凛・華・麗・美・優 ホーム » ballet »東京バレエ団 [くるみ割り人形]

東京バレエ団 [くるみ割り人形]  

12月の金曜日、予定が急になくなったため何か見られるものはないか?(と、こういうところか観劇貧乏どうまっしぐら、、(^_^;))と探して見つけたくるみ割り人形。
12月の風物詩だし、王子役のラドメーカーさん!ある公演の記事を読むと必ず登場するので、一度見ていたいと思っていましたので素晴らしきチャンス到来です。
当日券を購入していざ。

冒頭緞帳が下りた状態で始まった音楽とともに、プロジェクションマッピングの演出。
おお~、なんかいい感じだわ~と好感触で始まったけど、このあとはやりすぎ感満載。書き割のセットや古めかしさ残る衣装などは、まあそんなもんかなーと思ったりしたのですが、やっぱりこういう、、キャラクターごとの拍手、登場して拍手、跳んだー(拍手)、回った―(拍手)が、本当に素晴らしかった!!!の拍手でなく、お決まりのパラパラ、、に違和感をぬぐえず、聞きなれた音楽と、良く知ってる話なのに、睡魔が~(;O;)。

(そっか、いわゆる古典の様式美の中の作品って、感情移入してみるものじゃないので、美しく魅せて、ステキ!ストーリーはとってつけたようなもの(素人の目)。でもそれに尽きてしまって飽きるのだな、、とようやく好みに気付く、、(^_^;))

客演のお二人はぴったりの雰囲気。愛らしく可愛らしいけど、太ももが太くてびっくり(大きなお世話、、)
楽しみにしていたラドメーカー王子は、金髪で長身、がっちりした大人の王子。王子の周りだけで金粉が舞うような華やかさがありました。
2幕の衣装は何でもオランダのバレエ団の衣装をもちこんだとか、、。どうりで素敵なわけです。
安心安全な作品(見たままいう感想ですw)

ずいぶん前にマシューボーンのくるみを見ましたが(実演含む)、またあれを見たいなー。

これで今年の全観劇終了。
最後をバレエのくるみ割り人形でしめるなど、今年を象徴してますね♪

B5RZbB-CcAE_qEY.jpg
東京バレエ団ツイッターより


■ワイノーネン版「くるみ割り人形」(全2幕)
東京文化会館
クララ:エフゲーニャ・オブラスツォーワ
くるみ割り王子:マライン・ラドメーカー

【第1幕】
クララの父:永田雄大
クララの母:高木綾
兄フリッツ:乾友子
くるみ割り人形:氷室友
ドロッセルマイヤー:木村和夫
ピエロ:杉山優一
コロンビーヌ:岸本夏未
ムーア人:岡崎隼也
ねずみの王様:森川茉央

【第2幕】
スペイン:川島麻実子-柄本弾
アラビア:渡辺理恵-森川茉央
中国:岸本夏未-氷室友
ロシア:乾友子-原田祥博
フランス:吉川留衣-河谷まりあ‐岸本秀雄
花のワルツ(ソリスト)小川ふみ、伝田陽美、政本絵美、三雲友里加
安田峻介、杉山優一、永田雄大、松野乃知

指揮:ワレリー・オブジャニコフ
演奏:シアターオーケストラトーキョー

プロジェクションマッピング
アート・ディレクター:村井保介
VFXスーパーバイザー:高井了治(studiobokan)
VFXアーティスト:村山智洋(studiobokan)

◆上演時間◆
【第1幕】 19:00 ― 19:55
休憩 20分
【第2幕】 20:15 ― 21:05
A席 1F10列右
関連記事

category: ballet

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2378-bf5eb750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop