凛・華・麗・美・優 ホーム » スポンサー広告 » ballet »パリオペラ座バレエ団来日公演「椿姫」

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

パリオペラ座バレエ団来日公演「椿姫」  



到着!パリオペラ座祭り隅っこで参戦♡♥️
みんなが瞳ウルウルの乙女になってるー( …꒰ღ˘◡˘ற꒱♡。あまり多くない私のバレエ鑑賞の中で、ちょっと異質な感じすらする美しさの漂うエルヴェさん。ダンサーじゃないみたいな足の美しさ、、…꒰ღ˘◡˘ற꒱♡

はぅ、黒のPDDのエルヴェさんの息遣いにクラクラ~、悩殺されました_| ̄|○
あれは、、、ちょっと反則技。あの場面であの息づかいとしなやかな舞いを魅せられたら、女子全員乙女になりますっ!(きっぱりw)。


前にテレビで放送したパリオペラ座椿姫観た時よりやはり生の舞台は素晴らしい。ドンキとか白鳥みたいな華やかさはないけどその分しっとりじっくり見られる、、美しくて演技派のダンサーだとさらにハマる!
先日見たABTのマノンといい、椿姫といい、とても気に入った。

今日の二人は年上姉さんに憧れる青年風で常に何処かに陰を感じる姫だった。
オレリーは、凛とした美しさと、どこまでもこの幸せにのめり込んではいけない、という自制を感じる雰囲気があって、登場した瞬間から陰があった。さらに貫禄というか風格漂う、陰のある高嶺の花、だたカツラとメイクがあまり可憐にみせず、とっても老けて見えてしまいもったいないな〜。幕間に二人の年齢を聞いて、その雰囲気に納得した。女性より男性が美し見える不思議さもあったけど、女優度高くストーリーをしっかり追える。
全体に、特にプロローグと1幕初めが暗くて、衣装も黒と紫紺なのでちと目が疲れる。さらに珍しくオペラグラス使いっぱなしで野鳥の会状態だったのでさらに目が、、(O_o)。
というわけで、素敵な衣装でカラフルに踊る舞踏会のシーンなどはほとんど見逃しております(汗)。正しくない見方w。

会場はホントに大入で圧巻。美しい人をみると自分を振り返り残念な気分になるのがね、、w。目の保養にと、楽屋口いってみるものの何かにお呼ばれしてるらしくみれず残念。
バレエの楽屋口は女子率高く、年齢に関係なく女性の乙女度が増すのでオペラとかオケの雰囲気とは大違いデス |ω・`)。
フランス語で会話してたファンのみなさんにも拍手( ´͈ ᗨ `͈ )◞♡⃛
椿姫ってオペラだと割と初めての方歓迎な雰囲気あるけどバレエだとベテランさん向けな気も(^^)
そして美しくナリタイと思ったのでした(≧∇≦)
噂のエルヴェさんのアシ、ダンサーらしい筋肉質な感じが全然なくてしなやかに細くてビックリした。あれ黒タイツじゃなくて白タイツで見たかったわ(≧∇≦)。でも怪我しそうな足にも見え、、。事実怪我が多いダンサーらしく、何年か前の大けがで、もう全幕踊るのはムリと退団、引退まで発表されたのだとか、、。
それが今、復活して、日本公演で踊ってくれるというのだから、、ファンの人にしたら感慨深く、感動深く、興奮するのも当然ですね。
今日会ったファンの皆さんは、彼を追いかけパリにまで行ってしまう人たちばかりだったので、その熱い想いと興奮具合を目の当たりにして、一緒に涙ぐみそうになってしまったのでした^-。
バレエの場合の「美」は、顔かたち、体型、パーツ、筋肉の付き方までも含む全身に、そして品、さらにテクニックにかかるから、厳しいです。オペラはまず「声」ですから!!!

思い出しツィートしながら真っ先に、というか耳に残ってるのがあの息遣いという、、\(//∇//)\、、夜も深くなってきたのでしばしオカシクなりますwww

BjPbuAOCIAES_B6.jpg

■パリ・オペラ座バレエ団 日本公演
「椿姫」プロローグ付 全3幕 ~アレクサンドル・デュマ・フィスの小説に基づく

音楽:フレデリック・ショパン
振付・演出:ジョン・ノイマイヤー(1978年)
美術・衣装:ユルゲン・ローゼ
照明:ロルフ・ヴァルター

2006年6月20日パリ・オペラ座初演


マルグリット:オレリー・デュポン
アルマン:エルヴェ・モロー
デュヴァル氏(アルマンの父):ミカエル・ドナール(ゲスト・エトワール)
マノン・レスコー:エヴ・グリンツテイン
デ・グリュー:クリストフ・デュケンヌ
プリュダンス:ヴァランティーヌ・コラサント
ガストン:ヴァンサン・シャイエ
オランプ:レオノール・ボラック
公爵:ローラン・ノヴィ
N伯爵:シモン・ヴァラストロ
ナニーナ(マルグリットの侍女):クリスティーヌ・ペルツェー

演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
指揮:ジェームズ・タグル
ピアノ:エマニュエル・ストロセール、フレデリック・ヴェス=クニテール

◆上演時間◆
第1幕 18:30 - 19:20【休憩 20分】
第2幕 19:40 - 20:20【休憩 20分】
第3幕 20:40 - 21:25
東京文化会館
B席 2F L3列センターより
関連記事

category: ballet

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2311-209d9c1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。