凛・華・麗・美・優 ホーム » スポンサー広告 » ballet/marcelo gomes »世界バレエフェスティバル 第5部 - Funny Gala-

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

世界バレエフェスティバル 第5部 - Funny Gala-  

というわけで、第5部。
予算の関係で東フィルさんは4部まで、ここからはテープです、というお話w、さらにバレエフェスは通常3年おきなので、次回は2018年、その次は2021年ですが、東京でオリンピックのある2020年には特別ガラ公演をやりたいと思っているとの発表が\(^o^)/。
東京大変!!

本編同様、戴冠式行進曲にのせてプログラムの発表が、、出演者は表示されません。
カルメンか、瀕死か、4羽かな\(^o^)/

「カルメン」よりエスカミーリョのソロ
ヴィエングセイ・ヴァルデス 

いや、だから今宵のカルメンは全てサドラーズに飛んでしまいますし、ゴメルカ変換されてしまいます 涙。

「瀕死の白鳥」
ダニーラ・コルスンツェフ ワレリー・オブジャニコフ エドウィン・レヴァツォフ

白いチュチュきた、でかい白鳥が下手から、、、お、ゴメスさんか??と思ったけれど、背中が違うw。ってことはダニーラだわね。ロパさま担ぎ隊でいらしてましたが直伝の瀕死。後ろを向いたまま下手から上手、上手から下手、、、その動きだけで面白いわ~。とそこに羽をしょってハープを弾く指揮者、、え、指揮者?w。最後は銃で撃たれて瀕死ww

「お嬢さんとならずもの」
ウラディスラフ・ラントラートフ マリーヤ・アレクサンドロワ 

お嬢さんラントラートフ!最初ワディム??と思ったわ。あまりに堂々とキレキレのポワントワークに、そうだ、チュチュ着る作品があるもんね(明るい小川)、慣れてるのね、ロシアンダンサーは、、と納得。ならず者のマーシャはここでも素晴らしいキャラ作りでなり切って踊りまくる。最後はお嬢さんラントラートルにぐるぐるまわされ担がれ終了 笑。
ボリショイ万歳!

「こうもり~
ウラジーミル・マラーホフ マリア・アイシュヴァルト リュドミラ・コノヴァロワ ディアナ・ヴィシニョーワ

Vladimaus、、、、こういうノリ好き。
マラーホフのベラ、最後は宝塚風羽つけてきたわ〜♪

「4羽の白鳥」×2
エドウィン・レヴァツォフ アレクサンドル・リアブコ マチアス・エイマン オスカー・シャコン
スティーヴン・マックレー フリーデマン・フォーゲル ダニール・シムキン エルヴェ・モロー

最初に上手からでかいレヴァツォフ、小柄で細いオスカー、何、可愛い❤マチアス、そこに下手からピカチュウダニールで4羽その1。ピカチュウには白いチュチュがついてます、いくら日本のアニメ好きだからってwww。ってか、私おそろいのピカチュウもってますよ♪ 続いてニコニコフォーゲル、意外に可愛いスティーブン、テレ笑顔サーシャ、手足長すぎエルヴェの4羽その2が加わり8羽に。どよめき、客席全員野鳥の会状態www。

ポワントできちんと踊っている人、出来ない人など様々でしたが、ちゃんと手をはなさず、時々ごちゃごちゃになりつつ踊る姿に、泣き笑いです。とくにチームパリオペ、マチアスやエルヴェなどはそういうキャラじゃないらしく、衝撃と感動と笑撃が、、、
最後下手に履ける直前、まさかまさかのエルヴェのふんわり、素晴らしく優雅なグランジュテつき。もうみんな大好きだよ~(*^_^*)

友の会のみなさん、瀕死 笑笑。

「眠れる森の美女」より オーロラ姫のお誕生日
マルセロ・ゴメス
ヤーナ・サレンコ シルヴィア・アッツォーニ マリア・アイシュヴァルト ディアナ・ヴィシニョーワ

で、オオトリにゴメスさんです❤
朝から、ガラの日ではなくファニーガラの日♪とノリノリだったゴメスさん。
小柄な小姓サレンコとシルヴィアを伴いピンクのABT仕様特性チュチュに金髪ウィッグ、ティアラつきでオーロラ姫。
双眼鏡でのぞいて、ん??マルちゃんよね?ん??でかっ。上腕二頭筋が逞しすぎるww。
で、この衣装のために、ワキもムネもややお手入れしたんですね、さすがのプロ根性(*^_^*)(をいっ)

でもメイクはばっちり、瞳がキラキラと輝き、口紅の色の美しいこと。衣装の可愛らしさと肩から腕回りの逞しさとのギャップにあっという間に脳殺されました。すっとポワントで立つと、おおおお、どどどど、、、とどよめきが。
もう目の使いから、表情どれも姫になりきって心底嬉しそう。さあ、踊るわよ~とキラリンとしたら、小姓たちに止められてちょっとイライラしたり、ちょっと早くしてよ~なんて足で合図したり、あまりに放置されるので、眠そうにして笛を吹かれて、びくっと起きたり(笑)。そのうち、何か差し出されて食べたり、飲んだり、ポワントで立ちながら楽しそう。そのうち、客席に笑顔で手を振ったかと思ったら、え~~(*^_^*)な感じで小姓つれて客席におりて抱きついたりセルフィーとったり、、(羨ましいーーーー)


もう大騒ぎ\(^o^)/。
小さなな小姓たちとの対比はただいるだけで笑えますが、ポワントで立つときには小姓の頭に手をのせてヨイショっと。踊らせれば、(一幕のオーロラ姫のローズアダージョ後のソロだそうです)をトロカデロ仕込みの見事なポワントワークで舞い、大喝采。



ひとしきり表情豊かに心から楽しそうに舞ったあとはベラの衣装のままのマラーホフが運んできたケーキ(にせもの)をハッピーバースディと歌いながら、ろうそくをふっ、と消します。キャ、キャとしていたら、もうひとつケーキが、。するとヴィシニョーワが姫の後頭部をひょい、と押し、ケーキに顔が。それは本物で顔にクリームが、、ドリフ的コントまで(泣き笑い)。もう本当に、本当にラブリーだわ❤❤。

Tokyo. World Ballet Festival 2015. Funny Gala! happy birthday Aurora! Aurora- Marcelo Gomes.... & Vladimir Malakhov @marcelua

Мария Александроваさん(@aleksandrova_maria_bt)が投稿した動画 -




カーテンコールでは、本番の衣装の人、素敵なドレスに着替えている人、私服の人などがいるなら、ゴメスは姫のまま❤。隣にいたゼレンスキーに促されてポワントのまま挨拶したり、なりきったり。8羽のスワンズはあっという間に着替えてメイクも落としてましたけどね。本番もお遊びも全力投球で楽しんだもん勝ち!
この日の主役はマルちゃんに決定。終わっても自らインスタに動画や写真をあげまくって、、。ええ、ABTは全然映像だしてくれないですからね、自ら発信しちゃいます♪。本当に愛すべきダンサーだわ。もうみんな大好き\(^o^)/



ほんわか、どよめいて第5部までの5時間ガラも無事終了です。14時から気づけば19時、、。楽しかった😍


(Photo from Johan Kobborg Instagram)

(Photo from Silvia Azzoni-Ryabko's Facebook)

今回、ダンサーさんたちが、舞台上、リハーサル、オフなどの写真を頻繁にあげてくれるので、オフィシャルが黙ってても保存版が手に入りました。ありがたや~。
日本でなければ、カーテンコールなどは私たちも写真を撮れたと思いますが、それができなくてもこれだけあれば十分すぎるほどです。前回は行った方の感想をツイッターで読むだけでしたが、今回はインスタグラムの登場で、ダンサーさんたち自らの写真。時代はどんどん流れています。
次回は2018年、その頃はどんな進化を遂げるのでしょうか。ゴメスさんはますます円熟期になるでしょうから、次の機会も楽しみです。
関連記事

category: ballet/marcelo gomes

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2451-3bb1cb2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。