凛・華・麗・美・優 ホーム » 舞台 »Broadway Musical [Fun Home]

Broadway Musical [Fun Home]  


今年のトニー賞作品賞受賞作品(、、、回文のような文章w)。テレビでみて是非みてみたい、と思ったいいタイミングでNY行き予定がありチケ確保。
でもチケットを取ろうとサイトでみたら360度すべてに座席が配置されていて、どこが正面で、どこが見やすいのかさっぱりわかりません。これは直感で選ぶしかないな、、、。と選んだのが恐らく正面(オープニングの状態でバンドが奥にいたので)。
結果的に4方向すべてを正面にして使うので、どこでも同じだったかもしれません(笑)。
この日は次女がアンダー、さらにこの日デビューだったようでカーテンコールでは、キャストたちにねぎらわれて感極まった様子だったのが印象的でした。
オリジナルキャストを見ていないので比較はできないけれど、雰囲気が(髪型含め)似ていないので、同じ人物を演じているようには見えなかったのがやや残念。

さて、このミュージカルの下敷きになっているのは、アリソン・ベクダル著「ファン・ホーム--ある家族の悲喜劇」というグラフィック・ノベルだそうで、要は漫画。漫画を舞台にするって凄いよな~。
さらに著者の自叙伝なのだそう。
舞台は場面に応じて、正面にする場所をかえ、子供時代、学生時代、大人、漫画を描いている今を見せていきます。
原作の漫画をわりと忠実に再現する手法なので、場面を説明するのに「キャプション!」というセリフが入ります。


ファン・ホーム ~ある家族の悲喜劇~

3人のアリソンが登場してくるおかげで、今は子供ね、学生ね、、というのが判別できたけれど、父と母は同じままなので最初は状況を掴むのに必死。セリフを必死に聞きとる、まわりはどかーんと笑う、、に苦笑という状態w。
それでも独特の進行になれてくると場面が次々に変わるテレビドラマとか(海外ドラマにありがちの(笑)が混ざるような、、)それこそ漫画を見ているような気持ちになってくるから不思議。
当たり前と言えばあたりまえだけど、ブロードウェイの舞台に登場する子役の達者なこと、兄弟たちが腰くねくね踊りまくり歌いまくる所は、会場中やんややんやの大喝采。
こういうテーマを重すぎず、軽すぎず、悲壮感なく、子役まで使って作品にすること自体に驚くし、大がかりな作品ではないけれど実のぎゅっと詰まった音楽と言葉とそれを超えるパッションのようなものに圧倒されました。
(まあ、いつもながら言葉遊びもセリフは???だらけですけど、、)

こんなあらすじだけど、、。

ペンシルベニアの葬儀屋(funeral homeを略してFun Home)の長女として生まれたアリソンは幼い頃から自分がレズビアンなのではないかと感じている、そしてまた父親のブルースもゲイなのだが彼はそれを隠して生活を送っている。
共にセクシャルマイノリティで文学を愛する似た者同士の二人なのだがお互いに秘密を抱いているが故に家族なのにギクシャクしてしまう。大学生になりレズビアンであることを自覚したアリソンはカミングアウトをし、父もゲイであることを知る、しかしその事実を知った後に父は自殺する道を選ぶ、その事件をきっかけにアリソンは父を巡る心の旅にでる・・・(実は、母はその秘密を実はずっと前から知っていた、らしい)。

そもそも「Fun Home」ってそういう意味だったのね、、というくらいの無知さでしたが(^_^;)。
家族って一番身近でそれぞれをよくわかっているようで、意外にベールに包まれている部分が多いので、見ながら色々な考えがぐるぐる。
事前に読んだあらすじだと、親子がともにゲイ、みたいな衝撃的なキーワードだけが注目されますが、別にゲイについてあれこれ講釈たれるわけではないし、だからどうという話でもなく、人それぞれの価値観、人との関わりの中で自分の価値観や思想をどう表現して慮ってどう生きていくのかを考えるきっかけになる作品だな~と。どの人の行動もその人基準で正しい。

NBのSwanLakeもCarmanもそう。ゲイだ、バイオレンスだ、王室の苦悩だのってそれがテーマじゃないから、、。
なんてことを考えながら、、。ガツンときました。


■Fun Home
Circle in the Square
2015.6.20 14:00-15:40 (休憩なし)

Alison : Beth Malone
Small Alison : Sydney Lucas
Middle Alison : Lauren Patten(U/S)
Bruce : Michael Cerveris
Helen : Judy Kuhn
Christian : Oscar Williams
John : Zell Steele Morrow
Joan : Roberta Colindrez
Roy/Mark/Pete/Bobby Jeremy : Joel Perez

ORCH G
関連記事

category: 舞台

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2438-93f4d242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop