凛・華・麗・美・優 ホーム » London »おのぼりロンドン♪ ホテル編

おのぼりロンドン♪ ホテル編  


ニューヨークのホテルが高い、と嘆いてたのを取り下げくなるくらいロンドンは高い、高すぎる!!
高い、古い、狭い、しょぼい、、、。それに加えてポンド高。初めてならピカデリーライン沿いがいいよ、とか目的地に近いところがいいよ、という先輩方のアドバイスにそって探し始めたものの前述のとおりで全然ピンと来ない。9平米で200ポンドとかってどんなお仕置き部屋😖

旅の妄想はホテル検索から、、というくらい好きな私ですが、初めての場所は土地勘がないので、地区名みても、路線みても概観みてもさっぱり。それでも毎日朝に昼に夜にながめてるとだんだん焦点が絞れてくるような感覚になり、さらにグーグル先生のおかげで、目的地である劇場への経路や時間みてぼんやり感覚がわかるようになって、あちこちの口コミも素晴らしい、、、、、、。
最終的に選んだのは、ここ「Apex Temple Court Hotel」。

そもそも今回の劇場が少し離れてるのでピカデリーラインが必ずしもよいわけではなく、荷物も手荷物のみなので少々の乗り換えは大丈夫。初めてでも都市部の電車なら乗れるかな?
ということで、空港からはピカデリーライン(Hammersmithのりかえ)ディストリクトライン(Blackfriarsか Tmeple)と2本を乗り継いで行きました。ハマースミスはホーム反対側なので他の駅で乗り換えるより楽、最寄り駅はテンプルよりブラックフライアーズの方が大きな駅だし道なりが大通りで平坦なのでよかったです、テンプルは駅が小さい上にホテルまでは緩い上りでした。
どちらの地下鉄駅からも5~10分程度、ホテル前にはバス停がやまほど(劇場、宮殿、広場等どこにでも1本で行ける!)、レンタル自転車のドックもホテル横にありました。
ROHやミュージカルの劇場までも歩いて10分程度の距離でシティなので観光客の雑踏から気持ち離れていて非常に快適空間でした。サドラーズウェールズ劇場までは歩いて30分かからず、バスに乗れば10分ほど(1本でいけました)自転車だと意外に上り坂w。十分な広さと新しく機能的な設備、値段もロンドン基準なら素晴らしく良心的。
いや~我ながらいいホテルが見つかりました(^O^)。


オフィルビルのように大通りにはこんなひっそりと表示があるのみ

不思議なゾウがお出迎え。夜になると門とゾウは怪しい赤い照明に照らされますw

部屋の入り口にはすでにこんな広い空間。扉か見て右横。ここでスーツケース2こ広げて荷物の整理しても余裕あり!!
(初日の夜、興奮してたらバスタブから湯があふれ、この床まで浸水させてしまい大掃除する羽目に😓😓😓。気をつけましょうwww)

上の写真の場所からくるっと反対むくとベッドが。テーブルの並びにクローゼットがあって、中は3つにわかれていて、1つセーフティボックス、冷蔵庫、電気ポット、コーヒー、紅茶のティーバッグ、カップ、コップなどが整然と、2つは下段に引き出し、ハンガーがあります。テーブルには無料の水(ペットボトル、ガス入り、ガス無しが1本ずつ)もありました。

ベッドは狭いシングルですが、クッションというか枕がやまほど(笑)、スリッパ、バスローブまで。ベッド前には大型テレビと独りがけのソファも。なにより窓が大きいので明るいです。この部屋は中庭に面していました。

入り口正面には広いバスルーム。鏡のうしろにドライヤーとかアメニティとかタオルとかとか。深いバスタブには大きな窓があり明るいです。

さらにシャワールームが別にあり、これはもちろんハンディです。水圧はまあまあですね。タオルウォーマーまで。

歯ブラシ以外はすべて揃っていました。アメニティはエレミス!!これいい香りでした~。

あひるが。。
エアコンもついていて、キンキンに冷えてたので、異常気象で暑くなっても大丈夫。もちろん消すことも出来ます。

ロビーには、プリンターつきのパソコンが2台、中庭で飲んだり食べたりもできる、利用してませんが館内にレストランやバー、ジムもありました。スタッフはにこやかで親切。到着直後はイギリス英語のモゴモゴと早口にポカンとしちゃいましたが😓。
部屋の準備ができたらメールするから!といって荷物預かってくれたり、戻ってきたらちゃんと部屋に置いといてくれたり。素晴らしくスタイリッシュというかどことなくイギリスっぽく(謎)スタイリッシュ、でも安心感がありました。時期によりますが、今回1泊3万円ほどだったので2人で泊まれれば万々歳!このホテルで一人3万円でもロンドンなら安いレベルですね~~~、ふう。
関連記事

category: London

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2454-b7516aa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop