントで席選べて、手数料もなし!
但し、直接は2日前からだったと思いますー

NT Live フランケンシュタイン



関連記事

category: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2307-6bba7c27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop