凛・華・麗・美・優 ホーム » オペラ »Metropolitan Opera [I Puritani]

Metropolitan Opera [I Puritani]  

すこぶる好天のオペラ日和(≧∇≦)。今日はドレスサークルサイドにて。
あの、ボローニャ歌劇の来日公演(2011年)のパンフレットで、指揮者のマリオッティが2014年にMETで清教徒振る予定があると読んでから3年。そのマリオッティを感慨深く聴きました。
今回聴いた3本のオペラのうち、オケが一番いい!と思ったのは、この清教徒です。
ルイージのロッシーニよりずっとずっと好みです。

しかし、、、
クヴィエチェンの声以外響いてきません、、消えてます。綺麗ですケド・・・(・∀・i)タラー・・・。
と幕間につぶやいた通り、消えるのですよ。確かに少しオケに近い位置ですが、声も上に上がるので、普通に歌えてれば十分に響くと思うんですが、オケが厚くなると消えました。

今年METデビューの期待のソプラノ、ペレチャッコは、指揮者マリオッテの奥さん。
こういうセット販売みたいなのはどうなのかしら、、と思うのだけどー。
かわいらしいし、声もきれいなんだけど、とにかく一生懸命で余裕がなく、声のカラーに種類がない。
のっぺりと一本調子な歌い方なので、聴いていて飽きてしまう。
聴かせどころの狂乱の場がこんなに退屈で「早く終わらないかなー」と思うとは予想外でした。

クヴィエチェンはその点ではさすがの存在感。全体にキャスト間の一体感みたいなものをあまり感じなかったので
スイマーにも襲われっぱなしでしたけど、彼一人はオケが厚くなろうと重唱でも埋もれることなくきちんと訴えかけるものがありました。

そして、このGW、METではちょっとしたベルカントテノールのお披露目状態になっていましたが、最後に登場したブラウンリー。生で聴くのは2度目ですが、声そのものの好みからいえば、今シーズン大ブレークしたカマレーナや王子フローレスに及ばず、ですが、ハイFをばっちり、しかも割とたやすく出していたのはとても印象的した。
期待の割に少々伸び悩み?な印象もあって、今回も高音部以外はそれほど魅力を感じてないですが、機会があればまた聴いてみたいかな?

今回もまた、強く思うことになったのは、こういう何年も続くような、古く古典的なセットや演出というのは、歌手の力(一人の、という意味ではなく全体の)が弱いと途端につまらなくなる、魅力が失せるのだな~と再認識。
だから、飛んだり跳ねたり裸になったりさせないと、面白く感じないのよ、、って本末転倒だと思うのよね。。ぶつぶつ。






メト清教徒終了。3幕ブラウンリーの見事なハイFバッチリ聞き届けました!ブラボー(^O^)

でも本日はマリオッティの指揮とオケが何より素晴らしかったです。鳴らすとこと引くとこのバランス素晴らしいです。1、2幕はスイマーさんに襲われてしまったんですが、、・・・(・∀・i)タラー・・・

スイマーさん近づいてこないでね(´ῥ`)
ブラウンリーも以前聴いた時と少し声の印象違う気が、、、





■Metropolitan Opera
Bellini - I Puritani

Elvira Walton ..... Olga Peretyatko (Soprano)
Lord Arturo Talbot ..... Lawrence Brownlee (Tenor)
Riccardo Forth ..... Mariusz Kwiecien (Baritone)
Giorgio Walton ..... Michele Pertusi (Baritone)
Enrichetta ..... Elizabeth Bishop (Mezzo-soprano)
Sir Bruno Robertson ..... Eduardo Valdes (Tenor)
Gualtiero Walton ..... David Crawford (Bass Baritone)
New York Metropolitan Opera Orchestra
New York Metropolitan Opera Chorus
Conductor Michele Mariotti.

2014.5.3 13:00
DC sidebox front
関連記事

category: オペラ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2318-e10b3e34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop