凛・華・麗・美・優 ホーム » ballet/marcelo gomes »Mikhailovsky Theatre [Kings of the Dance] - 2014.12.7 19:00

Mikhailovsky Theatre [Kings of the Dance] - 2014.12.7 19:00  

最終日。もう最終公演です。
この日のチケットを買ったところからスタートしたと思うと、始まる前から緊張高まってしまいます。
何と言っても最前列のど真ん中(ピットに3列程の特別席ありますがー)。席に近づく足取りも震えます。
そういえば、昼公演のあとクローク前で着替えていたら、品のいいおばあさまに、なにやらロシア語で捲し立てられました。話しかけられてるようだけどサッパリ??怒られてる風ではないので、なんだろうなあと、何言っているのかなーと聞いていたら、
@*@*@*@*コメス....@@*******パガニーニ@****ごーじゃす@@@@@
ああ、ゴメスさんに魅せられちゃったのね^^。その想いを共有したかったのかーうんうんうん❤

最前列だともう個々のダンサーをじっくりたっぷり堪能することが許される幸せがある。
思った以上に楽しくて好みだったこの公演も最終日かと思うと(涙)。
入り口で「今日ワシーリエフは出演しないよ」みたいなことを言われました(昼間は聞いてないw)。

Act one
★TRISTESSE
Choreography by Marcelo Gomes
Inspired by French poet Paul Éluard
Music by Frederic Chopin (Etudes)
Performed by Marcelo Gomes, Herman Cornejo, Friedemann Vogel, Denis Matvienko
Anbrey Gugnin (piano)

photo:Stas Levshin

photo:Stas Levshin

大筋としては仲間である4人があれこれ経験していくうちに個性がぶつかって、二人ずつ(ゴメス&コルネホ、マトヴィー&フォーゲル)に分かれて仲違い。マトヴィー組がカップルに?それに反応するゴメスを止めるためにみぞおちにパンチを見舞い、コルネホも去ってしまう。最後、1人のなったゴメス(5日はワッシー)が、嘆き哀しんで幕。といった仲間、愛、喧嘩、別離がテーマ(だと思う)

Inspired by French poet Paul Éluard とあるので、エリュアールの"Adieu tristesse  Bonjour tristesse…" かな。
A peine defiguree(壺齋散人訳)

  悲しみよ さようなら
  悲しみよ こんにちは
  お前は天井の線の中に書き込まれている
  お前は愛する人の目の中に書き込まれている
  お前は悲惨さなんかじゃない
  どんな貧しい人でもお前の名を口にするのは
  微笑みながらだ

  悲しみよ こんにちは
  いとしい肉体の愛
  力強い愛
  愛からはやさしさが滲み出す
  形なき亡霊のように

  失望した頭
  悲しみ そして美しい顔

詩集 "La vie immediate 1932" に収録。
A peine defiguree

  Adieu tristesse
  Bonjour tristesse
  Tu es inscrite dans les lignes du plafond
  Tu es inscrite dans les yeux que j'aime
  Tu n'es pas tout a fait la misere
  Car les levres les plus pauvres te denoncent
  Par un sourire
  Bonjour tristesse
  Amour des corps aimables
  Puissance de l'amour
  Dont l'amabilite surgit
  Comme un monstre sans corps
  Tete desappointee
  Tristesse beau visage.

に着想を得ているのでしょうか(この感性だけで沼れる、、)


前2回と違う人が弾いてるような気さえするピアノ(結構肝心なとこで、ありゃ?なこと多数だったので)演奏で、今日はいい!と思いました。が、もう全身目になっていたので、それぞれのダンサーの動きから物語を勝手に想像し、嬉しくなったり哀しくなったり、、ひとり喜怒哀楽祭りを繰り広げ、じわっと涙しておりました。音楽と動きが完全にシンクロ。
24曲のエチュードを聴き、こういう振付をした感性に惚れてしまう。。
いつか、マーラー5番のアダージョットとか、パルシファルのモチーフ組み合わせて、大作バレエ作品を是非振りつけてほしいです、、、。ゴメスさんの感性で(懇願)。

ゴメスは、コルネホと踊るとき、本当にしっかり相手を見て、呼吸を感じながら踊って、ぴったりと動きがあう。同調性がすばらしいのです。フォーゲルとマトヴィーは自在に動き、それがまた美しい。はあ、なんて幸せな時間かしら。


Act two
★TRANSCENDENCE
Choreography by Herman Cornejo
Music by JP Jofre
Performed by Herman Cornejo and JP Jofre (bandoneon)
20141207_4.jpg
photo:Stas Levshin
アコーディオンの音色がアルゼンチン出身のコルネホ君にぴったり。しなやかで弾力のある動きの中に少年と青年の両面がみえるようで目が離せません。今回のキングの中では一番若く、魅せ方、個性などこれから方向性を確立していくのかなーなんてことを考えてしまいました。

少し小柄なのも、、、。

★GATSBY (solo from ballet Great Gatsby)
Choreography by Dwight Rhoden
Music by Konstantin Meladze
Performed by Denis Matvienko
20141207_3.jpg
photo:Stas Levshin
筋肉質だけど細ーいという印象だった前2公演。だけど近くで見るととても繊細で機敏。遠くで観てると普通の王子っぽくみえるのに近くだとセンスが光って天才肌のように見えるんだな。独特の振りと動きで踊ったギャツビーは究極の衣装なので(短パン1枚)余計に削ぎ落とされてそう見えたのかも。それにグレートギャツビーだから。天才的なセンスを魅せるってのは素晴らしくうまく表現してたということになる。ほ〜。
ウクライナ出身マリインスキーダンサーの地元スターのマトヴィーにも大声援が飛んでいました。ご苦労されているようで、だいぶ王子風情から大人になりました^_^;
新年早々ミハイロフスキーバレエのゲストダンサーとして来日予定♪
(音源はテープ)

★MOPEY
Choreography by Marko Goecke
Music by J.S. Bach
Performed by Friedemann Vogel
20141207_2.jpg
photo:Stas Levshin
自由人だw、、交流分析的にいうと(笑)フリーチャイルドが高いということで奔放。彼もまたほそいーーという印象しかなかった前2公演。近くでみるとやっぱり細い(笑)。だけど独特な動きをするので目が話せない、、、のだけど個人的好みとは少し違うので美しいな〜と思いつつ沼らない。
(音源はテープ)

★PAGANINI
Choreography by Marcelo Gomes
Music by Nicolo Paganini (Caprice #24 in A minor)
Performed by Marcelo Gomes and Charles Yang (violin)

photo:Stas Levshin
今日はのっけから拍手喝采。同じ人が来てるのか新たな客かわからないけど、3回目でサンクトのお客様の♡をがっちりつかんだようです。そして動きの一つ一つに笑ったり拍手したりと客席参加型。
こうなるとこの振り付けをゴメスもノリに乗ってバイオリンにストとの掛け合いだけじゃなくて客席の空気も感じながら絶妙の反応を魅せる。もう楽しいし美しいし素敵だし、、感激いっぱい。表現者として見えてるものが本当に素敵❤。
クラシックな美しさもできるし、芝居のような表現もする、指先や首の動き一つで笑いも取れる。目の表情だけでもくるくると変わり目が離せないし吸いこまれてしまうのです。
それでいてすべての動きに優雅さがあるの、、とどこまでも沼ってしまう。。。w



初日の不思議な間を埋めるべくYangさんのバイオリンソロでつなぎます。

★KO’d
Choreography by Marcelo Gomes
Music by Guillaume Cote
Performed by Marcelo Gomes, Friedemann Vogel, Herman Cornejo, Denis Matvienko, Victor Lebedev

20141207_1.jpg
photo:Stas Levshin
楽しい時間はあっという間に終わってしまうのです(涙)。
レヴェデフ王子の昼より幾分リラックスして、端正な舞いです。このふんわり感(引き続きハハ)。
もうダメ。


はあ〜終わっちゃった。。何度もカーテンコールがあり、ピット席になだれ込んで自由自在に盛り上がるお客様の様子に、再度緞帳があがり、KO'dの音楽が!
きゃーー、アンコールだ!(マチネ終わったとからKO'dは、短いしアンコール必要だよねって話してたことが実現)
きゃーきゃー(>>▽<<)、、、。最前列にいたのにさらに前方、ピット席に行きど真ん中のステージ間を陣取り息を止めて鑑賞(感涙)

★encore
KO’d

みんなニコニコしてる。プリンスもほっとして一段とのびのびキラキラ。ちょっと間違えたりするもそれもよし。
楽しそう、美しい。もうど真ん中にいるけど左目はゴメス、右目はプリンス観て焼き付けます。
は〜なんて幸せな時間なのかしら。手拍子したりひゅ〜と叫んでみたり、サンクトのご婦人会のみなさんもノリ乗りです。劇場スタッフもニコニコしながら写真撮っちゃうし(笑)。
私もその場に馴染んで目は本人たちを、お腹の位置あたりであいぽんを^_^;。いつもいつも世界中の見知らぬ親切なみなさんに楽しませていただいているので、ほんの少しのお返しになれば♪

KODを日本で是非!という記事を何度も見かけたことがあるけれど、実際に見た今強くそれに賛同します。
バレエというと女性が華で、男性はどうも添えもの感があるけれど、好みはあれどこれだけのキングやプリンスが集合すれば世の女性ますます元気になりますよ、駆けつけますよ。
劇場で見かけたプロデューサーのアダチさん(Ardani AritstsのArdaniさん。どうも字面がぱっと見Adachiさんにみえるの)にお願いします!と言いたかったですが言えず、、、。お待ちしてますから、よろしくお願いします。

これにてサンクト祭り、終了(*^_^*)。はあ、至福、眼福♡。

■Kings of the Dance
2014.12.7 19:00 Mikhailovsky Theatre 
Stalls / Row 1 /

ARTISTS
Marcelo Gomes (Brazil)
Herman Cornejo (Argentina)
Victor Lebedev (Russia)
Denis Matvienko (Ukraine)
Fridemann Vogel (Germany)

With Guest Artists:
Andrey Gugnin (piano)
Charles Yang (violin)
JP Jofre (bandoneon)

Choreographers: Marcelo Gomes, Marco Goecke, Herman Cornejo, Guillaume Côté, Ivan Vasiliev, Dwight Rhoden

Produced by Sergei Danilian
Executive Producer: Gina Ardani
Ballet Master: Anastasia Yatsenko
Manager: Andrey Goniaev
Lighting Designer: Antonio Marques
Production and Stage Manager: Michael Vool
関連記事

category: ballet/marcelo gomes

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2375-59de15ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop