凛・華・麗・美・優 ホーム » スポンサー広告 » 音楽 »リッカルド・ムーティ指揮シカゴ交響楽団 来日公演 ①

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

リッカルド・ムーティ指揮シカゴ交響楽団 来日公演 ①  


早朝から大雪予報でどうなるかと思ったけど、割と早くに雨になり、出勤時にはぐちゃぐちゃに、、(涙)。
演奏会に行くには到底不似合いのズタブーツを履いていってしまいました。。
文化会館の5階までのぼるのはちょうど良かったですけどー。

マエストロ、厳しいー、厳格というのがこんなにしっくりするひとはいないんじゃないか、と思うほどだったけど、どこか温かさも感じられる。でもあの調子でやられたら鍛えられるわ...
CSOの演奏は、パート譜が書けるんじゃないかと思うほど全ての音が聴こえてくる感覚で音と同時に音符が記号付きで見えるようだった。時々はっ?とするような不思議な音が鳴ったり軸ズレしそうになるとすかさずマエストロが強烈なリーダーシップで崩壊させなかった。

感情とか勢いで音楽を作るのとは正反対。腰のすわったまさに帝王楽。
運命も巨人も音は大きいけど案外軽くて女性が多いからかな、と思ったり。厳しい、、と思ったけどそれ程ピリピリとは感じなかったのはいい関係だからかな?
思ってた以上に重く感じた2曲。チェロとコントラバス除いて弦楽器14人しか男性いなくて驚いたわわわわ。
ムーティの指揮ぶりとシカゴ響の演奏を聴いていて、オペラだわっ→歌ってるわっ→ムーティ指揮のオペラ聴かねばだわ、と思ったのでした。(爆音だったけど)

■リッカルド・ムーティ指揮シカゴ交響楽団 来日公演
2016年1月18日(月) 東京文化会館
第1部 7:00 p.m. - 7:40 p.m.
ベートーヴェン
交響曲 第5番 ハ短調 Op.67「運命」
<休憩20分>
第2部 8:00 p.m. - 9:05 p.m.
マーラー
交響曲 第1番 ニ長調「巨人」

D席5F−1列 センター
関連記事

category: 音楽

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maanei.blog15.fc2.com/tb.php/2499-1d2d13c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな天気予報

カレンダー(月別)

お知らせ★

最近の記事

CATEGORY

RSSフィード

ブログ内検索

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。