凛・華・麗・美・優 ホーム » London »おのぼりロンドン 飛行機編(HND-FRA-LHR)

おのぼりロンドン 飛行機編(HND-FRA-LHR)  

おのぼりロンドンなのでエアのことも記録しておきましょう(笑)。
ロンドンへの航路なんて直行便も複数あるし今さらなんですが、何せ初めてだったので、色々ありました。
今回乗り継ぎ便を選択しましたが、欧州内乗り継ぎとはいえ、多くの欧州とは扱いがちがういわゆるシェンゲン協定国以外。ロンドン到着時に入国、出発時に出国となります。ま、当たり前といえば当たり前(^_^;)。
今回わざわざ乗り継ぎ便を選んだのは、時間と値段。月末なので仕事を考えると弾丸しかない。でも欧州格安航空券は滞在日数3日のしばりがある。現地では2本観たい、が到着日に1本。そうなると到着日の到着時刻は大事。さらに月曜が月初なので、早朝につけばそのまま仕事にいける!この時点で選択肢は羽田着の早朝便、BA(直行)、AF(パリ経由)、NH(フランクフルト経由)に絞られ、さらに現地着時間の検討でAFが落ち、BAとHN+LHの一騎討ち。普通なら直行便を選ぶところですが、現地と羽田への到着時刻+値段の差でHN(フランクフルト経由LH)に決定です。

色々検索した結果、J○BでLH便名で購入するのが一番安かったのでそれを購入(ANAサイトだと同じ便が8万位高かった(^_^;))したので、直前までLHに乗るとばかり思ってたんですが、よくよくみたら国際線はANA。なら、とANAサイトで予約番号を入れてマイレージ番号と紐づけ。LHサイトからももちろん見ることができます。
フランクフルトからロンドンまではLH便ですが、事前の座席指定は有料なので放置。国際線もANAサイトではできず、リクエストだけいれて放置しました。

出発24時間前になり、ANAから「自動チェックインをしました、搭乗券を、、、」というメールを受取り、おお、代理店で購入してもこういうことができるのね、便利ねーと思ったものの、国際線のみで、乗り継ぎ便は(こちらをクリックして搭乗券をと書いてあるのに)チェックインはできてると書いてあるけど搭乗券は受け取れず。
電話で聞いてみると、空港で受け取るように、とのこと。念のためこの便混んでますか?と聞くと、半分くらい空いてますよ!
これが前日の状況でした。

当日カウンターで乗り継ぎ便の搭乗券を受取り、少しでも前にしてほしいのですけどー、と国際線、乗り継ぎ便ともに座席の相談をしていたら、この便は満席で、、、(え、昨日は半分あいてると、、)、、、、、ありがとうございます(^O^)/
乗り継ぎ便も今空いている一番前に変更してもらい、ではラウンジ使えますから!というご案内。
幸先よい♪♪

深夜便は静かだし過剰サービスないし、、そもそも夜なので機内でぐっすり♪


フランクフルトには予定より45分も早く到着。ロンドンはシェンゲン外なので、欧州といえども入国する必要はなく、単なる通過です。ただし、手荷物検査はあるので、そこで手荷物にしていたキャリーを丁寧に調べてもらいました(^_^;)。まだモニタに乗り継ぎ便のゲート案内はないし、お店もほぼ空いていないので、その辺の椅子に座ってしばしネットタイム。
フランクフルトはフリーWIFIでした。
この乗り継ぎはBからBだったので、広すぎるというフランクフルトも大した広さを感じず、狭い地域をふらふら(笑)。これなら定刻飛行なら30分でも大丈夫そう。
ふらふらしているときに1時間早く飛ぶ便を見つけたので、カウンターで「変更したいんですが」と聞いてみたところ、「あなたのチケットは変更できないわ、マダム、ごめんなさいね」、とあえなく撃沈。


ようやく空が明るくなってきてお店が開店し始めます。
どれどれ、と散歩してみると、あちこちSALEの文字があるのに気付き、ふらふら~(笑)。
ちょうど持っていた持ち込み用(というか街歩き用)バッグがボロボロだったのでドイツブランドのお店で50%引きのさらに売り子さんのさじ加減でさらに安くなり、1つ購入。その場で中身をいれかえて(笑)、ぼろバッグは捨ててもらいました(˶′◡‵˶) 。

ロンドン行きのLHも定刻出発。ほっ。つか、ロンドン行きにのる乗客のみなさんが晩秋の装いなんですが、、、、😨。
1時間半ほどのフライトで、サンドウィッチと飲み物のサービスが、空からウィンブルドン???をみながら快適飛行です。

ヒースロー空港の入国は、とにかく大混雑で厳しいと聞いていたので、どうなることやら、、と覚悟をしながら早歩きで向かいます。(何でも優先ゲートでも1時間以上待つというのだから、、2時間覚悟)。ところが早朝だったせいか、到着便が少ない上に窓口がほぼ全開でサクサク。乗り継ぎ便で入国カードをもらわなかったので、並びながらかいているうちに窓口に。ここでもものすごくしつこく質問されると聞いていたけれど、「目的は?何日滞在するの?」で終了。あれ?20分もかからないくらいで無事入国。ラッキー\(^o^)/


帰りは行きの逆ルート。
ヒースロー発が朝7:30、しかも日曜日なので移動にやや不安を感じ、前日のうちに空港近くのホテルに移動しました(詳細はホテル編にて)

T2には自動チェックイン機がやまほどありガラガラ。手荷物だけの私はそこでチェックインをして搭乗券を印刷。すると、前日ANAからきた搭乗券とは違う座席が(国際線)、あれ???もーよくわからんなー。

少し離陸が遅れたもののフランクフルトにはほぼ予定通り到着。降りたところにタブレット端末をもったスタッフが何人もいて、何かわからないことがあればサポートしますよーゲートの案内しますよーと言ってる。そんな親切なサポートが!!羽田行きはどこ?と聞くと、、、、⚫︎番だよー、と。この時点で空港のモニタにはまだ表示されてませんでした。ありがたい。
手荷物検査ではまたも丁寧にバッグをあけ、ポーチまであけて調べていただきました。それでもANAのカウンターはまだ準備前、しばらくするとANAのスタッフが到着したので、前方席に変更してほしくて、交渉開始。
「こんにちは~」というので、日本語で話し始めたら、「あ、こんにちわ、以外はしゃべれないので英語で、、」ってそうですかw。今もってる席を変更したいのだけど、今日は満席かしら?と聞くと、今調べるわね、、、カタカタカタ。
あ、●●サン、今の席●番はプレミアムエコノミーなんですけど(えっ?(@_@;))、ビジネスクラスに変更になって●番になっているので、チケット出し直しますねー、と目の前でそのチケットをビリビリ、、えっ(@_@;)、そーなの?予定と違う番号はすでにプレエコだったのかー!
ありがとうありがと、、アゲイン\(^o^)/

ドイツなので気持ちビール♪ ラウンジすいてました。


マイレージ紐づけとかいろいろやったのがわかりにくくなった原因の気がしますが(^_^;)。

初めてのロンドンは現地での楽しい出来事も相まって、本当にいい思いばかりとなりました❤

心ばかりお礼として、機内販売でスワロフスキーのネックレスを購入。(10%引きでね♪)

おまけ
今回預け荷物なし、手荷物のみでいきましたが、ANA国際線は10キロまで、LHは8キロまでなので、ギリギリの人は要注意。
フランクフルトの搭乗口で計測している様子はなかったけど、何人かは預けるように言われていたので、軽々ともったほうがいいのかも~(^_^;)
関連記事

category: London

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2452-0acaa636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop