Mikhailovsky Theater [Cinderella]

今回唯一のオペラ、シンデレラみました!
が、なんとロッシーニじゃなくて、ボリス・アサフィエフというサンクトペテルブルク出身の作曲家によるロシア語版です。どんなものかと出発前に鬼検索しても音源すらひっかかってこず、話はシンデレラでしょうから何とかなるか、と出かけました。字幕は当然なし。

会場内は、お洒落天国のお子様万歳\(^o^)/。ざっとみたところ半々かそれ以上のお子様率。
で、オペラは1回の休憩を含む3時間。子供にはきついだろう長時間のものを、、、媚びることなくきちんと上演しています。とはいえ、オペラというより音楽劇風で、セリフあり、バレエありのあれこもこれものロシアン芸術めいっぱい詰め込みで、衣装はアンサンブルに一人に至るまで豪華でキラキラ、歌わない人もキラキラ、セットもキンキラ(笑)。美しいものをこれでもか、と観ながら育つと鑑賞眼も磨かれるでしょう。
ちょっと羨ましい。
歌手はもう、あれこれ言うまいw。小さな劇場なのにオケに埋もれてあまり響いてこなかったですが、まあいいです。 音はドライな劇場なのにいい音です♪

しかし.......

世のオペラはテノールが王子と決まっているのに、ここおそロシアのシンデレラは、、、、王子が誰かわからない・・・(・∀・i)タラー・・・。もっさりしすぎて、、、ガラスの靴拾った人だとすると........バリトン??.(; ̄O ̄)。
世のオペラの王様と言えば、バスとかバリトンと決まってますがここではテノール??
ああ、おもロシアww




外に出たら、電飾取付中。
ようやくクリスマス仕様にデコレートです(ちょうどいい!)


■Chinderella -Mikhailovsky theater
Stalls 10列
Cinderella — Svetlana Monchak
Prince — Alexander Shakhov
The King — Alexey Kuligin
Stepmother — Ekaterina Kanevskaya
Anna — Yana Korshikova
Marianna — Victoria Voytenkova

Conductor — Valentin Bogdanov

Libretto: Olga Mukhortova after the screenplay by Evgeny Schwarz
and the fairy-tale by Charles Perrault
Production: Olga Mukhortova
Set designer: Vyacheslav Okunev
関連記事

Comments 0

Leave a reply