凛・華・麗・美・優 ホーム » オペラ »新国立劇場オペラ [ドン・ジョヴァンニ]

新国立劇場オペラ [ドン・ジョヴァンニ]  

このモヤモヤをどこにぶつけたら、、。

弾けてない、、、、…(ㆆ_ㆆ)
緩んだり伸びたりはしてないけど、フラットで各停な感じで、最後まで弾けず、、。致命的に遅いとは感じなかったけど、時々歌手とずれてく、、。指揮のせいか、歌手のせいかわからないけど、このテンポでしか歌えない人がいたのかなー。
カタログの歌やシャンパンソングがあんなに弾けないとは、、予想外。
予想外と言えば、エレートのドンジョ。
そもそもキャラ違いじゃないのか?と思っていたけど、これがまた予想以上にキャラ違い 汗。毒気も色気もまるでない、いい人だよね?!なんでいじめられる?という気分になるから、女性陣がただのヒステリーにしか見えないし、何故地獄に落ちなければいけなかったのかもよくわからなかった、、汗。
声はいいし、立ち居振る舞いがエレガントだったけど、本当にいい人だったので、この役はいけませんでした。きっと、こうもりのアイゼンシュタインは素敵だと思う!

席によって声や音の響きの印象は違うので、3階上手に座っていた友人と終演後話をしたら、総合的な印象はほぼ同じだったけど、声の印象は違いました。
一番違ったのは、ファナーレ。
1階中央あたりで聴くと、甘い声だけど無理な発声だな、とか前に飛ばないでこもるんだな、と聞こえるけど響かない印象でしたが、上にはよく響いていたらしい。○重唱も1階では綺麗に響かなかったけど、良かったらしい。
アンサンブルオペラとして堪能するには3階とか4階のほうが良さそうです。

2012年の新国立のドンジョの想い出し。。


(´-`).。oO(前半、4回、バタン、ゴトン、ゴロゴロ、、みたいな何かの落下物の音が、、後半も2、3回、バタン、パタン、、みたいなw。皆さん手にチカラ入らなくなってたのかしら、、休憩中、音楽始まった途端に寝ちゃったよーと声がちらほら、、(^^;;
(´-`).。oO(最後までちゃんと起きてた自分を褒めたい........(´ῥ`)、スヤスヤとこん睡するほどα波は出ず、つまんなーいーと叫ぶ程でもない、、もやもや。

■新国立劇場 ドン・ジョヴァンニ
2014.10.19(日) 14:00 (1幕95分ー休憩25分ー2幕85分)

指揮:ラルフ・ヴァイケルト
演出:グリシャ・アサガロフ
美術・衣裳:ルイジ・ペーレゴ
照明:マーティン・ゲプハルト
ドン・ジョヴァンニ:アドリアン・エレート
騎士長:妻屋秀和
レポレッロ:マルコ・ヴィンコ
ドンナ・アンナ:カルメラ・レミージョ
ドン・オッターヴィオ:パオロ・ファナーレ
ドンナ・エルヴィーラ:アガ・ミコライ
マゼット:町 英和
ツェルリーナ:鷲尾麻衣

合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

S席1F 16列(当日学割)












関連記事

category: オペラ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2355-9ecd1856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop