凛・華・麗・美・優 ホーム » ballet/marcelo gomes »New Adventures [The Car Man] -1-

New Adventures [The Car Man] -1-  



【若いバックパッカーの好青年がたまたまたどり着いた町で、その町独特の空気とコミュニティの中で出会った魅惑的な人妻と気弱な青年に翻弄され破滅へと向かっていくサスペンスドラマ】

とでもいい表しましょうか。
町にたどり着いた瞬間のゴメス@ルカの立ち姿の美しさ、醸し出す雰囲気の洗練されたものが、退廃的で退屈な町の住民たちのそれとは異を放っていたため、何かが起こるんじゃないか、という予感のようなものを感じます。
(目の前に登場した姿に、はっと息をのみ、美しいわ~❤とまず)
見た目はごっつくて男臭い印象をもたれがちですが、他の人との比較で、実はそんなに背が高いわけでも筋肉質なわけでもないのに舞台上では大きいな~と思うし、踊ればひときわ大きさとダイナミックさを感じます。
あとで、あれ??大きくなかったんだ、、と思うギャップ。
そして大きくてダイナミックなのに、重力を感じないので、ふわっと舞いあがるし繊細でエレガント。
そこが素敵(おいっw)

というのは、今回のNew Adventuresとの舞台にあってよいのかどうか、ということはさておき、この日終演直後の私の感想といえば、立ち姿、歩き姿が美しい故にどこか突っ張るような緊張があったのと、一つ一つの踊りやサポートが非常に丁寧、、ともすればぎこちなく感じるほど慎重に見えて、どういう風に理解したらいいのだろう、、としばし考えこんでしまいました。疲れている、というのとは違うし、踊りなれていないとも違って、どの部分も余裕ありすぎくらいに軽やかだし美しい。息が合っていないというのとも違う。

このわけはキャスト違いでみて納得したんですが、、、わーー深い、深すぎる@@。

ゴメスルカは、流れものの粗暴な自由人ではなくて、自分探しをしている最中の青年で、自らの魅力にまだ気づいていないけれど周りから見ると強烈に引き込まれる魅力がある。その魅力に町の闇の魔の中で、ラナとアンジェロと触れ合ったことで闇に巻き込まれ、巻き込み破滅してしまった、、みたいな。

最後は住民に葬り去れて、町は何事もなかったように普通の生活になる、、というサイコ的話でもあった。

ゴメス×アシュリ
この日のラナ、アシュリーは男を誘惑し遊びなれている人妻ではなくて、魅力的でちょっかいをだすけれど最後までは許さないわ、という貴高さみたいなものがあったので、若いルカにしたら大層魅力的かつ瞬間的憧れた年上のお姉さん風。
簡単にはくどき落とせないので、あの手この手を駆使してようやくモノにしたことで転がり落ちる。
素のアシュリーは、どちらかというと高貴さよりかわいらしい感じなので、舞台に登場したときのギャップに驚いた。

魅力的で簡単に落とせそうにない女性をモノにするときは、最初はどことなく遠慮というか緊張感があって欲望のまま突っ走るようなことはしない。その微妙な違いをジジとの踊りをみたあと気付いた。ああ、何となく丁寧に扱うようなサポートにはそういう意味があったのか!!
口説くというより魅力で迫る感じか。アシュリは一目ぼれに近いか。これまではちやほやされてるけどギリギリ落ちることはなかったのに、ルカの魅力に初めて落ちる。汗臭い秘めた匂いよりお互いに瞬間満ち溢れて恍惚とするんだな。
だから、ディノを殺してしまうし、その後の後悔が深い。最後ルカを撃ち殺してしまうのは、アンジェロへの嫉妬なのかな。

そういえばアシュリーのドレス、脇のファスナーが最初から全開(@_@;)。激しく動くので見えちゃったらどうしよう、、、とドキドキ(笑)。衣装替えまでそのままだったので、壊れたのかも。

ゴメス×リアム
一方のアンジェロ@リアムは、カーマンたち、町の人たちから虐げられ怯えている気弱で純粋な青年。
唯一気にかけてくれるリタと心を通わせているけど心底信じ切れていないくて心に闇がある。そんな中で出会ったルカにキスされて、童貞奪われてようやく闇が晴れるような想いを感じて生きる喜びを感じるようになる。
そんな人に罪をなすりつけらて裏切られて愛憎の果てに人生絶望、ルカを殺して自分も死ぬつもりで銃口をむけてしまう。

リアムが最初から傷ついていて何かに救いを求めているので、ルカがまさに救いの神。ルカに向ける目と恍惚と踊る様子がまたラストの悲劇を想像させて涙。。。

バイオレンスだ、セックスだ、ゲイだ、バイだ、、確かにそんな話はあるけれど、それはストーリーの味付けであってもっと深いところにテーマがあって話が進行していくんだな~。でもセリフがないから、それをどう表現し、どう感じるかは演者と客に託されていて、さらにはどう感じてもどう見ても自由。私はこんな風に思ったけど、同じ公演をみても全く違う見方もあるから色々な感想を聞いてみたいと思っちゃう。
それをトリプルキャストの上のマルチバイでやっちゃうんだから、そもそもリピ体質の私は嵌るわけだ(笑)。
マシューって天才だわ。

まあ、ファン的視点でいうと、おとぎの国の王子様ではなくもっと泥臭く、ガシガシ踊ってくれるので嬉しいし、今回はディノを殺した後、ゼーゼーハーハー、と演技により息づかいで声が聞こえてくる。
普段からどんなに激しく踊っても全く息づかいの聞こえない人なので、この声だけで萌えるわけw
そしてまたこれがぎこちないのでw、セクシーというよりかわいい、、って全く。
女性とも男性とも💋しちゃうのもまた見目麗しい。。。笑






Matthes Bourne's [The Car Man]
-Bizet's Carmen Re-Imagined-
Sadlers Wells Theater
2015.7.30 19:30

Dino; Dino; Alan Vincent
Lana; Ashley Shaw
Rita/Verginia; Katy Lowenhoff
Angelo; Liam Mower
Luca; Marcelo Gomes
Rocco; Dominic North
Mercedes; Kaite Webb Cordelia Braithwaite
Bruno; Tim Hodges
Monica; Katrina Lyndon
"HOT" Rod; Danny Reubens
Gina; Kate Lyons
Vito/Erick; Danny Collins
Marco; layton Williams
Chad; Leon Moran
Frankie; Freya Field
Dirk/Chuck/ Jose/Dexter; Tom Clark
Delores/Shirley; Nicole kabera

Stall BB

★おまけ
この日は、街の雰囲気を感じるために、ホテルから劇場まで往復徒歩で行ってしまいました。
ハイヒール履いてきょろきょろとしながら歩いて30分くらいだったかな~。落ち着いた街並みと緑の中をぬけ、街角のパブでは立ち飲みのサラリーマンたち。ああ、ここはロンドンなんだわ~。
寒いくらいの気温だったので快適なお散歩となりました~
関連記事

category: ballet/marcelo gomes

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2441-a1c4c25f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop