凛・華・麗・美・優 ホーム » オペラ »サイトウキネン公演 [ファルスタッフ]

サイトウキネン公演 [ファルスタッフ]  


まつもと市民芸術館。すばらしい概観と、、

美しい内装。。お洒落して歩きたくなるロビーでした。

今回の席は4階1列目。不思議な曲線のある配置なんだけどこの手摺が激しく邪魔。
そしてここはB席で18000円!!来日オペラ並みの高さ、、(ちなみS席は3万以上、ふえ〜)。
そのせいか、日曜日のこの日はそこそこ入っていたそうですが、他の日はガラガラだったとか。
(入っていた、といっても各階のバルコニー席はそもそも売らず、全体的に空席もあり、、7割くらいの入りでした)

で、ファルスタッフ。
ルイージが振るから、というより、出演予定だったステファンコステロ(結局来ず 涙)とジェイミーバートンを聴きたくて行ったようなものです。
コステロの代役だったファナーレが少し声質が合わず、歌い方も少し違い浮いているような印象ですが、その他の歌手のアンサンブルぶりが素晴らしく、オケの勢いやテンポの良さで、ああ、この作品いいな〜ととても楽しみました。
楽しみだったバートンは、あまり聴かせどころがなかったのもの、深くて温かい声。じっくり堪能できる作品でまた観られることを楽しみにします。ちょっと太り過ぎなのでw、健康のためにももう少しなんとかされたほうが、、、。

どの人も本当に美しく響く声で、4階席にいても、ルイージが煽って爆音になっても消えるような人は誰もいませんでした。女性陣は解け合う美しい声、男性陣はファルスタッフとフォードの存在感と温かさがよくて幸せな気持ちになりました。
オケも素晴らしし美しいしさすがのエリートオケ!!、、、だけど、コメディなんでもう少し楽しげでふくよかさがあっても良いかな、と思ったり。

結局ファルスタッフって人生冗談、みたいなテーマであるけれど、親子とか友人とかの信頼関係や愛情の総決算のような作品なんだな、と改めて実感。

最後に、サイトウキネンフェスティバルは今年で終了。来年からはセイジオザワ音楽祭になりますが、、。
小澤さんありきの音楽祭になっちゃいそうですね。
〜〜
サイトウキネン ファルスタッフ終わってあずさなう。ルイージのガッツポーズと舞台上で駆け出すようすに充実ぶりを見ました!最後の爆発ぶりには鳥肌立つほどに(≧∇≦)

オケがあまりに美しく場面ごとに音色が変わるのがさすがのルイージさん、聞き応え十分。満足
歌手もみんな穴がなく美しく歌ってました。弾けるとかキャラ立ちする程ではないけど安心して音楽と一緒に楽しめる感じ。細い声だなあと思う人でも4階席まできちんと届くし。強いて言えばファナーレが浮いてたかな。小芝居し続けてるから見る楽しみはある。女性はメトに匹敵する大きい人ばっかだったw

■サイトウキネンフェスティバル「ファルスタッフ」
まつもと市民芸術館

出演:サー・ジョン・ファルスタッフ:クイン・ケルシー
   フォード:マッシモ・カヴァレッティ
   フェントン:パオロ・ファナーレ
   アリーチェ・フォード:マイテ・アルベローラ
   ナンネッタ:モーリーン・マッケイ
   クイックリー夫人:ジェーン・ヘンシェル
   メグ・ページ:ジェイミー・バートン
   バルドルフォ:キース・ジェイムソン
   ピストーラ:デイヴィッド・ソアー
   ドクター・カイウス:ラウール・ヒメネズ

合唱:SKF松本合唱団
演奏:サイトウ・キネン・オーケストラ
指揮:ファビオ・ルイージ
演出:デイヴィッド・ニース
装置・衣裳:ロバート・ペルジオーラ
照明:リック・フィッシャー

B席 4階1列







関連記事

category: オペラ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2342-4c15a0e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop