凛・華・麗・美・優 ホーム » 音楽 »New York Philharmonic [15832nd Concert]

New York Philharmonic [15832nd Concert]  


ようやくリンカーンセンターにたどり着いた!
久しぶりにリハではなく本公演を聴きました。
日本でのリサイタルで、独特で濃厚な演奏を聞かせてくれたトリフォノフが、2015年はラフマニノフのコンチェルトがテーマだというので、ちょうどそれに先駆けて聴けるチャンスがあるじゃないの!と決定。

いや~、予想以上に濃厚だった。
ただひとこと、「凄かった、凄いものを聴いた」
という感想で終わらせてたいくらいに。

ラフマニノフのコンチェルトは有名だし、馴染みのあるメロディだけど、彼の演奏を聴いていると、楽譜に書かれているすべての音が聞こえてくるので、ピアノはこんなに多くの音を演奏していたのか?!と驚くほど。ごまかさずきちんと鳴らしていて、それが馬力のあるオケに埋もれることなく聞こえてくる。
さらに音の深さが、、。
軽やかに音を鳴らすだけではなく、何か彼の身に起こったのか?大丈夫?と聞きたくなるような、自省、内省の念を感じる内にこもったエネルギーをピアノにぶつけるさまに圧倒されたのです。
決して乱暴にならず、叩きつけるさまにただただ唖然。
非常にゆったり始まり、濃厚過ぎてめまいがするほどに圧倒されたあとはもう転がり落ちるような早さに転換、その大きな流れにもう最後は笑ってしまうほど(最大級にほめてます!!マジで)でした。

当然のことながら、終わった瞬間に、ブラボーの嵐。
隣のおじさまも、最後は「うお、ほっほっ」と声に出すほどでしたが、誰よりも早くスタンディングで大声援。
わかる!まさに同じ気持ちでした。

アンコールは一転して、気持ちを静めるかごとくのドビュッシー。
いや~いいもの聴かせてもらいました。

チャイコン6に関しては割愛W

■New York Philharmonic
Avery Fisher Hall at Lincoln Center
Conductor:Juanjo Mena (NYPL debut)
Piano:Daniil Trifonov

Rimsky-Korsakov Capriccio espagnol Op.34
Rachmaninoff Piano Concerto No.1 in F-sharpminor Op.1
(encore:Debussy The Reflection of the water)
Tchaikovsky SymphonyNo.6 in B minor Op.74

Second Tier Box Rear15F
関連記事

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2384-cdd73866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop