凛・華・麗・美・優 ホーム » 舞台 »Broadway [Hedwig and the angry inch]

Broadway [Hedwig and the angry inch]  



今回のハイライトの一つ。
時々、作品とキャストの発表を聞いて、ある意味ショック状態に陥るほど、ピッタリ!と思うことがあります。自分で選ぶことはできなくても、多分潜在意識の中にある作品のイメージと役者に持っているものがハマる時。(その人の大ファンかどうか、とか、本人の人柄は関係なく、あくまで私の勝手なイメージ)
今回がまさにそう。
昨年の6月頃、このニュースを聞いて、ぐっと心臓を掴まれるような気さえしました。そして、春のオープン、詳細決定、で、観られる!となった時には、、手が震えるほど(笑)

私の中で、ヒュージャックマンとニールパトリックハリスは常に一対のイメージかあって、HJが太陽ならNPHは月、光なら影、ゴールドならシルバー、、そんな感じです。
自分から光を発して周りをハッピーにするオーラに対して、自分を照らす光でさえ強い意志と何かミステリアスな力によって起こす影をもって輝きを強烈にコントロールして発する、、そして寂しさを持ち合わせている、みたいな。

作品自体にもレントと同じように独特のファンがいますが、私はそこまでのファンではない。
でも、この組み合わせだから観たかったのです。
(とはいえ、映画を観て、日本で三上版、山本版を観ています、、が詳細記憶喪失 
トニー賞の司会で御馴染みで、アメリカではドラマや映画で大人気。人気作品とあって早くからチケットは完売状態。
先行発売で押さえた甲斐がありました!

どんな話かはこのあたりで。

NPHは大変な人気者でチケットは完売また300ドルとか400ドルの高額チケットしかない状態です。ただし、どんな作品か知らずに来ている人も多いとみえ、大好きな作品♪と盛り上がっている人たちと、こ、こ、こんなんなの???とポカーンとしている人に分かれます。

私は、もう一目も気にせず(というか気にしていたらもったいない!ここはBWだし、何しても許される(笑))、ロックテイストの音楽も懐かしく、ひじょーに盛り上がりました。
ほとんど二ールの独演場なので、その日によりジョークやネタを交えつつ盛り上げます。
ここに大きな英語の壁はあるのだけど、これってニホンゴで聴いてもジョークの元ネタがわからないと置いていかれる可能性もある。
とはいえ、コメディショーではなくって、自分の生い立ちや複雑な思いを語ってる訳で、歌詞や話がちんぷんかんぷんだとただ面白い!だけになってしまう危険もあり、もっともっと言葉がわかればな〜と歯ぎしりです。

舞台では、派手な化粧にウィッグ、衣装に着替えて、激しく歌い踊る様はそういう「影」を隠してしまうのだけど、私には先に書いたニールの印象がそれにピタリと重なるので、わからない部分を想像しながらぐいぐいと引き込まれたわけです。
Bk95EyECcAAI_Ak.jpg

最後のミッドナイトラジオにたどり着いた時には、ボロボロになりながら何かを掴んで素に戻る様に、表に出にくい彼のシルバーな部分、影の部分、強い光の部分がまさに歌詞と音楽とその姿に重なって思わず涙、、、。
Kinky Bootsのオリジナルキャストだったリナホールのイツアークも、ずっと男装だったのが、ここでヘドウィッグの捨てたウィッグをつけ、ドレスに着替え本当に美しい姿になって登場。この陰影には、もう胸がいっぱいに。。

「all the misfits and the losers 」に「You're doin' all right!」と呼びかけ、「so hold on to each other」と励まし、そして「Lift up your hands!」と奮い立たせる

は〜あ、素晴らしかったです

Bl6W3TVCUAAnZTD.jpg




なのに.........・・・(・∀・i)タラー・・・

楽しみにし過ぎる、というのは時々考えられない事故が起こるのです。

この日、マチネでキャバレーをみていて、その後十分に時間があるから一度ホテルに戻る予定にしていたものの、何かがあって戻れないといけないから、、とチケットを持って出ていました。
アランカミングの出待ちをしていたら突然の雨。ぎゃー、と慌ててカフェに駆け込み、ちょっとおなかすいたねーなんていいながらリラックスモード。
「次は20時かだら時間あるね、といいつつ、チケット持ってきたから♪」と自慢げにみせ、、、一旦ホテルへ。
その後、念のため場所の確認ね、、とチケットを見て、トイザラスの通りね!今回は隣通しだね~なんて確認。
さらにのんびり部屋でくつろぎながら、そろそろ準備するかなーとチケットみたら、
19:00 の文字が。。。。

時計は18:56 ・・・(・∀・i)タラー・・・

んぎゃーーああああ。
一瞬何事かわからず大パニック状態。
とにかくチケット、メトロカード、ホテルキー、iphoneだけをバッグに投げ込みダッシュ!!!!

この作品、休憩なしの90分。30分遅れたら1時間しかない。
なってこったーー
BWでは少々開演が遅れることはあるけれど、、、。

ぜーぜー言いながら到着したのが19:20頃。静かな玄関で「遅れちゃったんだね、、おいで」と落ち着いて案内してくれたおじさま。中からはどっかんどっかん笑い声が。。わーん(;_;)/~~~
ミュージカルでよかったよ、、、とりあえず中に入れてもらって、きりのいいところで席に案内するからちょっとそこで見てて、と言われ待機。
もうここで十分です、入れてくれてありがとう!!

1曲終わったところでようやく自分の席に案内してもらいました。(後で聴くと、遅刻した客いじりをしたりするそう。それなら目立って遅刻していじってもらいたかったわ、、二ールに(・_・;))

BmahMW2IIAEcZs1.jpg





8月17日まで。
■Hedwig and the Angry Inch
Belasco Theatre ~New York

Hedwig....Neil Patrick harris
Yitzhak....Lena Hall
2014.5.4 19:00
LEFT MEZZANINE Row A
関連記事

category: 舞台

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2321-d1cd2935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop